応援ありがとうございました

対戦相手決まる

地域決勝でFC岐阜が対戦する四国地区代表が、釜玉うどん隊に決まったが、補強は無しなのかな。

全国地域リーグ決勝大会1次リーグ FC岐阜の日程

11/24(金) 13:15 Kick Off FC岐阜 vs 静岡FC

11/25(土) 13:15 Kick Off FC岐阜 vs カマタマーレ讃岐

11/26(日) 11:00 Kick Off FC岐阜 vs FC Mi -O びわこ草津


僕は、11月25?26日に嫁さんの両親も家に来て子供の七五三をやることになったので、高知へは行けません。残念だけど色々悩まなくてもよくなったので、ホッとしてる自分がいるのも事実。いかんなあ。
え!?

神岡鉄道

29日は家族で、11月いっぱいで廃止になる神岡鉄道に乗ってきた。
富山へ国道41号で行く時に、横目でちらちら駅や鉄橋などを見てたが乗るのは初めて。
廃止間近の日曜日とあってほぼ満席、立ち客もいた。
いつもは車で走ってる41号を、列車から眺めるのがおもしろかった。

奥飛騨温泉口駅
奥飛騨温泉口駅
以前は機関車の展示してあるところも線路だったらしい。線路を短くして、駅舎や駐車場を作ったのだろうね。

おくひだ2号
おくひだ2号
猪谷駅で。高山線の猪谷発富山行き列車も停まってた。

おくひだ2号車内
囲炉裏席
囲炉裏席がある。トイレも付いている。扇風機が青い。

神岡鉱山駅に留置してある機関車
国鉄DD13形ディーゼル機関車
まだ出動することはあるのかな?

廃線後は、遊歩道にできないのかな、どうなるのだろう。
存続案もあるようだが厳しいだろうね。

入れ替え戦無しが濃厚

『デイリー』
 Jリーグの鬼武健二チェアマンは26日、来季からのJリーグ2部(J2)入りを目指す日本フットボールリーグ(JFL)のロッソ熊本の関係者と面談し、本拠地となる競技場など環境の整備について事情を聴いた上で「おおむね問題ない」との認識を示した。
 JFLで原則として2位以内に入ることも条件の一つで、ロッソ熊本は現在2位と勝ち点差1の4位。シーズン後、12月上旬の臨時理事会で審議して決まる。同チェアマンは「2位なら難しい話にならない。最悪(3位以下)の事態なら話し合って決める」とした。2004年にJFL3位だった草津の加盟を承認した例がある。


これって、ロッソ熊本がよほど悪い成績で終わらない限り、JFLで2位以内に入らなくてもJ2入りOKということだよね。
Jリーグとしても今年13チームのJ2を、偶数の14チームにしたいはず(試合数は増えるなあ)。
ロッソも2位からかなり引き離されて終わるとは思えないから、ロッソのJFL卒業の可能性がかなり高くなったのではないか。

ということはJFL・地域リーグ入れ替え戦が消滅、地域決勝大会で2位以内に入ればJFL自動昇格することが濃厚だろう。
今年はFC岐阜の公式戦を地元で見ることはなくなったかな。
いずれにしてもFC岐阜が地域決勝で2位以内に入らなければいけないことにかわりはない。応援しましょう。

補強は終り?

GK日野優がガンバ大阪より期限付き移籍で加入し、26日の古川合宿からチームに合流している模様。
これでFC岐阜の補強は終了か。

補強選手は、FW2人、MF1人、DF1人、GK1人の5人。
実にバランスがいいね?
早くチームに溶け込んで欲しいね。

古川合宿

せっかく、試合を見に行くよりも近い場所で選手が見られるので、FC岐阜の古川キャンプに行ってきた。

昼休み無しで仕事をして、昼飯かきこみダッシュ。
キャンプ地に着くと日が陰っていてさすがに寒い。そして暗かった。
グランパスやジェフの時と比べると、ギャラリーはかなり少ない。地元の人がちょろっと来たり帰ったり。延べ10人以下か。

1本目

   緑ビブス組             青ビブス組
 
    曽我部                慎太郎
杉山 小峯 橋元 ナオキ    遠藤 伊藤 菊池 卓也
                         昌浩
   北村 大輔          和正       山下
山川       小島            木島
   池元 松江             田澤  長谷川

2本目 
   
   緑ビブス組             ビブス無し組
 
     水谷                  海野
杉山 小峯 橋元 ナオキ    中尾 ナリタ 山田 横山
                    
    北村 大輔             ソンホ 佐藤 
 山川       小島        和正        陽平 
    池元 松江              ゴリ  片桐

3本目 
   
   青ビブス組             ビブス無し組
 
    慎太郎                曽我部
遠藤 伊藤 菊池 卓也     中尾 ナリタ 山田 横山
     昌浩               
和正       山下          ソンホ 佐藤
     木島            小島        陽平 
   田澤  長谷川            ゴリ  片桐

少し暗かったしユニじゃないので、選手を特定するのに苦労した。
どうしてもわからない選手は、ある人に教えてもらったんだけどね。

あいかわらず、小峯が大声を出す。橋元、水谷に厳しい言葉を浴びせる。
パンダで風邪と書かれてた和正も元気に3本ともプレー(コジも元気に3本)。
大輔も含めみんな元気そうでなにより。

きれいな芝の方ではなくて、サブ?(グラやジェフでは別メの選手がやってる)のピッチで試合。
ピッチ


新加入の池元友樹
池元
するどいドリブル突破から力強いシュートを打ってた。

同じく菊池完
キクカン
なんか、安英学っぽく見えた。

同じく長谷川悠
長谷川
ピンボケorz 足元がうまそう。

同じく木島徹也
木島
この顔とは違うように見えるなあ。別人じゃないよねぇ?

監督
監督
指示などは出さず、斜面に座って試合を見る。

みんな元気そう。
みんな


山下光くん
光くん

サッカーに集中できる環境なので、地域決勝に向けてレベルアップできるでしょう。

夜、用事があったので3本目始まってすぐ帰ってきた。

フォーメーションは曖昧だし、写真に間違いがあるかもしれないので、素直に信じないでくださいw


続きを読む

リスクは承知?

V・ファーレン長崎さん大型補強してるねえ。いい結果が出るかどうかは、神のみぞ知るといったところか。

勘ちがいしてるんじゃないのか


なんかK○Mみたいになってきたなw

北斗の拳を最近読み返して面白かったので、北斗ネタばかりです。
ちなみに僕はパチスロとかはやったことありません。

FC岐阜さらに3人補強

池元友樹 FW  NW北九州より期限付き移籍。

菊池完 DF  FC.フエンテ東久留米より新加入。

木島徹也 MF  沖縄かりゆしFCより新加入。

池元友樹は、J4レベルでは27試合出場27得点と決定力がある。
先の全国社会人サッカー選手権では、沖縄かりゆしFC戦でハットトリック。全国地域リーグ決勝大会にも出場するJSC静岡FCからも得点を挙げている。
まさに地域決勝用の補強だな。しかも期待できそう。
活躍してJFLへ昇格できれば、たぶん残ってくれるのでは。

菊池完は東京都3部リーグ全勝優勝したチームから移籍。しかしJ8からとは。なんとなく掘り出し物の予感もする。FWをやってたこともあるみたい。
木島徹也は若いので成長も期待できる。
この2人はレンタルではないので、層を厚くすると同時に来年も見越しての補強か。

とりあえず、ウェルカム腕噛むどこ噛むねん!(って若い人は知らないか)

補強

FC岐阜長谷川悠選手が柏レイソルより期限付き移籍で加入することが決定。

FWとして松江より上と見ての獲得か。
放り込み作戦になったときに、田澤より上と見てなのか。

得点源として即レギュラーという感じではないと思うので、競わせて見極めていくのだろうね。誰が来てもそうだろうけど。(ピチブーみたいなのが来れば別か)

とりあえず、ようこそ岐阜だね。

地域決勝大会日程発表

ガセかも知れん、騙されんぞ。と思ってたのはちょっとの間だった。
V.ファーレン長崎、バンディオンセ神戸の公式に続いて、YSCCの中の人のブログでも組み合わせが発表され全てわかってしまってたが、いよいよ静岡FC、FC岐阜の公式でも発表された。

A組(長崎・島原) バンディオンセ神戸・ノルブリッツ北海道・(中国地区代表)

B組(長崎・島原) V.ファーレン長崎・ルミノッソ狭山・JSC

C組(高知・春野) FC岐阜・(四国地区代表)・FC Mi-Oびわこ草津・静岡FC

D組(埼玉・熊谷) YSCC・TDK・新日鐵大分


FC岐阜の日程

11/24(金) FC岐阜 vs 静岡FC  13:15 Kick Off

11/25(土) FC岐阜 vs 四国地区代表 13:15 Kick Off

11/26(日) FC岐阜 vs FC Mi -O びわこ草津 11:00 Kick Off


東海リーグのメインマッチは、6月24日浅中での静岡FC戦だった。
今年のメインの大会である地域決勝の大事な初戦で、また静岡FCとあたる。
公式で早くも天王山の文字が躍る。確かに1次ラウンドの天王山ではあるだろう。しかし、決勝ラウンドはすべての試合が天王山。静岡FCに勝ったとしても、それで決まるわけではない。
某掲示板などでは静岡FCを恐れる声も聞かれるが、大丈夫。
先の浅中決戦では完勝している。
FC岐阜のほうが強い
一発勝負だからわからないと言われれば、他のチームとだってわからない。
パンダブログによると、静岡関係者が「有名なブラジル人3人補強する」と言ったとか。
そんなの ハッタリだ。
よしんば事実としても、毎年恒例のネタで終わるに違いない。
FC岐阜が勝つさ。

4チームのところに入ったのは、決勝ラウンドに向けて少しは不利なこともあるかも知れないが、やってくれるでしょう。

ハート様


東海リーグで決着がついたと思ってたから、正直ちょっとうぜぇな。

全社3位

全社に、もし3位決定戦なんてものがあったら、それこそ本当に罰ゲーム以外の何ものでもないね。
FC岐阜V・ファーレン長崎PKで敗れたわけだが、PKは決勝進出チームを決めるくじ引きみたいなもの。実質引き分けだ。くじ運は本番(地域決勝大会)にとっておこう。

地域決勝で!

全社準決勝敗退

2006.10.17 西目サッカー場
FC岐阜1?1V・ファーレン長崎(PK4?5)
FC岐阜の得点 北村

準決勝で長崎とお手合わせして帰ってくるという、当初の予定通り(誰の予定だよ)の結果。
kyuリーグのチームと2試合できた。静岡FCとはもうやらなくても手の内わかっている。地域決勝大会は多くて3連戦だから5連戦をやっておくこともないだろう。
全国大会優勝は地域決勝大会にとってある。
なんにしても、最終目標はJFL昇格だ。若手の底上げもできたし、地域決勝大会に向けてのいい「第一次キャンプ」になった。 などと強がっておこう。

怪我の情報がないので、それがなにより。選手の皆さんお疲れ様でした。

しかしまた強風の中の敗戦かよ。
まあ、僕の頭髪も風には弱(ry
続きを読む

全社準決勝進出

2006.10.16 TDKスポーツセンターサッカー場A
FC岐阜3?0ASラランジャ京都
FC岐阜の得点 岩田昌×1 和正×2

戸塚監督いわく「ここまでの中では一番準備ができていた相手」だった、上田慈夢隊を見事完封。準決勝でV・ファーレン長崎 との地域決勝前哨戦が決定。
BLOG5によると相手はアフターや後ろからのファールが多かったらしいが(JIM氏ね!)、怪我などは無かった模様。GK海野、Aチーム初出場(国体予選でいいプレーしてたので使って欲しかった)だったのに退場で残念。

V・ファーレン長崎は主力を呼んだりして、ガチで来てる模様。長崎が優勝狙ってるのなら、相手の強さを体感するのにいいだろうね。FC岐阜は、今日ベストメンバーでやってるが明日はどうするのだろうか?
僕としては、若手主体でやって帰ってきてもいいとも思うが、岩田昌和正のコメント見ると、優勝狙ってるっぽいので主力を中心にメンバー組んでくるかな。

一方のブロックでは、やはりY.S.C.Cが負けて全社枠発生
準決勝でニューウェーブ北九州 と静岡FCの勝った方が地域決勝大会に出場できる。
どっちが勝っても決勝では抜け殻のようになってるのではないか。
FC岐阜が決勝へ行けば、優勝できるかな。
とりあえず怪我など無く帰ってきてほしいね。

全社2回戦も勝利

2006.10.15 TDKスポーツセンターサッカー場B
FC岐阜6?1全神栖サッカークラブ
FC岐阜の得点 佐藤聡×3 松江×1 小島×1 中尾×1

今年リーグ戦で出番の少なかった、あるいは無かった選手中心のメンバーで、関東2部最下位の全神栖サッカークラブを一蹴。佐藤聡FW起用だったらしい。

準々決勝の相手はASラランジャ京都、あの上田滋夢が代表兼監督。秋田にも来てるんだろうねえ。公式 見ると、「イングランド3部、2部、スコットランド1部リーグでプレー」となってるが本当かなあ?ま、どうでもいいんですがw

決勝戦進出2チームが、ともに地域決勝大会出場を既に決めているチームだと、いわゆる全社枠が消滅。地域決勝大会1次リーグ出場チームを1チーム減らすことができる。
FC岐阜のブロックだと、FC岐阜とV・ファーレン長崎で、全社枠狙いのチームをつぶせると思う。しかしもう一方のブロックでは、Y.S.C.C1チームでかなり本気っぽい静岡FCとニューウェーブ北九州を倒すのは厳しい。どこかわからないが、全社枠で出場するチームは出るだろうね。

V・ファーレン長崎にFC町田ゼルビアをつぶしてもらって、FC岐阜は準決勝で長崎とお手合わせして帰ってくるのがいいかな。選手の怪我さえなければ決勝まで勝ち進んでほしいような気もするけどね。

全社1回戦勝利

2006.10.14 TDKスポーツセンターサッカー場B
新日鐵大分サッカー部2?6FC岐阜
FC岐阜の得点 和正×2 松江×1 片桐×1 田澤×2

天皇杯で、J2札幌相手に延長まで粘った新日鐵大分から怒涛の6得点。
地域決勝大会出場チーム同士の対戦にもかかわらず、空気を読まない大量点。
手の内を今さら隠したってしょうがねーぜ!と言わんばかりの攻撃だったんだろうか?
後半はゴリ様曰く「ありえない」内容だった模様だが、それも含めてこんなFC岐阜が大好きです。

日鐵さんは遠征続きでお疲れだったのか。とにかくこれがほんとうの力ではあるまい。本番では違う戦い方をしてくるかもしれないし。
ところで噂の一人サポの方は、野球やバレーの応援団がやってる「しんにってーつ しんにってーつ しんにってーーつ にっぽんすちーるごーごーごー!」という歌は歌うのかな?

今日はにかほ市で全社一回戦

FC岐阜は、地域決勝大会でも不気味な存在になりそうな新日鐵大分と一回戦で対戦する。
ここで、相手の強さを体感できるのはいいことだと思う。
FC岐阜の場合は、地域決勝のライバルチームと全くやらないで本番迎えるよりも、一回戦ってみて相手の強さを体感しておくほうがよいと僕は思う。
前哨戦だから、試合も腹の探りあいになるかもしれないけどね。
ヴェテラン選手が(補強選手がいるならその選手も)出ないようなので、本番とは少し違うチームなわけだから、普段通りに力を隠さないで戦ってもいいと思う。

準決勝でV・ファーレン長崎とやって帰って来るくらいがいいと思うが。怪我でもしたら大変だしねえ。

中途半端旅行記

天皇杯の前橋遠征では、初めて行った場所が何箇所かあった。

まず軽井沢。
嫁さん姉妹が、旦那抜きで妻と子どもたちだけで7日?9日に軽井沢旅行を画策。
僕は行き帰りだけお願いしてご一緒させていただいた。
7日土曜、午前仕事をしてから車で出発。のんびり行って、暗くなってから軽井沢駅前着。嫁さんと子供は、東京から新幹線で来た妹たちと合流。僕は1人徒歩で旧軽井沢へ向かい、ミカドコーヒーのモカソフトを食べただけで帰ってきた。
晩御飯にはお邪魔してみんなで駅前で食べたあと、僕1人新幹線に乗り前橋へ向かった。

群馬県も地に足を着けるのは初めて。
前橋駅前は岐阜駅前に似て、少し寂しい。
駅前にコンビにはあったが、宿まで徒歩15分くらい離れてるので途中にあるだろうと高をくくってたら、無い!繁華街のコンビニにたどり着くまで苦労した。お泊りは2泊8000円のお安い宿。

次の日試合の後、夜寝るまでど??しよう、何しよう。時間がいっぱいある。
とりあえず、ザスパのオフィシャルショップ・ザスパークへ行ってみることにした。
ザスパーク
探しだすのに一苦労、時間を使えたw

その後駅前温泉に入る。いい湯だったねえ。
ゆ?ゆ
この温泉に入った岐阜サポは何人ぐらいいるのだろうね。
その後居酒屋へ行き、ホッピーという飲み物を初めて飲んだ。ん?、体に優しそうな味だったなあ。
そして、初体験のネットカフェで時間をつぶす。光回線のダウンロードの速さに感動(うちはISDN)して、宿へ帰った。
次の日、帰りは信越本線で軽井沢へ向かう。
続きを読む

天皇杯はまた来年

2006.10.08 群馬県営サッカー・ラグビー場
ザスパ草津3?0FC岐阜
僕の見る2度目の敗戦は、またも強風の中。

風邪をひいたまま群馬へ行き、風邪薬よりアルコールを優先させたりしてたのでなかなか治らず、今頃書いております。

会場はちょうどメドウのような感じ。ただ見できるしw
しかし、照明塔が無い。岐阜が草津に勝ってると思ったのは、これだけだったかも。

試合のほうは、もしかすると勝てるかもしれないと思ってたので、残念だった。せめて1点は取って欲しかったなあ。
負けた原因に、J2のスピード、身体能力、経験等の違いを挙げる人もいる。しかし静岡FCやバンディオンセ神戸がJ2に勝ったのを見ると、それは勝敗を決める最も重要な要因ではないと思う。
上のチームのモチベーション、下のチームの戦い方が重要か。

ザスパ草津はリーグ戦は振るわないので、今年は、実績のある天皇杯に賭けてるだろうし、世間ではFC岐阜に負けるかもしれないという空気も流れてたので、本気で勝ちにきてたね。
徳島から秋葉をレンタルしてきたのも天皇杯用、いや対岐阜用に違いないw
かなり岐阜のことを研究してきてたみたいだし。
策士・植木監督が「岐阜は立ち上がり悪いから、前半風上とって最初から一気に行け」とでも指示したのかも。
後半、岐阜が一方的に攻めてたのも、2点差あるし風下だから単に守りに入ってただけではないだろうか。
FC岐阜のほうも、本気で勝つつもりならもっと違う戦い方をしてたと思うが、目標は天皇杯でもJ2に勝つことでもない。したがって、引いて守るとかせずいつもと同じ正攻法でぶつかって行った。そして砕けた。ああ、潔いなあ。

しかし、前半調子が出るまで時間がかかるのだけはなんとかしないといけないねえ。


風さえなければ、絶好のピクニック観戦日和。
バクスタ


GMと取締役が写ってます。
GM・取締役


噂の湯もみ娘。遠くてほとんど見えなかったよう。
湯もみ娘


なんとも牧歌的なゴル裏。のどかなJもあるんだなあ。
ゴール裏


立派なバス。さすがJチーム
ザスパバス


岐阜イレブンも長距離なので大きなバス。
名鉄バス


前半1点取られた後、和正の突破から松江にクロスが入った瞬間、FC岐阜観戦してきたなかで一番興奮した。

Jリーグはいろんな面でやっぱりすばらしい。
早く上がりたいと思った遠征だった。

ザスパーク

20061008170803
いつか草津に追い付いて、岐阜にも立派なオフィシャルショップができるといいね。

敷島サカラグ

20061008121030
登利平・鳥めし
相手サポがこんなにたくさんいるのは初めてだね。Jのアウェーだなあ。

初群馬

20061007234001
前橋のリーズナブル宿で前泊。
年代物っぽい怪しいビデオが並ぶ。別の意味で見てみたい気もするw 扇風機があるということは、エアコン無し?
群馬は電車や車で通過したことはある。しかし群馬の地を歩くのは初めて

温泉は下呂

サッカーはFC岐阜
というわけで、明日は敷島で天皇杯3回戦・J2ザスパ草津戦。
負けてもFC岐阜にとってはいい経験になるだろう。

温泉対決と一部では言われてたが、僕はグレート草津サンダー杉山の国際プロレス対決と、密かに思っていよう。(杉山が出場するかどうかわかりませんが)


天皇杯もガチ

忘れた頃にアウェーレプユニが発売されてるね。1日のメドウでも売ってたらしい。さすがにアウェー用まで買う金銭的余裕は無いっす。


8日の天皇杯・ザスパ草津戦は勝つのは大変だろうけど、ぜひ勝って欲しいね。負けると、10月中旬の全社から11月24日の地域決勝大会初日まで1ヶ月以上空くので、11月4or5日に公式戦(天皇杯4回戦)があるといいよね。

チケットは、ザスパ草津vs2回戦大和会場勝者になってる。nogarinsさんとこ見ますと、買うところによって表記が違うみたい。あらかじめ印刷してあるわけじゃないんだから、vsFC岐阜にして欲しかったなあ。
チケット

口論義の奇跡から1年かぁ

2006.10.01 長良川球技メドウ 
FC岐阜1?1佐川急便中京
FC岐阜の得点 平岡

人生とサッカーに消化試合は無い・・・はず

しかしまあ今まで1敗もできない東海社会人リーグだったから、唯一負けてもいい最終戦、一試合完全燃焼の精神でいってケガでもしたら大変だし、仕方ないすね。僕自身、練習試合を見るような感覚でいたもんなあ。すみません。

立ち上がり、いつもとは動きが違うFC岐阜の選手。小島あたりは軽く流してる感じ。
佐川のプレスが結構厳しく、個人技で観客を沸かせるシーンも少ない。逆にミスが多い。
キーパー田中が佐川のCKをキャッチ、ボールを掴んだままゴールの中に入るという荒業wで、1点ビハインドから追いかけるというシミュレーションを演出。(「パンチングだよなあ」の声が後ろから聞こえた。パンチングよりキャッチを好む曽我部がキーパーでも、やはり同じ結果だったかな)
その後平岡アニキのゴールで追いつき、さらに攻める。凱旋試合に勝たないわけにはいけないという気持ちが伝わってきた。
さすがに後半、佐川に足が攣る選手が続出する。しかし結局決勝点は奪えずドロー。「勝つことの難しさを教えてもらう」結果に。

後半、佐川に決定的チャンスが二回あったが(一回は空振り、もう一回はポスト)、それが決まらずリーグ戦無敗で終わったのは、「」もある証拠。「」も味方にあるというのは心強いね。(地域決勝を勝ち抜くには「」も大事ですからねえ。)
それにしてもカウンターから裏を取られるシーンが、この試合に限らず多いなあ。大事な試合では、アニキが攻め上がるのを控えめにしてカバーしてくれるでしょうし、大丈夫ですよね。

照明塔
照明等に灯が燈る。
ゴール前
ヘディングで競り合う松江。
あいさつ
勝てなくて残念そう。
場内一周
山下光くん、フラッグを持つ。
コミネ
ギャグを交えてゴールを片付けに向かった小峯。

みなさん、お疲れ様でした。

雨のメドウ

20061001143116
1時ピッタリに開場。
来年まで食べられないかもしれないのでゴリサンド2個食べました。
メドウから野球場のスコアボードが見えることを今まで知りませんでした。
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索