応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL楽しみだなあ

オボくんから貰ったビデオに、去年のニュースも入ってた。
この画像をうpするのは特に深い意味はありません。ただ懐かしかったからw
口論義のゴリ

1年ちょっと前だけど、ゴリ様が若い。
随分前のことのように感じられる。
それほどチームも変わったし、サポも増えたもんです。
1年色々ありましたねえ。 僕もひとりごとを公開してしまったもんなあ(ブログを始めたともいうw)

今年は最高の結果が出たけど、来年はどうなるんでしょうね。
僕はのんびりした性格だし、本音を言うと1年で昇格しなくてもいいと思ってる。

JFL1年通過はザスパ草津だけらしい。
草津の場合は話題性があり、全国区のスポンサーが付き、飛び級で地域決勝大会出場、JFLも1年で卒業。早く駆け上がったせいか、色々とひずみが出た時期もあったと思う。

FC岐阜も、まだ運営のメンバーが足りないなど不足してるものが多いのなら、あわてず徐々に力を付けていってもいいと思う。
ゴリ様はじめみんな「1年でJ2」と言ってるが、「その気持ちで」という意味だよね?

「チームの存続が…」と脅す人もいるけど、大丈夫じゃないかなあ。
県も支持を表明してくれたし、なによりゴリ様がいるからね。
ヴァンフォーレ甲府なども存続の危機を乗り越えて、今J1にいるし。

ヌルいと言われそうだが、そういう脳天気な性格だから許してねw
この2年で下部リーグの面白さを覚えたし、FC岐阜が存在がしてればそれだけでも嬉しい。

今年は、FC岐阜があったおかげで、ほんと楽しんだり助けてもらったり。ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

画像。雑感。

今季ラストゲームを写真でまた思い出すかな。

募金を呼びかける若手。
募金

山下光くん、いつの間にか短髪に。

後援会入会受付。
後援会へ

松江店長と岩田卓。

岐阜サポ。
岐阜サポ


ホンダロックサポ
ロックサポ


片桐2点目。
片桐北村


伊藤さん、PK決めた。
伊藤さん


池元→ゴリ様
ゴリ池元


菊池→伊藤
伊藤菊池


山田→小島
コジ山田

交代時はみんな笑顔。ラストゲーム、楽しんでたね。

試合終了後は、今年1番の喜び方だった。そりゃそうか。
終了後


ゴリ様、嬉しそうだったなあ。
抱擁


監督挨拶。
監督挨拶


ゴリ様挨拶。涙を誘う。
ゴリ挨拶


キャプテン挨拶。笑いを誘う。
キャプテン挨拶


よかったね。来年は全国リーグだよ。
昇格



あとはちょっと思ったことなど。

しかし、審判に文句言いすぎだよね。
変な判定や、相手のファールが多いのにイラつくのはわかるけど。
審判に文句言っても、いいことはあまりないと思うが。
このへんは、子供たちの見本にはなってないよね。

あと、貰うのわかっててイエロー貰うのもねえ。
○この程度なら、イエローで済む。
○イエロー1枚ならよい。
○貰っても次へは累積しない。
というのを計算してファールしてると思うが、片桐のアフター足引っ掛けなんて、明らかに相手のそれまでのラフプレーの報復に見えたが、子供にもそういうのわかるんじゃないかな。
そういうことしてると、小峯のように2枚目を貰ってしまって、来シーズンに響く、なんて結果も招くし。

でもまあ、終了間際に失点したり、小峯が退場したが、全然後味は悪くなかったな。
色々あった1年が終わって、昇格が決まる。嬉しいのと安堵感とで、そんなことどうでもよかったもんな。

ところでJFLは、J2へ昇格するチームがあったり、合併や解散をするチームがあったりで、ほっといても出入りの激しいリーグだ。
しかし、そういうことがひとつも無くて、さらに入れ替え戦で地域リーグのチームが負けたら、18チーム全く同じで次の年も戦うという可能性もあるわけで。
だから、J1⇔J2のように、2チーム自動昇降格。地域決勝3位とJFL16位が入れ替え戦。ということにできないかなあ。
JFLに上がるのに、ものすごくに左右されるよねえ。ロッソなどは、地域決勝3位で入れ替え戦無しで昇格だったからね。
まあ、おかげで地元で昇格できたし、長くドキドキわくわくさせてもらったんだけど。
何事も、苦労して手に入れたほうがありがたみがわかるってもんだね。うん。

今日はスポーツ10大ニュース

12.27岐阜新聞


なんでやねん!
前のエントリーで、まわりくどくw、岐阜新聞に感謝の意を表したのに、

一夜明けたら、こーゆーオチなのかよ!

レギュラーシーズンで1位だったのに、プレーオフで負けた、みたいな気分。

いや、ちょっと待てよ。違うぞ。それは違う。

確かに世間一般では、スポーツにおいては、

甲子園大会>>>Jリーグ未満のサッカー

これはまあ、認める。(いやたぶんJリーグより上だ)

しかし、前日の10大ニュースはスポーツだけでなく、政治、経済、事件など全てを含めたもの。
つまり、社会的に見ると、

FC岐阜>>>甲子園4強

ということか。
国民的行事とも言われ、時に社会現象まで巻き起こす「甲子園大会」。日本のスポーツ文化としてのその地位は揺ぎ無い。
しかし、岐阜県内ではFC岐阜のほうが、県民のスポーツ文化として社会的に認められている存在。ということなのか!

実際には、まだまだそんなことは無いだろう。
将来、FC岐阜が県スポーツ界だけでなく、岐阜県全体の象徴となるようにという期待も込められていると思う。

いずれ本当に、岐阜といえばFC岐阜。という時が来ることを期待して応援していきましょう。

県内10大ニュース

12月26日 岐阜新聞
岐阜新聞


岐阜新聞社が選んだ、2006年県内10大ニュースが載ってた。
スポーツ関係では、FC岐阜が7位、岐阜城北が8位に選ばれてる。


ところで、日本国内で行われるスポーツイベントの中では、高校野球の甲子園大会が、老若男女を問わず最も注目を集める大会だと思う。(オリンピックが日本で開催されれば別だが)
しばしば"国民的ヒーロー"も出現する。
日本はまだまだ野球の国である。サッカーW杯に出場した選手も、現地でハンドベースに興じたりするしw

例えば、長野県におけるスポーツ界のヒーロー度は、
上田佳範(甲子園で大活躍・現中日)>>>越えられない壁>>>田中隼磨(Fマリノス)
ということらしい。


なので、もし県民にアンケートでも取れば、「岐阜城北の甲子園ベスト4」は「FC岐阜JFL昇格」よりも票を集めるだろう。

しかし、岐阜新聞は「FC岐阜JFL昇格」を上に持ってきた。

ここは、

岐阜城北の場合は、夏よりは若干盛り上がりに欠ける春の選抜大会だったし(さらに今年の夏の大会はハンカチ王子で沸き返り、選抜が霞んだ)、なにより同業他社の主催だし。FC岐阜はつい最近の事なので印象に残りやすい。

などという分析はしてみなくていい。

岐阜新聞は、FC岐阜の記事を多く載せていた。
殊に、地域決勝大会に入ってからは、かなりの紙面を割いている。
とうとうJFL昇格の次の日は、1面トップに持ってきた。さらにスポーツ面で見開き2ページ、社会面にも記事を載せた。

つまり、「FC岐阜JFL昇格」を上にしたのは、
「これからもFC岐阜をスポンサーとして強力に支援していくし、紙面で取り上げて、県民にどんどんプッシュしていくよ」
という意思表示に他ならない。
と、好意的にとらえよう。

といいますか、ぜひ来年もよろしくお願いします。岐阜新聞様<(_ _)>

入れ替え戦 第2戦

JFL入れ替え戦 第2戦
2006.12.23 長良川球技メドウ 入場者数3040人

FC岐阜4?1Honda Lock SC

FC岐阜の得点 片桐×2 小島×1 伊藤×1(PK)

12.23先発


1年間、選手、スタッフの皆さんのやってきた事が報われて、晴れてJFL昇格
おめでとう。

FC岐阜に直接的、間接的にかかわった皆さん、ありがとう。
それから、立派な競技場、球技場、お世話になりました。ほんとにすべてに感謝。またよろしく。

12月3日に昇格決定せず、出費がかさんだクラブ、オフが3週間短くなった選手達。大変だったと思う。
しかし、レンタル移籍組など、来年はFC岐阜にいないかもしれない選手らは、3週間余分に皆と一緒に戦えて嬉しかったかもしれない。少なくともファンはそうだった。2試合余分にドドキわくわくさせてもらった。
しかも、地元、満員のメドウで、昇格決定の瞬間を見ることができた。

去年の口論義の最終戦の試合前までは、「また来年も東海2部か?」と思ってた。
そしたら、あの奇跡
ゴリ様はTV等で、「JFLへは2?3年で上がると言ってたら、もっとかかるかもしれないので、1年で昇格目指す」と言ってた。
それでも本当に、一気に選手を入れ替えて1年で昇格目指すとは思わなかった。
寂しさを覚えつつも、新しい選手に色めき立ちもした。

順調に白星を重ねた東海リーグ1部。
久しぶりの高校サッカー部以外の天皇杯県代表。
Jのクラブとの対戦まで見させてもらった。
どんどん強くなっていくのがわかった。
補強してさらに強くなったが、地域決勝大会・決勝ラウンド初戦を落としてしまう。ショックだった。
しかし、その後2連勝で入れ替え戦へまわり、見事に勝利する。

とにかく、FC岐阜を見るようになってから、ドラマチックなことばかり。
とくにこの1ヶ月の濃密度、劇的な展開は、ファン冥利に尽きるものだった。
本当にありがとう。来年からもできる限り応援していきたい。

西濃運輸以来、県勢としては9年ぶりの全国リーグ・JFLだが、西濃運輸がいたのは実質J2である。当時とはクラブ数など状況は違うが、僕的には、J2に昇格して初めて、追いついたと思うことにしよう。

来年以降も戦いは続いて行く。

これからも、FC岐阜劇場を見たい。まだまだ見たい。

祝・昇格!

20061223152053
おめでとう!ありがとう!
ゴリ様、感極まる…よかった。本当によかった。

明日はメドウで入れ替え第2戦

12月23日、FC岐阜はホーム・長良川球技メドウで、ホンダロックとのJFL入れ替え戦の第2戦に臨む。

まさか、地元・岐阜で、FC岐阜JFL昇格の瞬間を迎えるチャンスがもらえるとは。

大分で決まらなかった時は、とても悔しかった。
しかし今は皆、このチャンスを大いに喜んでると思う。
TV中継もあるし、地元にFC岐阜の存在をアピールするには最高だね。

初戦4点差で勝ってるけど、もちろん油断はできない。
相手は、全国リーグで2年間戦ってきてる。

しかしFC岐阜も、地域リーグ所属だが、激しい戦いをこなしてきてる。
選手も全国リーグ経験者ばかりだ。

静岡FCとの3度にわたる激闘。
ザスパ草津に叩きのめされ、
TDKには苦杯を飲まされた。
そして、ファジアーノ岡山V・ファーレン長崎とも死闘を演じて、入れ替え戦切符を手に入れた。

そういった、強敵(とも)とも言えるライバルとの(また北斗かよw)戦いで、確実に力を伸ばしてきた。

明日は、最高の結果がもたらされるはずだ。
本当に今年の集大成。
昇格祈って、応援しよう!


某道の駅で、緑のさるぼぼを見つけた。普通に売ってあるんだね。
さるぼぼ

お一人様は気楽だけど寂しい2

復路編です。

入れ替え戦では、声出しサポの方にビッグカツなどを頂きました。ありがとうございます。
観戦後、FC岐阜の大勝利の余韻に浸りつつ、のんびり40分かけて都農駅へ。
鈍行で日向市駅へ向かいます(22分)。JR九州の電車は、鈍行列車も変わった造りをしてますね。

日向市駅からはにちりんで。大分でソニックに乗り換え、小倉に向かいます。
以前は、特急にちりんの多くは、博多から南宮崎宮崎空港まで運行していましたが、ソニックの増発によりほとんどが別府?南宮崎・宮崎空港間の運行になりました。そのため、にちりんとソニックを乗り継いでも、特急料金は通算されます。両方指定席に乗りましたが、料金は1列車分でした。

しかし、この都農?小倉間がとても長いんです。前の日から座ってる時間が長かったし、もう座ってるだけで苦痛です。(さすがに1時間半ほど眠れましたが)
弾丸バスツアーの方々は、スーパーマンですかw
僕なら、途中で発狂してたでしょうw

白いかもめ仕様の車両がソニック運用でした。
白いかもめ

本革張りのハイバックシート

別府駅から、この斜め前の席に乗った男性客のノートパソコンの壁紙が、ニューウェーブ北九州時代の池元でした。入れ替え戦見てきたのでしょうねえ。

行きも帰りも真っ暗でしたから、景色を見れなくて残念でした。

21:11小倉着。
途中下車させてもらい、汗を流して疲れを癒し、晩御飯を食べるために
駅前のサウナプラザへ行きました。
サウナプラザ


着くと、警察官が数人、店に入っていくではありませんか。「事件でもあったのか?」と思い、入るのどうしようかと一瞬迷いましたが、2人組みのおじさんたちが何事もないように入って行くし、僕も入ります。
どうやら、けんかがあったようで、双方から事情を聞いてます。
博多弁(小倉弁?)でまくしたててました。
帰り際に、僕も他のお客とぶつかったのですが、そーゆーのを見た後だし、二人して「すいません!すいません!」とコメツキバッタのように謝る様子は自分でも可笑しかったですね。

通算30時間ほど履いてた靴下(くっさーw)を脱ぎ、お風呂にゆっくつかるとさすがに気持ちよかったです。(サウナにも5分くらい入りました)
その後、もつ鍋やとんこつラーメンを食べ、一人祝杯を上げ、サウナを出て駅に向かいます。

小倉からは、寝台特急あかつき号京都まで行きます。
赤いED76機関車

B寝台


B寝台ソロは、立つスペースのあるカプセルホテルという感じでした。
個室

狭いながらもプライベート空間。車両も新しいのか、揺れも騒音も少なく、久しぶりに背中を伸ばしてよく眠れましたね。

あかつき号には二人で利用できる個室もあります。その他に、レガートシートという3列の独立した指定席車もあります。寝台料金がいりません。
レガートシート車両


京都駅で。小倉に入線した時の機関車とは交換されてます。
EF66機関車


あかつき号(京都ー長崎)も、はやぶさ・富士号と同じく、寝台特急なは号(京都ー熊本)と京都ー鳥栖間を併結されて運転します。
なは号


なは号には二人用B寝台個室デュエットが連結されてます。
あかつき号の二人用個室が、2段ベッド式なのに対して、デュエットはホテルのツインのようにベッドが横に並んでるようです。
デュエット


実は去年まで、寝台特急 彗星が京都?南宮崎間を走ってました。当時の時刻表を見ると、下りが9:42日向市。上りが18:31日向市発なので、今回の遠征にぴったりの寝台列車だったようです。小倉ー京都間と比べても、特急+寝台料金が320円しか違いませんし。のんびりした旅が楽しめたでしょうに残念。(試合後、ここで風呂入ってから乗れますよねえ)
まあ、いろんな電車に乗れたからよかったんですけどね。

京都からは新幹線こだま、米原からワイドビューひだ号に久々に乗って帰りました。(京都から直接ワイドビューに乗るより、米原まで新幹線使ったほうが特急料金が安いんですよ!)
前にも書きましたが、僕の裏金(へそくりって最近あまり聞かないような)は、ほとんど無くなりましたorz
来年は遠いとこへは遠征できないかなあ。


とにかくあれですよ。寂しい一人旅でもサッカー遠征旅行は楽しいということです。迷ってる人はぜひ行ってください。来年はいろんな所へ行けますから。(昇格決まればね!)

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。ごめんなさい。まとめ方がわからず長文になってしまいます。

お一人様は気楽だけど寂しい

さてと、宮崎一人旅の写真など。まず往路編。

バスツアーは、僕の体力では無理だと思い、鉄道で行きました。
名古屋回りだと少し高くなるので、16日夕方、家を出て岐阜まで鈍行、乗り換えて米原までまた鈍行。そこから新幹線・こだまで新大阪まで。

少し早めに出てるので、新大阪で晩御飯を食べます。
改札を出て食べようと思い、駅員さんに聞いたら「特急券が無効になります」と言われ断念。
しかし、さすが新幹線の乗換駅、改札内にも飲食店が並んでました。
やよい亭で焼きさば定食を頂きました。もずくとタコオクラ(ともに100円)も付けます。ご飯おかわり自由らしいのですが、おかわりしたのは生ビールでしたw
ファミレス並みの値段でしたが、さばは全然本格的。さば好き的にはgoodです。
焼きさば定食


新大阪からは、山陽新幹線でしか走ってないひかりレールスター(8両編成)で小倉まで。
レールスター


小倉からは、夜行列車・ドリームにちりんに乗り換えるわけですが、新幹線内の暇つぶし用に、西村京太郎の"特急「にちりん」の殺意"を新大阪で購入。
短編で読みやすかったのだけど、本を読んでるというより2時間ドラマを見てるような感覚でしたね。どうしても渡瀬恒彦と伊東四郎が浮かんできますよw

小倉23:52発のドリームにちりんは、各車両、客室が2分割されていて女性専用席もあるようです。
ドリームにちりん

にちりん


しかし、寝られませんでした
鈍行列車では簡単に寝てしまうのに、本格的に寝ようと思うと寝れない。僕には、ムーンライトながらとか夜行バスはやっぱり無理かな。
お客が少なくなって、前の座席を回転させ4席占領して横になっても少ししか寝れませんでしたね。
写真は2時間ほど停車してる大分駅で撮りました。

この列車は数少ない都農駅停車の特急なんですが、6:04到着では早すぎます。都農は何も無さそうでしたし、手前の日向市駅で降りて、朝御飯を食べたりして時間をつぶそうかと。
すると偶然にも、12月17日は新日向市駅開業の日。
5:49着、5:50発の、僕が降りたドリームにちりん号が一番列車でした。
日向出身、ヤクルトの青木選手の垂れ幕があったり、日本代表ユニやタイトルの盾などの展示を準備してましたが、一日駅長やったんですね。
駅前JA


記念に紅白餅とバッジを貰いました。これだけのことですが、FC岐阜が今日勝てるという気分になってきましたよ。
新日向市駅誕生記念


左が旧駅。右が新駅。
新旧駅舎


ホーム
ホーム


駅近くのジョイフルで、朝一番定食(ドリンクバー付き)を食べましたが、499円で1時間半粘りましたw

その後、日向市駅で帰りの特急券を購入。都農駅へ向かいます。
都農駅

駅前にはタクシーがいましたが、お金をセコるのと日ごろの運動不足を多少なりとも解消する目的で、試合会場まで歩きました。
少し遠回りして、セブンイレブンで昼御飯を買ったので、正確にはわかりませんが35分くらいですね。会場まで。

JFL入れ替え第1戦を制す!

2006.12.17 藤見総合運動公園陸上競技場

Honda Lock SC0?4FC岐阜
得点 中尾 片桐 北村 森山

入れ替え戦、アウェーでの第1戦を4点差で完封勝ち。
ホーム・長良川球技メドウでの第2戦へ向けて大きなアドバンテージを得た。遠く宮崎まで乗り込んだ甲斐があったね。

試合は、
岐阜はアウェーだし、ボランチを吉田山田で守備重視で入った模様。
ホンダロックはプレスをかけてくるが、TDKの鬼プレスを見てるのでそれほどには感じなかった。しかし片桐がボールを持つと、2人、3人、4人と囲んでくる。荒っぽいプレーも見られる。
攻撃では、4?4?2の前4人中心で、左サイドからなかなか鋭い攻めを見せる。しかし、後ろ6人は無理して飛び出してこない。
岐阜のボランチも守備的だが、サイドバックが上がる分、やや岐阜が押し気味か。
このまま、ずるずると相手のペースで進んでしまうかとも思った。

膠着状態の中、前半36分、中尾が倒れこんで腹の下でボールをキープ、そのボールを蹴りに行ったんだろうが、ロック19番・下木屋は中尾の三角筋あたりを蹴ってしまい、一発レッドで退場。
ロックは同41分、FWを1枚削り、下木屋のところに22番・井戸川を入れた。

ロックはこれで、守ってカウンターという意識を徹底できるようになって、逆に岐阜は点を取るのに苦労するのではないか、と思った。
しかし、ロックにとって退場よりも誤算だったのは、後半3分のセットプレーからの失点だったのではないだろうか。
これは、小島CKから、ペナルティエリアの外にいたナオキにグラウンダーを送ると、ナオキがシュート、これを中尾がコースを変え、ロックのゴールをこじ開けたもの。

この時点でも、ロックは失点を最小に押さえ、あわよくば追いついて第2戦に賭ける、という作戦もあるのかなと思った。
しかしやはりホームの第1戦が大事、と思ってか攻撃的に来る。
MF・落合をFWに上げ、さらに井戸川も高めの位置を取ることが多くなる。
そうすると、どうしても中盤が1?2枚足らなくなってきて、キャプテン6番・ダイナモ南光太が奮闘するも苦しい展開に。
そして後半18分、上がり気味のラインの裏に縦パスが通り、片桐が抜け出して2点目を決めた。
この決定的な2点目でロックも集中力がキレてしまったかもしれない。

同16分に小島と交代で隆二が入り、21分には山田に代わって伊藤さんがボランチに入る(伊藤さんのJデビューはボランチなんだそうな。ボランチやってると浅野哲也に見えるのは僕だけ?)
同29分、ゴールライン際まで切れ込んだ、この日が誕生日(オメ!)・和正がマイナスのクロス。池元は合わせられなかったが、スルーした形となり、そこへ走りこんだ隆二が3点目を決めた。(去年から見てるけど隆二のゴール見れたの初めてかも。うれしかった)

同30分には池元に代わり、逃げ切る術も知りつくしたベテラン・ゴリ様(お子様誕生おめでとうございます!)がピッチへ。
しかし、攻撃の手を緩めないFC岐阜は、宮崎までやってきたサポに岐阜の伝説・ゴリゴールまで見せてくれた。

こうして、アウェーで予想してなかった大勝を収め、JFL昇格に大きく前進
まだ決まった訳じゃないから、みんな気を引き締めてると思う。
今年の最終戦、今年の総決算、ホームでの第2戦は、「勝利を分かち合いたい」(by片桐)、「みんなで喜びを分かち合えるいい内容のゲームにしたい」(byゴリ様)、その気持ち通りの試合になることを願ってます。

岐阜イレブン
スタメン


さすがJの付く試合。
メンバー

しかし小峯の漢字が違い、途中で訂正されたw

キャプテン北村隆二。この日1得点。
キャプテン

相手守備網を切り裂く好パスを連発。ほんとに精度が高いっす。

ゴリゴール後のハイタッチ。
ゴリタッチ

また見たいなあ。

勝利後。
勝った


試合後の片桐。
カタギリ

晴れやかな表情でインタビューを受ける。

会場。
都農藤見


はためく岐阜旗。
旗

向こうに海が見えますよ。

ホンダロックのマスコット。
ロックマスコット

サッカーチームのマスコットって鳥の率高くない?

来年はずっと見ていたい横断幕。
jfl

小倉で小休止

20061217235713
もつ鍋でスタミナ補給。
今日の試合までの不安な気持ちが、「JFL」が現実味を帯びてきて、ぱあーと明るくなってきました。
もちろん、まだまだなんだけどね。
23日に大喜びできますように!

日向市で途中下車

朝一・鮭定食

ジョイフル日向都町店で朝ご飯。
本日、新日向市駅誕生で、一番列車乗降記念の紅白餅などを貰いました。幸先いいぞ。

明日は都農で入れ替え第1戦

FC岐阜は宮崎県都農町・藤見総合運動公園陸上競技場でHonda Lock SCと、JFL・地域リーグ入れ替え戦の第1戦に臨む。

相手方も、岐阜サポを暖かいものを用意しての歓迎。え?そういう訳じゃないのかな?
いずれにしても、かなりの動員をかけてくる模様。
ウフフフフ。これでなくてはアウェーを体感できぬ。

この2戦で、内容はともかく昇格という結果が出ることを願ってる。
信じて応援ですね!

僕っすか?

行きます。ここまで来たら行くしかない。
最近、ちょっと乗り鉄入ってるので電車で行こうかと。
僕の裏金もこれでいよいよ底をつきますた。

駅から27分? 歩くかなw

長文乙!

僕が、決勝ラウンド初日に大分の会場に着いた時、会場の外で高木和正池元友樹が座って話してた(U-20とかでいっしょだったことあるのかな)。
10mくらい離れたとこを通ったので会釈をしたのだけど(小心者なので「頼むぞ」「応援してるよ」等の声はかけれませんw)、池元君は「こんにちは!」と、ちゃんと僕の顔を見て挨拶してくれた。ひょっとして誰かと間違えた?
和正も会釈してくれたが、それが普通の対応だろう。
タオマフ巻いてたから岐阜サポとはわかったと思うけど、それだけであんなにさわやかに挨拶してくれるとは。もう、おじさんの池元選手に対する好感度、ぐ?んとupしたね。応援にも力入るし、もう是が非でもFC岐阜に残って欲しいと思った。

某掲示板などでは、チームからオファーがあるような話もあったが、どうなんでしょう?
残ってほしいけど、岐阜をJFLに昇格させるゴールを決めてくれれば、上のチームに行っても北九州に帰ってもまあ、仕方無いとは思う。思うけど・・・

さて、その初日に他の3チームを初めて見たのだが、明らかに一番苦戦するのはTDKだったなと思った。東海リーグ最終戦で苦戦した時の佐川急便中京が、TDKの量産タイプという感じだったね。
だから初日負けたけど、あと二つには勝てるぞと、楽観さえした。TDKだってあんなサッカーを3日間続けられないだろう、TDK戦で長崎や岡山のデカイFWが、いいボールが上がればゴールをねじ込んでくれるんじゃないか、そうすれば岐阜は1位にもなれる。と疑いなく思ったよ。(シロートは怖いもの知らずだなw)

しかし、選手は落ち込んでたみたいだね。試合後、外で片桐淳至に会釈したのだが、すごく申し訳なさそうに挨拶してくれた。
そりゃあ、補強してさらにパワーアップして、1次ラウンドで12得点。
確実に強くなってる手ごたえの中、ぴしゃーっと封じ込められたんだからねえ。
でも、持ち直して2連勝するあたりはやっぱり流石だね。大したものです。

結局、TDKはそのサッカーを3日間続けて、1位。しゃーないな。

入れ替え戦のホンダロックも、岐阜を研究してモチベーション高く来るだろうから、簡単には勝てないだろうけど、

勝つのはFC岐阜と信じてます。

そーいえば、東海リーグ最終戦で、今年最後と思ってゴリサンド2個食べつつも、入れ替え戦でもう一回食べれるかも、とコメントしたのだが、ほんとにそうなったなあ。食べ損ねた人は是非どうぞ。でも来年もう売らないの?名物にできるのに。

素人の長文

FC岐阜JFL昇格の如何にかかわらず、地域決勝大会の総括的な記事は、どこかのライターさんなり記者さんが書いてくれるんだろうか。
いろいろと知りたい舞台裏ってあるよね。
シロート的にわからなかったこともいっぱいあるし。

僕なりに思ったことなどを。

カリスマサイトでの予想に、岐阜が「大型補強した」などと書かれていて、正直、噴飯ものの予想だなと思った。岐阜は大型補強ではなくてピンポイント補強だよと。
岐阜の弱点である決定力の無さと、特に終盤、不安定さが目立ち始めたGKを補うために、実績のある選手を入れるだけだろう。センターバックも不安が無いことはないが、連携が必要なポジションだし、バックアップ的に補強しただけではないか。そう思った。

だから、スタメンに入るのはFW 池元友樹GK 日野優、ベンチにパワープレー要員のFW 長谷川悠木島徹也菊池完はベンチ入りもないかもしれないかなと。(木島はかりゆしFCでもずっと出場してたわけじゃなかったみたいだし、菊地は8部でやってた選手なので、実力はそうゆうとこで量ってしまうのよシロートは)
しかし蓋を開けてみれば、木島は釜玉戦ではあるがスタメン、菊地の活躍はご承知の通り。
考えてみれば、来年JFLにいるかもしれないチームが完全移籍で取るんだから、二人とも能力は高かったんだね。

それより驚いたのは、吉田康弘岩田昌浩の大事な試合では不動だったWボランチが、北村"キャプテン"隆二山田正道に替わってたこと。北村は出番が少なかったのが疑問なくらいの選手だし、山田はJFLアルテ高崎ではレギュラーのボランチだったし、もちろん能力は高いけどね。(監督は山田のボランチをずっと隠してたのかも)

かくして、ファジアーノ岡山戦のメンバーなどは、例えばザスパ草津戦と比べると、FW 片桐淳至MF 小島宏美高木和正DF 平岡直起の4人だけが同じポジションにいるという具合に変化。
これはV・ファーレン長崎ほどの大型補強ではないにしても、結構違うチームになってるよね。

先の予想屋様は、さすが地域リーグを見続けてるだけある。御見それしました。

しかし、なぜ長崎は大型補強でコケて、岐阜は大丈夫だったのか。
戸塚監督が、読売クラブ、ヴェルディといった、個性的で能力の高い選手を上手くまとめて勝ってきたチーム出身だから、その名コーディネーターぶりを発揮した手腕によるものなのか、果たしてどういう理由なのか僕にはわからない。

ただ大きかったのは、池元が岐阜に来てくれたことだよね。
4部で決定力のある選手は、4部ではそのまま決定力が高い。審判や環境なども慣れてるし。
Jチームで控えだった選手が、4部まで来ると上手くいくかどうかはわからない気がする。
長崎のツインタワーも予選ラウンドではいざ知らず、岡山戦ではそろって先発したが、TDK戦で一人減り、岐阜戦では一人も先発しなかった。難しいもんだね。

結局、優勝したのはピンポイントで補強したTDKだったわけだが(大友慧の個人技が無ければ、岐阜戦はPKだったろう)、地域決勝大会では直前にチームを変えると勝てない、というこれまでの説は生きているのか、覆されつつあるのか、どうなんでしょうね?

とにかく、菊地の入団の経緯とか、池元が岐阜を選んだ理由とか、GK4人登録の訳とか色々知りたいことがいっぱいだ。早く知りたいなあ。

ボランチ・山田
山田正道

JFL昇格したい

FC岐阜JFLへ昇格するのは、富山のYKKAP、アローズ北陸、愛知のFC刈谷、浜松のHonda FC、滋賀の佐川急便SCなどは日帰りで遠征できて経費が浮くから、宮崎のホンダロックがJFLにいるより歓迎されるのかな。
やっかいなチームが上がってきたなあ、と思うチームもあるのだろうか。
まあ、チーム(会社)によるわな。

JFL地図

岐阜は日本の真ん中へんだから、岐阜サポは遠征するにはいいねえ。

宮崎遠いなあ。

アウェーゴール・ルール無し

FC岐阜vsホンダロックの入れ替え戦は、「勝ち点」、「得失点差」の順で多いチームが勝利。
勝ち点は勝利3、引き分け1、敗戦0。
勝ち点、得失点差とも同じ場合は、第2戦(メドウ)の後、15分ハーフの延長戦を行い、それでも決まらない場合はPK戦を行う。
累積警告数はリセットされる。

という実施要項が発表されたようで、J1J2入れ替え戦のようにアウェーゴール・ルールは適用されない。

ヴィッセル神戸に敗れ、J2降格の決まったアビスパ福岡の選手は、このルールを第1戦では知らなかったらしい。第1戦0?0、第2戦1?1で、まさにこのアウェーゴール・ルールにより、勝敗が決まったんだねえ。
何故知らされてなかったのかわからないが、悔いが残るだろうなあ。気の毒としか・・・
しかし、ニッカソ「アウェーゴールで2点分」と書かれてたが、それ違うだろ?
アウェーゴール0?1で神戸の勝ち、ということだよねえ。

神戸GK荻晃太は、笠工で片桐と同級生だったけど、高校時代プレーを見てて、「ゴールキーパーは、サッカーで最も美しいポジションだ」(by マザロッピ)と僕も思った覚えがある。
将来、岐阜へ来てね(こればっかw)。

さて、FC岐阜にはアウェーもホームもどちらも勝って昇格して欲しいね。(昇格できればどんな形でもいいんだけどね)

次はJ1で大分へ

今回の大分遠征で少しだけ撮った写真など。

岐阜駅に入線する、寝台特急はやぶさ・富士号。
寝台特急はやぶさ・富士

東京?熊本を結ぶ寝台特急はやぶさ号と、東京?大分間の富士号は、2005年3月1日改正で東京?門司間併結運転になっている。
僕は初日の岡山vs長崎も見るため、新山口で新幹線に乗り換え、小倉からソニックで大分入りしたので見れなかったが、下関で機関車交換をするらしい。

B寝台ソロ下段。鍵がビジネスホテルっぽい。
ソロ下段


B寝台ソロ上段。誰もいないようだったので勝手に開けて撮ったw
ソロ上段

上段は天井が丸く低いので、圧迫感があって好きではないが、階段が室内にあるので(階段が外にあるタイプより)広く感じるかもしれない。

ソニック車内。
ソニック

ソニックも初めて乗ったが、木がふんだんに使ってあったり、網棚が飛行機みたいな開閉式だったりユニークな電車だった。高山線のワイドビューのように揺れず、快適だったなあ。


初日は、別府に泊まった。
関さば定食を食べた。さすがに旨かったな。定食3500円!+もずく酢300円+生2杯1000円で4800円も使ってしまった。

駅前高等温泉
高等温泉

300円で入れるのでドライヤーが予想通り無く、頭はホテルで洗った。
でも貸しタオル、鍵付きロッカーはあった。100円で入れる方はどんなだろうね。

二日目は大分のホテルに泊まったが、晩飯は節約して惣菜を買ってきて食べた。1000円ちょっとで済んだ。
キリン のどごし生


子供達のいない一人旅は、とても寂しくて虚しかったりするんだけど、今回はパソコン持って行っててブログをうpしたり、なんと言っても決勝大会が白熱してて、1日中ドキドキしてる感じだったので、なんだか充実してたなあ。


大分は、2001年のキリンカップ日本代表vsユーゴスラビア代表以来。
その時は家族と別府宿泊。レンタカーで高速道路を通ってビッグアイに行ったので、大分駅から会場まであんなにアップダウンしながら登っていくとは知らなかった(高速は高いところを通ってる)。当時、車をとめた駐車場が、ちょうど地域決勝の会場周辺だった。

別府は家族で行くにはいいところ。
本来、保養地である温泉場のレジャーランド化に拍車をかけた功罪云々を言う人もあるが、家族連れには最高だよ。
城島後楽園ゆうえんち、ワンダーラクテンチ、高崎山自然動物園、他にサファリパーク、水族館、ロープウェイ等もある。
少し足を延ばせば、サンリオハーモニーランドがあり、当時僕らはそこと水族館に行った。行きの飛行機が、霧のため熊本に着陸して、3時間ほどロスってるにもかかわらず(そのおかげでやまなみハイウェイや阿蘇山の景色も見れたが)、2日間でサッカーも含め随分楽しんだよなあ。

将来、大分トリニータとFC岐阜Jの舞台で対戦する時、大分遠征は家族と観光も兼ねて行くといいですよ。

喜劇 空想特撮温泉

入れ替え戦日程

入れ替え戦日程

【第1戦】2006年12月17日(日)13:00
  ホンダロック 対 FC岐阜(都農町藤見総合運動公園陸上競技場・宮崎県)

【第2戦】2006年12月23日(土・祝)13:00
  FC岐阜 対 ホンダロック(岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウ・岐阜県)

FC岐阜JFL昇格するにしても、地元・岐阜でその瞬間を見ることは無い、はずだったが芝生の関係かなんかで、先にJFLホームでの試合をやることになり、FC岐阜が勝利すれば昇格の瞬間を岐阜で迎えられる。

Jリーグを目指し、地域リーグを勝ち抜いてきたチームが、いかに上位リーグとはいえ最下位に甘んじてるチームに、勢い的にも負けるはずは無い。
と、ずっと思ってた。
しかし全国リーグで、Jリーグを目指すチームや強豪企業チームに揉まれてきてるので、実はかなり手強い相手だろうと思う。
第一、ホンダロックはどんなサッカーをするのか全く知らない。
地域決勝でもTDKを初めて見て、強い!これは岐阜が苦手にするタイプのチームだ、と思ったのと同じで、実際対戦してみないことにはわからないっすよね。
選手が絶対降格したくないと、気合を入れてくるだろうし、いずれにしても楽には勝てないと思う。

それにしても、年末までドキドキさせてもらえるねえ。
ほんと、サポにとっては今が一番ワクワクする時なんだろうね。ありがたい。応援しよう。

入れ替え戦へ

全国地域リーグ決勝大会・決勝ラウンド第3戦

FC岐阜2?1V・ファーレン長崎 
FC岐阜の得点 池元×2

長崎! J4での決着はついた。次は必ず上でまた戦おう!

試合は、ロスタイムに池元友樹のこの日2点目のゴールで劇的に勝利。
90分で負けれなけばよかった岐阜だが、1?1のまま終盤に近づくと「長崎に点が入ってしまったら大変」とひやひやしてた。しかし90分引き分けどころか、見事な勝ちかただったね。
FC岐阜の選手たちの戦いぶりを見てると、勇気付けられる。ありがとう。

FC岐阜は勝ち点6で2位。ロッソ熊本のJ2昇格が見送られたため、JFL最下位のホンダロックとの入れ替え戦へ臨むことになる。

もう2試合みんなでJ4最後の応援がんばろう!

頼もしい岐阜イレブン
FC岐阜イレブン


試合前、円陣を組む
円陣


2得点の池元。あと2試合も決めてくれ!
池元

池元2


片桐。同じく!
片桐


高木和正。頼む!
和正


小島。お願いします!
小島


この試合の前に行われた、TDKサッカー部とファジアーノ岡山の試合は、PK戦でTDKが勝ち、優勝。自動昇格を決めた。

TDKのみなさん。
TDK


はっきり言って、FC岐阜はTDKには完敗だったね。いいチームだった。見てからビックリという感じだったな。
PK戦がなければ、2勝の岐阜のほうが本当は1位なんだが、この大会方式の中では、3連勝のTDKが最強だった、それで間違いないだろう。でも運もよかったな
優勝決まった後、ベンチで選手たちが「優勝だよ?」などと、まさかねえ、という感じで喜んでた。まあ、無欲の優勝だったんだね。無欲だったから自分たちのサッカーができったのもあるのだろうね。

ファジアーノ岡山には期待してたんだけどなあ。
惜しかったよ。他のチームの試合にこんなに一喜一憂したのも初めてだったな。

同点ゴールを決めてくれたジェフェルソン。ファールを受けて倒された時、たしか「イテッ」って聞こえたw
ジェフェルソン


キーパーさんもPK2本止めてくれたんだけどなあ。
PKストップ


なんにしても、ほんとに濃い6試合だった。
地域決勝にはまる人がいるのもうなずける。

名古屋駅

20061203210655
〆は名古屋駅ホームのきしめん。
思えば、長崎が0勝だったのは、名古屋章さんが関係者席でなく、一般席で見てたせいだな(←違う)

祝・準優勝

20061203183111
新幹線内で祝杯。
1日目終わった時点で、これはピンチ!なんて全然思わなかったから、優勝できなかったのは残念。
入れ替え戦も精一杯応援しましょう!

地域決勝・決勝ラウンド初勝利

FC岐阜2?0ファジアーノ岡山

FC岐阜の得点 片桐×2

明日、90分で勝てば2位以上決定!

最終日、FC岐阜は勝ちます。(負けることは想定の範囲外w)
すると、勝ち点6で得失点差+2以上。(長崎は脱落)

ファジアーノ岡山がPK勝ちで勝ち点5。TDK勝ち点6、得失点差+1。岐阜の1位

ファジアーノ岡山が90分勝ちで勝ち点6。TDK勝ち点5。この場合、岡山が得失点差+1なら岐阜の1位。岡山が+2以上でも岐阜がそれを上回る得失点差をつければ、岐阜の1位。

他力本願ながら、FC岐阜の1位、すなわちJFL自動昇格もあり得る。

TDKが勝ってしまえば、岐阜は2位(入れ替え戦)だが、最悪それでももよい。

長崎は、最終日第1試合の結果しだいで2位もあり得るし、岐阜と戦う前に敗退も決まる場合もある。
2位がかかればもちろん、敗退が決まっても0勝では帰れない意地があるだろうから、厳しい戦いになるだろう。

しかし、とにかく明日は勝利あるのみ。応援しましょう。


今日は、気持ちで完全に相手を上回ってたと思う。
片桐が、比較的自由に動けて、昨日はほとんど見られなかった個人技を存分に見せてくれた。池元からのクロスをヘッドで叩き込んだときもフリーだった。
高知では無得点で、悔しい思いもあったろうけど、今日は2得点。よかった。岐阜の攻撃の中心はやはり片桐
攻守のバランスを取り、最後は足がつった小島をはじめ、みんなすごい気迫だった。

疲れてるだろうが、相手も一緒。必ずやってくれる。

ゴッツいジェフェルソンを相手にして、ベテランDF陣は消耗してるかもしれないが、並みの人間とは違う人達ばかりだから大丈夫!お願いします!

先制ゴールの片桐を祝福。
1点目


岐阜の若きアタッカーたち。アシストの池元。
アタッカー


やはり掘り出し物だった菊池完。見事なカバーリングを見せる。
菊池


大活躍の片桐。
片桐CK


お疲れ。明日も頼む!
片桐

勝利後。
勝ち

勝ち2

明日は悔いの残らぬよう、サッカーを楽しもう!

追記
今日は大分のホテルでうpしますた。
無線LAN設定に苦労した(苦笑)
暗号化無しって大丈夫なん?

関さば定食

20061201202941
〆さば、さばフィレ等さば大好き人間としては、値が張るが食べねばなるまい。
ほんとは祝杯のはずだったのにorz
明日は祝杯あげるぞー

FC岐阜0?1TDKサッカー部

この風、この匂い、この肌触りこそ地域決勝よ!

って初観戦なんですけどね。
しかし、このドキドキ感はリーグ戦や天皇杯の比ではなかったなあ。

試合のほうはもう残念。とにかくTDKのプレスがきつかった。
負けは負けで切り替えて、あと2試合勝つしかない。
明日、FC岐阜と長崎が勝てば、2位はもちろん1位もあり得るからね。
信じて応援しよう。

試合会場。
会場


お疲れ


岐阜サポのみなさん。
サポ


地域決勝最強2トップ(当ブログ比)も今日は不発。
2トップ


会場行きのバスは、大分駅を出て、右の地下道通って信号渡ると「本社前3番」乗り場がある。降車するバス停は、「情報科学高校入口」と「公園西インター入口」があるが、「情報」からだとアップダウンがあり「公園西」の方が歩くには楽。自販機も途中にあるし。しかし料金が40円高い。お好きなほうをw

一応地図です。
地図



追記
別府のホテルで記事を書きました。初めてパソコン持ち歩きました。設定なしでそのままつながってよかったです。

続きを読む

大分着

20061201104853
これが本社前3番乗り場。
高知へ応援に行ってないのに、大分へ連れてきてもらったクラブに感謝。
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。