応援ありがとうございました

重たい試合

20070629212556
門番は越えたと思ってたんだが、足を引っ張られたか。
戸塚前監督、途中で帰る。(用事かも知れんが)
ホームでこんな試合しててはなあ…
まあ、切り替えですね。

明日は長良川競技場でHonda FC戦

さて、松永英機新監督就任も正式発表(公式)されたね。新監督、よろしくお願いします。

というわけで、明日は長良川陸上競技場で、

初の平日ナイトゲーム、

夏の陣・五連戦の第1戦(キッズデー)、

JFL後期第1節・Honda FC戦。


アウェーでの前期第1節、開幕のどさくさに紛れて金星を挙げてから、もう一回りしたんですね?。

相手は、世界のHONDAとして、成績は上がらないがJFL門番として、ようやく財務のメドがついたという、JFL新参チームに連敗するわけにはいかないと、モチベーションも高いはず。

しかしFC岐阜も、

前節の勝利は、監督交代のショック療法が一試合効いただけのものかよorz

などとならないためにも、連勝しなくてはいけない。

なにより、ホームゲームは勝たなくてはいけない

お客様の出足は心配だが、試合を見に来た子供たちに、バンダナとともに勝利をプレゼントして欲しいね。応援しましょう。

広報

昨日の新聞に、FC岐阜のポスターの話題など色々載ってた。
公式にも、自販機のことや激例会のことが出てた。
情報がたくさん出てくるのはいいね。
後期ホームナイター5戦ではイベントもあるみたいだが、明後日のHonda FC戦のことは未だに出てませんけどね。
とにかく、注目を集めてたくさんのお客様に来てもらいたいね。
以前GMは「常勤スタッフの整備がほぼできた。残っているのが広報」と言ってたが、広報の体制は整ってきてるのかな?

斎藤

ガイナーレ鳥取戦

JFL前期第17節 2007.06.23 長良川陸上競技場
FC岐阜 4?2 ガイナーレ鳥取
FC岐阜の得点 松江×1 片桐×3

FC岐阜のスタメン
GK日野
DF李 小峯 菊地 平岡
MF山田(65分木島) 北村 岩田(89分退場) 佐藤(87分田中)
FW片桐 松江(59分ジョルジーニョ)

今日は雑感などを。

・松江店長スタメン組でアップ。い、いきなり先発か!
・ひょっとしてボランチ4人!? なわけないわなw
・サブ組のジョルジ、大友を見てると、大友もウェズレイの何番目かの弟かと思ってしまうw
・メインスタンドのコジの膝に・・・。固定するほどではない模様。公式は何も報告なしか・・・。

・試合開始。→圧倒的じゃないか、我が軍は。→先制喰らうorz どフリーやがな。
・店長キタタタタ━(゚∀゚)━!!!!! 僕の見込んだ男だけある(爆)←これたくさんの人が言ってそうw DFの前に飛び込む見事なゴール。しかしDFの影に隠れてたし、さらに喜び方も地味だったため、最初佐藤かどっちかわからず。
・片桐オフサイドギリギリ抜け出して、ゴ――ル! 派手に喜ぶ。
・自陣右サイド、ソンホ1対1かわされてファーサイドに上げられる。鳥取7番・戸田に菊地も負けて折り返される。(ファーサイドで戸田の折り返しは鳥取のパターンだった。名鑑ではDFだが、名古屋時代にあった古賀みたいな使われ方か)そしてまたフリーで決められる。
・後半。片桐エリア内で4人ほどかわしてゴール! サポ最高潮!
・鳥取、カウンター狙いか不気味におとなしい。ひょっとして足が止まってた?
・片桐ハットトリック! ナイス西村の願いが、本人いない時に・・・。

・岩田昌がボランチ以外やるのは初めて見た。2列目もイケます! 佐藤も岩田も元々ボランチ。サイド攻撃は少なかったな。片桐もサイドにあまり流れて来なかったし。
・キャプテン隆二はやっぱりボランチの方が似合ってるね。中盤の底での落ち着いた球捌きが生きる。ミドルも強烈。攻守の起点・中盤の貴公子・北村隆二!
・コミさん、ちょっと危なっかしいとこが何度か。ひょっとして疲れ? 岐阜が最近失点多いのはそのせいも?
・ジョルジにボールが入ると、圧倒的な身体能力と個人技でDFを置き去りにするもシュートの精度が・・・。
・松江店長は、シンプルにヘッドで前へ繋ぐ。スタメン松江で途中から飛び道具、このパターンがいいかも。
・松永新監督、動きが大きくていい。
・あと、バックパスこえぇよ?。
・お客様4878人。メインが多かったが、招待券かな。でもこのゲーム内容なら、リピーターはゲットできるはず。


試合前アップを指揮する松永新監督。
松永HC


集合写真。
先発
カメラマンが増殖してるような。

2トップは松江、片桐。久しぶり。
2トップ


片桐1点目。
片桐1点目
ピンボケ。ナイターはデジカメ難しい。

松江→ジョルジ。
松江→ジョルジ


山田→木島。
山田→木島


佐藤→田中。
佐藤→田中


両軍入り乱れる。
入り乱れ

入り乱れ2
岩田と戸田が退場。

ガイナーレサポのみなさん。
ガイナーレサポ


試合前、鳥取の選手と談笑する齋藤竜。
齋藤竜


さて、帰りバスでは電車に間に合わないだろう僕は、タクシーで帰った。で、正門のとこで試合前、名○タクシーの運転手さんに「試合終了後、9時頃も待機してます?」と聞いたら「6時くらいまでしかおらんけど、電話くれりゃあ、3分で来るよ」と言われ、その通りにしたんだが、試合終了後、ちゃんと他社のタクシー3台ほど待機しておりましたわ。

さてさて、7月6日アローズ戦のカテ1チケット1枚を、6月29日Honda FC戦に来られる人に貰って頂きたいのですが、もし貰って下さる方がいらっしゃれば、メアドをご記入の上秘密のコメントください。

追記
貰っていただける方が見つかりました。ありがとうございました。

松永岐阜、白星発進

20070623212019
いろいろエキサイティングな試合だった。

FC岐阜が4点?
片桐がハットトリック?

フ…冗談はよせ。
ギレン・ザビ

もちろん、冗談ではありません(^O^)

追記
ギレン・ザビの画を挿入しました。
「意外と、片桐○○○派の方も甘いようで…」

今日はナイトゲームで鳥取戦

今日は、長良川陸上競技場で準加盟ダービー第3弾・ガイナーレ鳥取戦。キックオフは19時。

松永英機新監督が初めて指揮をとる。

監督交代がどうこうではなくて、

ホームゲームは、落としてはならない。

とにかく勝利あるのみ! 応援しましょう!

さて、僕は帰りの電車に間に合うのだろうか?

戸塚監督、ありがとう

プロの監督が解任されるのは、状況による。おおまかに2つ。1つは成績が悪く、改善の見込みが薄いとき。もう1つは、求心力が失われたときだ。

これは、サポティスタにもリンクされてた西部謙司氏の記事の一文。

現在、FC岐阜の成績は、首位と勝ち点差5の3位で昇格圏内。ここ3試合も相手は強豪チームや好調チーム。
先に監督が交代した栃木SCと比べても、まだ成績は悪いとは言えないだろう。
にもかかわらず、早過ぎるとも思える時期での交代は、このままでは成績、内容とも「改善の見込みが薄い」と判断されたわけか。
S級ライセンスが無いことも、交代を早めた一因ではあるだろう。(成績、求心力が保たれてる時ならば、それを持って無いことを理由に監督を代えることはしないはずだから、S級無いことは一番の理由ではないと思う)

G新聞によると、監督交代でショックを受け、動揺している選手もいる模様。
選手に慕われるという意味での求心力は、まだあるのだろう。

しかし、今年の試合を見てると、勝つための、ゴールするための統一された考えが、チームにあるようには素人目にも感じられなかった。
バラバラとまでは言わないが、まとまらないチームを監督が束ねていくことができなくなった。そういう意味での「求心力」が失われたんだと思う。それが交代の大きな理由かと。

確かに「戸塚監督の考えているレベルに選手が達していなかった」のかもしれないが、選手を補強する訳にはいかない。結局、外部から新しく呼ばなくても済むし、監督を交代することになったのか。

内部事情を知らないから、実際はどうなのかわかりませんが。



さて、思い起こせば去年。
日本代表経験者を含む元Jリーガー、アマチュア経験しかない選手、新卒の選手、年齢層も幅広い選手達をまとめ上げ、片桐、中尾、小島といった個性派(?)も使いこなす。
采配も、選手交代がビシバシ(死語?)決まる、まるでマジックのよう。
地域決勝では、池元らをピンポイントで補強し、短期間でさらに強いチームを作り上げ、入れ替え戦には完勝。
FC岐阜をJFLに昇格させた功績は計り知れない。

それに僕としては、今年のように勝ちも負けもあるヒリヒリする展開も充分楽しんでる。

去年1シーズン、今年半分、黄金の日々をありがとう! 戸塚監督! またどこかで。

戸塚マジック

監督交代

ショック。疑問。不安。

それと同時に、

納得。期待。クラブの今年に賭ける本気度。

そういうものを強く感じる。

それにしても、この厳しさ、この潔さ、この雰囲気。

まさにプロのサッカークラブを応援してる。って感じだなあ。


想定してるだけで、予測ではない

来季J2は15チーム3回戦制?

現在J2は13チーム、1チームあたり48試合、全52節で行われてる。
40週の間に48試合(+天皇杯)という、ハードスケジュール。

2チーム昇格の可能性で3回戦制を検討、ということは昇格が1チームだったら、52試合やるということか。実際1995年、Jリーグは52試合やってるが、キツイっすよね?

2チーム昇格(全15チーム)で4回戦だと56試合、これはさすがに無理だろうから、3回戦制採用、42試合ということで落ち着くかな。

ところで、3チーム昇格の場合は、16チーム3回戦制で45試合。奇数なのでホームゲームが23試合のチームと22試合のチームが出てきて、不公平になるねえ。3回戦制自体も不公平なとこあるが。

となると、4チーム昇格で、17チーム3回戦制で今年と同じ48試合。これが一番いいってことだね

さあ、4チームみんなで頑張ろう! って、開幕前なら大きい声で言えるが、今は準加盟のどのチームも、来年のこと考えてる場合じゃないわな。

栃木SCも7試合勝ち無しで監督辞任とか、厳しいことになってきてるしなあ。FC岐阜も3試合勝ち無し。次節ホームのガイナーレ鳥取戦に勝たねば、ずるずると・・・・・・それはまずいっす((((;゚д゚)))

とにかく、Jリーグの検討とか気にしてる場合ではない。
目の前の試合を勝つのみ。応援しましょう。

飛騨古川、瑞穂球技場など

名古屋グランパスが7月に北海道でキャンプを張る模様。
すっかり、飛騨古川ではやらなくなったなあ。2003年が最後かな。
たまたま、グランドが空いてなかっただけかもしれないが、もう来ないのだろうか。代わりにジェフが来てますが。
もう来ないのなら、グランドにあるグランパスの看板をFC岐阜のに代えて、岐阜が優先使用できるキャンプ地になればいいねえ。
今年は、FC岐阜も合宿するような金銭的余裕は無いんだろうなあ・・・orz

ところで、9月29日の名古屋vs柏は、瑞穂球技場でやるんだね。
その日、FC岐阜はリーグ戦も天皇杯も無い。
池元友樹が出場しそうなら見に行きたいね!
しかし、チケット取りにくいだろうなあ。(7月の時点で池元が出るかどうかもわからんし)

瑞穂球技場では1試合だけ見たことがある。
2001年の開幕戦・vsレッズ。レッズがJ2から戻ってきた年の開幕戦で、レッズサポもかなり来たし、キャパの小さい球技場だったからチケット取るのすげー苦労した覚えがある。
その試合では、オレたちのナオキゴール決めたなあ。しかもベストプレーヤー賞だったりする。


佐川急便戦

JFL前期第16節 2007.06.16 大津市皇子山総合公園陸上競技場
佐川急便SC 2?1 FC岐阜
FC岐阜の得点 小島(PK)

FC岐阜のメンバー
GK日野
DF齋藤(64分李) 小峰 深津 平岡
MF北村 岩田 佐藤(82分和多田) 小島(78分大友)
FW片桐 ジョルジーニョ

JFLの壁、痛感。公式
ひょっとして次は、ぬりかべ

連敗

さすがに強い!これでなくてはJFLを突破する喜びを味わえぬ!

って、試合見てないし、佐川急便SCも見たこと無いんすけどね。

去年の合併で、東京、大阪と二つの強豪企業チームが一つに減ったかわりに、より強力な門番チームが一つ誕生したわけだから、そりゃ強えーよ。
それに佐川急便て、一生懸命走ってガツガツ当たってくる、FC岐阜が苦手にするタイプのチームでしょ?(見たこと無いけど、飛脚のイメージもあるしw)
ここは、2チームに苦戦するところを1チームで済んで得した、くらいに思っておこう。

いわば今日の敗戦は、想定の範囲内。 つーことで。

(ただ、連敗で3試合勝ち無しなのはまずかったが。つくづく、前節のホームでの敗戦が痛かったと)

とまあ、その場所で、試合も岐阜の選手のプレーもサポの様子も、何も見てない僕は好き勝手なこと思うしかない。

ああ、負け試合こそ現場で見届けたい!

遠征組みの皆様、応援ありがとうございます。本当にお疲れ様でした。

明日は大津で佐川急便戦

明日は滋賀県大津市皇子山総合運動公園陸上競技場で、現在首位の佐川急便SC戦。

門番チームを1つ減らしてもらったお礼に、勝ち点3をプレゼントする必要はもちろん御座いませんっ

順位どうこうではなく、どんな試合内容でも連敗は阻止したいところ。


さて、遠征距離が短いこと以外に、前向きな材料は・・・・・・えっと

いや、京都サテとの練習試合で見られたという選手の「戦う姿勢」「気持ち」、これがあれば充分だな!

僕は明日は午前中、地域の某委員の出役があって行けません。残念です。
行かれる方は応援よろしくおねがいします。

J2京都サテとTM

練習試合 2007.06.13 京都サンガ東城陽グラウンド
京都サンガサテライト 1?3 FC岐阜 (前半 1?1)

FC岐阜の得点 小島 田中 木島

FC岐阜のメンバー
前半
GK日野
DF小峯 菊池 深津 平岡
MF山田 岩田 小島 佐藤
FW片桐 森山
退場 平岡、深津(←オイオイw)

後半
GK曽我部
DF中尾 菊池 木村 松田
MF北村 李  田中 大友
FW和多田 ジョルジーニョ
(交代 和多田→木島、ジョルジーニョ→櫻田、田中→後藤、など)

コミさん右サイドバックキタ━(゚∀゚)━!!!!!

というわけで、岐阜新聞によりますと戸塚監督は、二人の退場も含め「戦う姿勢あった」と、評価。前節の敗戦は「吹っ切れて」いて、次節に「気持ちが入ってる」と。
あと、後半は中盤の組み立てが良かったと書いてあるが、北村ボランチ、大友が中盤ワイド、ってのをリーグ戦でも見たいな。(僕はキャプテンをボランチで使って欲しいと思ってたので)

さて、佐川急便戦のスタメンはどうなるかわかりませんが、とにかく応援しましょう。

*未確認情報
練習生の元京都・冨田晋也選手が出場。
和多田がフェイスガード着けてプレー(怪我?)。
ナオキは、一発レッド(何したんでしょうw)。


休刊日明け

G新聞のS記者の記事が、相変わらずFC岐阜に手厳しい。
GIFU SPORTS
C新聞はわりとポジティブに書いてるし、J事務局の視察についても触れてる。それと比べるとなんだかなあ・・・

こちとら切り替えてるのに(正直、まだちょっと悔しいが)、

2日も経ってからネガティブな記事載せてんじゃねーよっ

ちくしょう、勝てば首位、負けたら新聞でボロカス。世の中厳しいもんだね。 
でもまあ、2日経っても大きく扱っていただいてありがたいす。

JFL1年目のチームが前期首位で折り返すなんて、相当難しいということはみんな知ってる。
それを改めて思い知った敗戦だったということだな。

決して、首位気分や慢心があっての負けだったとは思わない。
(勝てば自力で首位。これを意識することは、選手もサポも高いモチベーションを持てるし、いいことだと思う。)

さて、ほんとに切り替えよう。

浅尾拓也4勝目&初打点



浅尾拓也が、プロ初打点と4勝目をマーク。
浅尾が先発の時は、打線の援護も手厚い。ん?、日頃の行いがいいんだろうねぇ。王子と呼ばれてかわいがらてるみたいだしw
巷じゃ、○○王子というのが流行ってるみたいだが、浅尾君は何王子なんだろうか?

1点の呪縛

JFL前期第15節 2007.06.10 長良川陸上競技場
FC岐阜 1?2 ジェフリザーブズ
FC岐阜の得点 山田

FC岐阜のスタメン
GK日野
DF李 小峯 深津 松田
MF山田(82分小島) 吉田 佐藤 北村(70分大友)
FW片桐 ジョルジーニョ(81分森山)

FC岐阜は1?0で勝つ試合が多い。相手を0点に抑えて1点取って勝つ。
言い方を変えれば、1点取れば勝てるチームとも言えるが。
しかし同時に2点目が取れないチームでもある。1点取った後に呪縛をかけられたように。これを解くために、この試合は先制後も、いつもより追加点を奪おうとする意志が強く見られる攻撃だった。

が、薄くなった守備の隙を突かれ失点。サッカーではよくあるパターン。
このまま引き分けでは終われない。
大友、ゴリ様、小島と攻撃的な選手を入れ、2点目(勝ち越し点)を取りにいく。
ほとんど2バックか。43分、カウンターを喰らうと2対3の数的不利状態。相手FWは少し時間をかけてくれたが、最後はそのまま自分で見事なゴールを決めた。

前節より全然得点の匂いがしたが、結局この日も2点目は奪えなかった。
悔しい。ほんとに悔しいが、アグレッシブに行って負けたのだから切り替えて、その負けを次に活かして欲しいね。

ナイス西村の選手紹介。
ナイスとチア
この日はVICKYSをしたがえてます。

VICKYSが選手入場時、花道を作る。
入場


ハーフタイム。
C
ポンポンでFCギフWINの文字。もあったかな。

得点をあげた山田正道。
山田


片桐のCK。
片桐CK
ニアのジョルジの頭狙いの他にも何かないかなあ。

悔し泣きの日野。
日野
熱い男だね。

ジェフRサポのみなさん。最初はカテ2に。
ジェフRサポ
雨降りだったからな。売り上げ協力ありがとうございます。

逆転負け

20070610160654
日野悔し泣き。
ああ悔しいよ、悔しい。
なぜ2点目が取れないorz
ホームを落とすのはいかんなあ。
しょうがない、切り替えろーー

明日は長良川競技場でジェフリザーブズ戦

明日は、岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場でジェフリザーブズ戦。
49日ぶりに、長良川競技場にFC岐阜が帰ってくる。

というわけで明日の見所は、

VICKYS

としたいところだが、今日、佐川急便SCがYKKAPにホームで敗戦。(YKKAPはやはり強かった)
なので、

勝って首位に浮上し、新聞の第1面にクル━━のか!  

これだな。 それってあさってじゃね?

(*追記 月曜日、新聞休刊でした・・・_| ̄|○)

その他にも、初先発らしい、

吉田康弘のプレー。

今まで岐阜には、ボランチからの展開、ゲームメイクがほとんど見られなかったので期待したいっすね。

あとは、Jリーグの事前視察の方々にいい印象を持って帰ってもらえるか。

僕的には、片桐淳至にも期待したいね。やってくれると思う。応援しましょう。

次のホームゲーム

10日は晴れるといいなあ

7日の中日新聞のFC岐阜・今西GMのインタビュー記事によると、
まだ広報ができてなかったから、試合以外の情報が公式からなかなか出てこなかったんだねえ。新スポンサー様や新応援グッズが増えてるのに、もったいなかった。広報体制が確立されて、宣伝広告能力が格段にUPされるのを期待しましょう。
あと、地域貢献でクラブの認知度を高める計画もあるようだが、そういう地道な行動のほかにも、派手にイベント的にチームや選手、試合を売り込んでいって欲しいね。

10日はイベントがあるが、Jリーグの事前視察もあるようだし、久しぶりの長良川競技場なんだから、この試合で集客作戦をやって欲しかったが、まだ手が回らなかったんだな。
まあ、これからだね。

知れたこと!

岐阜県内のおねーさんじゃないのはちょっと残念だけど、かわいくておぢさんうれしいなあ。
女子高生や女子大生もいいが、個人的にはこういう大人のおねーさんがいいなあ。

次のホームゲーム


サッカーは楽し

レネ


サッカーを楽しもう。熱く応援できるクラブがある幸せを感じて。
次は久々の長良川競技場。楽しみだなあ。

次のホームゲーム

YKKAP戦

JFL前期第14節 2007.06.03  魚津桃山運動公園桃山陸上競技場
YKK AP FC 0?0 FC岐阜

FC岐阜のスタメン
GK日野
DF李(69分片桐) 菊池 深津 平岡
MF山田 佐藤 北村 小島(61分吉田)
FW和多田(80分森山) ジョルジーニョ

結果だけ見てみよう。

・強豪門番チーム相手にアウェーで引き分け。
・総得点2位チームを小峯抜きでも0点に抑える。
・ゴリ様初登場。
・熊本vs佐川急便もドロー(これ最高の結果だね)で、前期自力1位の可能性消滅せず。

というわけで次に繋がったんで、切り替えてポジティブに応援していこう。

試合内容はとても歯痒いものだったが、グチグチ書いてもネガティブになっていくので、今回は触れないでおこうかと。
ただ、選手は一生懸命走ってるし、頑張ってないようには見えないのに、見てる者が歯痒く感じるのは、選手に、どうしていいかわからない戸惑いのようなものがあるからではないか、という気がする。

ところで僕は、よほどコンディションが悪いのでなければ、片桐を外さないで欲しいと思ってた。確かにストライカーとしては物足らないが、数少ない岐阜の得点に片桐が絡む頻度はそうとう高い。片桐がいないと、今まで1あった得点が0になってしまうのでは、と心配したからだ。

僕は片桐は、マリノスのマルケスの量産タイプと同タイプのFWだと思ってる。(マルケスもグランパスでの来日1年目は、得点王になったウェズレイの黒子に徹して、自身はカップ戦も含めて24試合で5得点しか取ってない)

しかし今回、岐阜新聞によると、初めてピッチの外から(ゴリ様にアドバイスを受けながら)チームを見て、いろんないいことを学んだという。
片桐外しても、外したなりに効果もあったようなので、これもよかったんだね。
とにかく、次の試合の片桐には期待が持てるな。

そーいえば、スタメンに岐阜出身選手が一人もいなかった。アウェーとはいえ、これは寂しかった。


会場からは海が見えた。
開始前


集合写真。
集合


主審に抗議するキャプテン。
抗議
毎試合見られる光景だが。

片桐途中出場。
片桐イン
ソンホと交代時のタッチは無かった。コジがよっさんと交代する時も。

リアルストライカー降臨。
ゴリ様イン


クールダウン。
菊池とよっさん


これがYKKAPマスコット、ファンクル。
ファンクル
桃山運動公園からは、いかにも雷鳥がいそうな、残雪がある高い山が見える。このチームに雷鳥のマスコットはふさわしいと思った。
岐阜も早くマスコット作って欲しいね。絶対いたほうがいい。

スタジアムDJのお兄さんと。
ファンクルとDJお兄さん
このお兄さんは岐阜の選手紹介の時、ジョルジのことを、

じゃるじょーに

と呼んだ。確かに呼んだw 
わざとじゃないとこんな間違いしないと思うが・・・・・・天然かもw

富山でまた勝てず

20070604015959
見せ場はゴリ様初登場だけ?
だから片桐外すなと…

明日は魚津でYKKAP戦

明日は、富山県の魚津桃山運動公園桃山陸上競技場で、YKK AP FCと、まぼろしの雷鳥ダービー。

見せてもらおうじゃないか、雷鳥がマスコットになってたらどんなだったかを!



さてYKKAPは、現在得点がリーグ2位の28、失点がリーグワースト3位の22と、出入りの激しいサッカーを展開している模様。

岐阜新聞によると、戸塚監督は、「2点を取れれば絶対に勝てる」とし、「うち(のディフェンス)が3失点することはない。心配していない」と自信を見せたという。

ひょっとして1点足らなくね?

とにかく、相手は強豪門番チーム。ぜひ勝って帰ってきて欲しいね。

まさか、片桐はずさないよね?

前期もあと4戦

最近公式の仕事が早くなってきたし、中津川開催は盛況だったし、チームは曲がりなりにも3連勝、だんだん良い方に回りだしたような気もする。

しかしゲーム内容はまだまだで、今西GMはFC刈谷戦を、

「お話にならない。ストライカーがおらず、組織プレーも駄目。これではJ2に上がっても勝てない」

と厳しい目で見る。
ストライカーがいないから、コンディションが良くないにもかかわらず、元日本代表FW・小島の昔取った杵柄に頼らざるを得なかったのか。
しかしまだFC岐阜は、

リアルストライカーを隠してます。

楽しみに登場を待ってよう。

前期残りあと4試合、現在1位の今年最強の門番・佐川急便SCをはじめ、手強いチームが残ってる。厳しい戦いだろうけど、前期1位になれるよう全勝できるといいっすね。応援しましょう。

アミバ

プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索