応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだからサッカーはわからない

JFL後期代13節 Honda都田サッカ?場 
Honda FC 0?6 流通経済大学

ビックリしたよ。しかもこのスコア。
僕のtotoが一向に当たんないわけだw

さあ、これでFC岐阜が自力で4位以内に入ることが、再び可能になった。

しかし本当に、サッカーは何が起こるかわからない。
今年は、勝てると思った試合を何度落としたことか。
日曜の試合が終わるまで、その気になってはいけない。

とにかく最終節は、このチームでやれる最後の試合。悔いの残らぬよう自分たちのサッカーを思いっきりやって欲しい。そうすれば道は開かれるはず。応援しましょう。

スポンサーサイト

元祖門番・Honda FC

28日は都田で、Honda FCと流通経済大学の対戦がある。
FC岐阜が最終節勝ったとして、4位以内に入ることに影響を及ぼす3試合のうちの1試合。

ところで、ザスパ草津がJFLを1年だけ戦った、2004年。
後期最終節、Honda FCはホームにザスパを迎える。
2位ザスパは、3位Hondaに勝ち点差3、得失点差6、総得点では2点差をつけていた。
つまり2位で終了するためには2点差負けまでは大丈夫だった。
しかしHondaは、なんと3?0で勝ち、順位を逆転してザスパの2位確保を阻止した。
1年でJFLを通過しようとする新参者に(しかも前期負けている)、そう簡単にはいかないよと、無条件J2参入を阻む意地を見せたのである。

今年も、FC岐阜をアシストするようなことは絶対したくないはず。
さらに、Honda FCは後期10勝1敗4分で、天皇杯もJチーム二つに勝つなど、現在好調である。

どうしても、Honda FCは残り2試合、連勝してしまうというネガティブな予感しかしない。
僕の予感が外れることを願うばかり。

ちなみに、カターレ富山の片割れ・アローズ北陸は、来年のライバルを減らすため、最後の最後で岐阜をアシストしてくれるような、そんな都合のいい予感はしてますw

とにかく最終節アルテ高崎に勝ち、それでもダメならパッと来年に切り替えるだけ。応援しましょう。

佐川急便SC戦の画像など

JFL後期第16節 2007.11.25 岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場
FC岐阜 1-3 佐川急便SC
FC岐阜の得点 相川

FC岐阜のスタメン
GK 日野
DF 深津 齋藤 菊池
MF 李(60分大友) 吉田 小島(65分ジョルジーニョ) 平岡
   高木(78分和多田) 片桐  
FW 相川

スタメン。
スタメン

円陣。
円陣

相川。先制ゴール後。
相川

競り合う相川。
相川ボール

御給をマークする菊池。
菊池

御給と競り合う深津。
深津

この日、リベロの位置に入った齋藤。
齋藤、菊池

菊池のシュート。
菊池シュート
片桐のCKに、ニアに飛び込んでフリーで頭に合わせたが、キーパー正面に。惜しかった。

スタメンを外れた大友が入る。
大友

和多田イン。
和多田

場内一周する、GM、監督ら。
一周

同じくキャプテン隆二ら。
一周2

おまけ。飛騨牛入り焼きそば。
飛騨牛入り焼きそば
続きを読む

JFLの壁

20071125160007
見事に、当たって砕けた。
これでJFL残留でも、佐川に勝つチャンスがあるわけだから、く、悔しくなんかないぞ!

明日は長良川競技場で佐川急便SC戦

明日は岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場で、第9回JFL後期第16節・佐川急便SC戦。

今年最後のホームゲーム。

今年最大の一番。

佐川急便SCに勝つことも、2連勝することも、3位に入ることも、自分たちの力でできるのです。

応援しましょう!

僕は、今年最後の観戦です。2007年JFLを戦った、このFC岐阜というチームをしっかりこの目に焼き付けてきます。

地域決勝大会始まる

「日本一過酷な大会」、全国地域リーグ決勝大会が始まった。

去年、高知でのFC岐阜の一次ラウンド、速報で入ってくる池元のゴールラッシュに興奮したのをよく覚えてる。
僕は大分の決勝ラウンドを見に行ったが、見てる者にとっては本当に見応えのある試合ばかりで面白かった。

今年も、Jリーグ準加盟クラブ・ファジアーノ岡山のJFL昇格はなるのか、ホンダロックが復帰するのか、池元のいたニューウェーブ北九州はどうか、バンディオンセ神戸や静岡FCの悲願はかなうのか等々、特に応援するチームが無くても興味深い。

1日目の結果だけを見ても、まだどこが決勝ラウンド進出に有利かわからないねぇ。

それにしても、Dグループの戸塚監督率いるFC Mi-O びわこ Kusatsuは、えらい大量点を取ったようで。
せっかく北信越を制した松本山雅も、2日目がセントラル中国であることと地元開催であることを考えても、果たして決勝ラウンドへ進出できるのかどうか。
色々考えると、見たい試合がいっぱいあるなあ。

今年はJFL昇格枠も広く、Jリーグ目指すチームもいくつか上がってくるだろうが、FC岐阜としてはそれらの昇格チームと、来年戦わなくてもいいようにならないとね。

しかしPK戦で勝ったら、勝ち点2というレギュレーションはまだそのままなんだねぇ。

大友慧

多くの人の前で活躍するプロ選手はやはり違う。子供に夢や希望を与えた。(22日・Cスポコラム)

FC岐阜の理念通り、「子供たちに夢を」与える大友慧
ずっと岐阜でサッカーを続けて欲しいね。

去年は、その一蹴りでFC岐阜を沈めて(orz)、TDK SCをJFLに昇格させた。
今年は、そのFC岐阜をJリーグに上げるためピッチを走り回っている。 活躍を願わずにはいられません。
応援しましょう。

Cspo

まだ想定の域を超えてない

まずは4位以内に入る。話はそれからだ。

Jリーグとしては、FC岐阜がJ2参入条件を満たすことを想定して、色々と決めておかなければいけないが、それが現実のことになるかどうかは、まだ神のみぞ知るという段階。

3回戦制は6月ごろにも話題になった。その時はまだ検討しているという状態だったのが、今回は決定ということで、J2クラブのサポも騒いでいる。
それに公式の、J昇格を内定させるという書き方などからして、もう財務面はクリアできた雰囲気もある。(増資に関してはロッソ熊本も同様)
というわけで、神のみぞ知るという段階にもかかわらず、サポとしてはJ2参入が現実的なものに感じられ、ドキドキしてしまうわけですよw

しかしこれで次節、Hondaとアローズが勝って、岐阜が佐川に敗れることになれば、一気に窮地に立たされてしまう。 佐川とドローなら、まだ自力4位の可能性があるが、その場合でも最終節、アローズらと熾烈な得失点差の争いになる。
そう、自力で3位に入れるといっても、同時に崖っぷちに立っているようなもの。

やはりどう考えても、

佐川急便SCには、負けるわけにはいかない!  もちろん、高崎にも!

25日はみんなでスタジアムで応援しましょう



しかし、ピッチを2メートル伸ばすって、3月の開幕までにできるのかなあ?

岐阜のローカル線

18日にFC岐阜Bチームの試合を見たあと、本巣駅から大垣駅まで樽見鉄道に乗りました。
本巣駅

まず、昭和の香り漂う便所に感動。便所と書いてあるところがいいですね。
便所
受け皿つきの小便器を、ものすごく久しぶりに見ました。昭和31年という文字を見ましたが、国鉄樽見線が開業したのが昭和31年らしいので、建物は51年ほど使ってるということなんでしょうか。

本巣駅には車両基地があります。ホームは島式1面2線。
ホーム

車庫の前に、レールバスが停車してます。
レールバス
手前から、淡墨桜やほたるなどが描かれた車両、故池田満寿夫氏デザインの塗装がされたもの、少しだけ見えるピンクの車両はモレラのラッピングのモレラ号。

ブルートレインのような客車も留置されています。廃車されてるらしいです。
客車


このレールバスも廃車されたもののようです。
機関車、レールバス
一緒に留置されている機関車は、廃車されているのかどうかはよくわかりません。

樽見鉄道の文字が見えます。
機関車

僕の乗ったこの車両は一番古いものらしく、普段は予備車両として車庫にいるそうです。
大垣行き
混んでいてびっくりしました。いつもたくさんのお客さんが乗ってるといいですね。
客車列車も貨物輸送も運転を終了し、今はレールバスのみの運行ですが、ずっと存続していって欲しいです。

サッカー観戦のおかげで、岐阜県内でさえ、いろんな初めての場所へ行けるし乗り鉄もできます。楽しいですねぇ。

Bチームの画像など

18日の掛洞グラウンドで行われた、FC岐阜Bチームの試合の画像などを。

相手は首位のチームらしく、前半は早い寄せと厳しい当たりで守って、時折り鋭いカウンターを見せ、ヒヤッとする場面も。岐阜BはなんとかCKから1得点。
しかし後半、足が止まりだすと、岐阜Bの選手のスピード、テクニックに振り切られるようになり、岐阜がポンポンと3得点。
一番強いところに勝ったので、残りも全勝して県リーグへの入れ替え戦に進出できるでしょう。(今年は勝ち点?6からスタートしているが)

スタメン2トップ。
2トップ
26番の選手はみんなから「ナベ」と呼ばれてたが、新加入の選手のようです。公式は試合日程以外、Bチーム情報を載せてくれないのでわからないことがいっぱい。

1点目は、松井のCKが直接入った模様。
1点目

遠山深。
遠山

松下。
松下

GK佐野と、横山。1回だけゴールキックを蹴ってもらってた。
横山、佐野

相手ベンチに挨拶。
挨拶
10人ほどの岐阜サポにもちゃんと挨拶してくれた。

中川パウロ選手や佐野選手などは初めて見た。
高橋宏典選手は久しぶりに見たね?。東海2部の時の石垣池公園での決勝ゴ?ルを思い出す。彼らがいて、今のFC岐阜があることを忘れてはいけませんね。

早く、芝のグラウンドで全試合できるところまで昇格できるといいですね。応援しましょう。

雨の掛洞グラウンド

20071118134817
FC岐阜B4ー0各務原BROTHERS

後半3得点。足止まるかどうかに大きな違いがあった。
岐阜サポ10人くらい。
仁賀保の時より確実に気温は低いな。寒いっす。

ガイナーレに勝利

JFL後期第15節 2007.11.17 鳥取市営サッカ?場バ?ドスタジアム
ガイナーレ鳥取 0-3 FC岐阜
FC岐阜の得点 相川(PK) ジョルジーニョ 高木

FC岐阜のスタメン
GK 日野
DF 李(75分齋藤) 深津 菊池 平岡
MF 北村 小島(79分吉田) 大友(71分ジョルジーニョ) 高木
FW 片桐 相川

自力4位以内まで、あと勝利二つ。試合も二つ。

J2の扉に手をかけるまで、あと二つ。このチームで戦えるのも、あと二つ。


ぬりかべは乗り越えた。
次は、今年のJFLで最も高い壁を乗り越えよう。 応援しましょう。

明日は鳥取でガイナーレ鳥取戦

明日は鳥取市営サッカ?場バ?ドスタジアムで、
JFL後期第15節、今年最後の準加盟ダービー・ガイナーレ鳥取戦。

準加盟クラブとは、前期は3戦3勝。
後期、栃木SCには見事に倍返しを喰らって通算1勝1敗。
ロッソ熊本とは、なんとか引き分けて1勝1分。

ということは、ガイナーレ鳥取には見事連勝して2勝0敗となるはず。 だと思う
ガイナーレは、今年の4位以内の可能性はすでに無くなっている。
前節アローズ北陸を叩いてくれたのも、先にJリーグで待っててくれという、FC岐阜への援護射撃に違いない。 と思う

しかし、岐阜に上がってもらえば来年のライバルが一つ減るずなのに、なぜか先輩としての意地を見せてしまったりするから、サッカーはわからない。
しかもガイナーレは最近6試合負け無しと、好調を維持している。
とにかくこの終盤、やりやすい相手などない。どんな形でもいいので勝利を掴んで欲しい。

ところで、TDK SC戦のFW相川進也のシュート数は0に終わっている。
ガイナーレは好調なだけに、逆に相川がゴール前で足を振るスペースもあると思う。
味方も相川にシュートを打たせてやって欲しいところ。
もちろん、他の選手がゴールを決める形になっても全然かまわないが。

あと3試合。 負けるわけにはいきません。応援しましょう。


僕は18日の行事は出なくてもよくなったのですが、明日は仕事もあるしお金もないしで、行けません。
行けない人も念を飛ばしましょう。


フン



みちのくひとり旅

TDK SC vs FC岐阜を観戦するために、東北へ生まれて初めて行きました。
その時の画像などを。

行きは、富山まで家族と車で来て(家族はホテルに泊り、次の日富山で遊んでから帰りました)、富山駅から乗車します。
富山駅

1時1分発、青森行き・寝台特急日本海3号です。
日本海3

1週間前に切符を買いましたが、もう上段のみ三十数席しか空いてませんでした。
上段
上段には窓がありません。

酒田駅に7時少し前に着きました。
日本海3号

酒田駅で途中下車し、時間つぶしのために徒歩30分のところにあるガストで朝御飯を食べました。
酒田駅

酒田からは、秋田行き普通電車で仁賀保へ向かいます。
秋田行き

途中、鳥海山が見えます。雲のかかった部分には雪が積もってました。
鳥海山

仁賀保駅です。10時27分着。
仁賀保駅
このころは晴れ間も見えたのですが、試合開始1時間ほど前から雨になりました。

雨中の激戦を見てから、また仁賀保駅へ向かいます。
途中、車に乗った60過ぎくらいのオジサンに、「サッカーどうだった?」と聞かれ「引き分けでした」と答えると、とても残念がってましたが、地元じゃ、TDK SCもその観客動員からしても、結構人気があるんだなあと、思いました。もっともオジサンは、僕の着てるレプユニがFC岐阜のものであることまでは、わからなかったようですが。
続きを読む

夕刊ギフニチスポーツ Vol.1 No.3

秋田は遠い

G紙 G新聞FC岐阜担当・S記者は、またも情報の少ない遠隔地アウェーの取材をしなかった模様。
 G新聞紙面の写真は秋田魁新報社の提供、記事も試合の内容に言及したものではなく、遠征しなかったブロガーがするような、今後の勝ち点の計算。これからすると、筆者も現地では、大雨のためS記者の姿を確認する余裕は無かったが、取材に来てなかったのは明らか。先日は、甲子園出場のかかった高校野球の取材より、FC岐阜の試合(三菱水島戦@美作)を優先。これで、残りのリーグ戦を全て取材し、スポーツ面で大きく扱ってくれるものと確信したFC岐阜サポーターの喜びも束の間、逆に、果たして鳥取や高崎に取材に行ってくれるのか、という不安がサポーターを包んでいる。
 さらに記事の内容が、佐川急便には勝てないことを前提としたようなネガティブな、いわばいつものS記者節全開のもの。ここは、自力で4位以内に入れることを前面に出して、前向きな記事を書いて欲しかったところ。しかしながら、これまで「大量得点だ」「格下相手だ」と、試合前に煽ったにもかかわらず、実際の試合では逆の結果が出たことが多々あった。これを考えると、岐阜の厳しい状況を強調してくれた方が、いい結果を生むことになると、読者は前向きに捉えるべきだろう。
 残り3試合、取材して新聞で大きく扱って欲しいというサポーターの願いが届く事を祈る。

識者の声
「冠婚葬祭があったか、風邪ひいて熱でもあったんでしょう。」(金津学園大学・於保 剛教授)

雨のTDK SC戦

JFL後期第14節 2007.11.11 仁賀保総合運動公園多目的広場
TDK SC 0-0 FC岐阜

FC岐阜のスタメン
GK 日野
DF 李 深津 菊池 平岡
MF 北村 小島(82分齋藤) 大友(65分ジョルジーニョ) 高木(77分和多田)
FW 相川 片桐

試合内容は、雨で集中力が無く覚えてません

ただ、
ナオキが久々のスタメンで、左サイドの守備が安定してたことや、
岐阜の選手が、ゴール目指して激しく攻める。それをTDKの選手が必死に跳ね返す。
それはよくわかった。

やっぱり、雨は苦手だ。今度遠征を考える時、屋根無しの会場は絶対やめる!と、真剣に思った。
まあ、行ければ行くんだろうなあ。懲りることなく。

残り3試合、まだ自力で4位以内に入ることができる。
選手は冷たい雨の中、よくやってくれてた。
勝ち点3を取れなかったことは残念だが、勝ち点1の上積みは大きいと思う。

こりゃしかし、最終節まで決まらないんだろうな。
僕は、最終節遠征できないが、FC岐阜が4位以内に入ってくれれば言うことないっす。

残り、相手がどことか関係なく、勝利目指して応援しましょう。

国道7号方面から見た会場。  メインスタンド。           選手は階段を下りて入場。
ローソンから 会場 入場

野球場も兼ねた会場のため、バックネットとベンチが見える。      スタメン。
挨拶 お山に風車が スタメン

隆二。                雨が激しいのがわかる。      CK前の片桐。
キャプテン 片桐 片桐コーナー

和正。                後半はこんなシーンの連続。
和正 ゴール前 ゴール前2

大友、惜しくも恩返し弾ならず。                     握手を忘れてサポに向かう日野。
大友CK 大友交代 終了後

シャワーは隣のプールで。     ホテルのバスで送迎。働くダックさん。
プール ダックさん

雨だし、暗いし、写真がいつも以上に上手く撮れなかった。
せめて、ちょっと大きくしてみました。

富山の名称

JFLでFC岐阜やHonda FCと激しい順位争いを繰り広げる、富山のYKKAP SCとアローズ北陸が合併してできる新チームの名称が、

カターレ富山 
     

決定した。

岐阜サポとしては、先にJ2へ上がれるかもしれないのにもかかわらず、いろんな面で富山の合併チームにコンプレックスを感じていた。

しかし、

かっこいい名前じゃなくて、ちょっと安心したょw

でもまあ、富山のサポの皆さんも最初は嫌かもしれないけど、そのうち慣れて馴染んでくると思う。愛称はあった方がいいしね。  ちなみに僕も3案ほど応募したのは内緒ですw

ところでFC岐阜サポも近い将来、富山サポと同じ思いをするかもしれない、という覚悟は少ししといたほうがいいのかなぁ。

ドロー

20071111160749
冷たい雨の中、ゴールに向かって走ったが、TDKの壁は破れなかった。

残り3試合で、3位、4位争いがさらに混沌としてきた。
う?む、ヒリヒリするなあ。


追記

そういえば、半袖ユニの下に長袖白シャツ着てたなぁ。
ホームでは緑の長袖シャツ着るのかなぁ。

面倒見てください!ミズノ様m(__)m

明日は仁賀保でTDK SC戦

明日は秋田県仁賀保総合運動公園多目的広場で、JFL後期第14節・TDK SC戦。

あと4戦。もちろん相手は強いですが、この試合も必勝です。

そんな中で見所。

大友慧が恩返し弾を決めるか!?

前期はベンチ入りできなかった大友だが、この試合先発して、古巣相手にぜひゴールを決めて欲しいっすね。

もうひとつ。

秋田国体のリベンジなるか!?

先の秋田国体では、FC岐阜B中心の岐阜県チームが、TDK SC単独の秋田県チームに善戦したのだが、惜しくも敗れた。
去年の地域決勝での借りは、前期メモリアルできっちり返した訳だが、今度は国体のリベンジを同じ秋田の地で果たして欲しいっす。

試合内容は問いませんw   応援しましょう!


僕は土曜日、午前中地域のリサイクル活動に参加。午後から仕事。
そして夜、これに乗って秋田へ向かいます。
東北地方は行ったことがないのと、寝台特急&復旧した高山線乗りたさで、秋田遠征用の裏金はキープしてありました。
雨予報の中、会場は屋根が無さそうなのでちょっとつらいんですが(軟弱者w)、ま、それもアウェーの洗礼ということで。 

相川進也

Cspo 相川「ゴール前で足を振らないと始まらないだろう」

ゴリ様が、相川進也にFC岐阜への移籍を決意させた口説き文句だ。 かっこいいのぅ
8日のCスポに載ってた、相川の記事の中にある。

相川はJ1で2得点、J2で26得点している。
去年の天皇杯では、J1チームから2ゴールを奪って、さあ今年はJ2で2桁得点を挙げ、チームとともに、あるいは自分一人でもオファーを貰ってJ1へ、と考えてたかもしれない。しかし、監督が代わって今年は出番を失ってしまった。
そこに、の口説き文句である。やはり選手は、たとえ1カテゴリー下のリーグであっても試合に出ないと始まらない、ということか。

僕は、水島戦の決勝ゴールのあとのものすごい喜び方を見たら、点を取らないといけないというプレッシャーとともに、ストライカーとして試合に出て点を取る嬉しさもあるんだな、と思った。
(てっきり、実績からしてゴール後は、決めて当然と軽くガッツポーズするくらいだと思ってた)

相川が試合に出だしてから4試合、岐阜の得点は、3、2、3、3と、後期に入ってから多くて1点しか取れなかったこと考えると、飛躍的に増えている。
「FC岐阜はやろうとしていることが統一している。強い気持ちもある」(相川)というように、攻撃面でチーム戦術が成熟してきたことや、もう負けられない状況になって選手の気持ちも強くなってきたこともあるだろうが、この得点力アップは、相川効果と言っていいと思う。
相川加入によってFW陣も刺激を受けてるだろうし、チームとしても、去年同様、新加入FWが32番付けてゴ?ルを量産してくれるという、いいイメージを思い出してるということもあるだろう。


ちなみに、去年の池元は、強いチームをより強くしてくれたという感じだったが、今年の相川は、チームの危機的状況を救ってくれた「救世主」にも感じられる。

自身の得点は2点で、まだゴールを量産してるとは言えないが、これからもいいところでゴールを挙げて岐阜を勝利に導き、J2へ上げてくれたら(財務状況をクリアできたとしてだが)、ほんとに救世主伝説として後々まで岐阜の地で語り継がれるであろう。
って、ちょっと大げさに書いてみたがw、そのくらい期待してるってことです。

もちろん、J2参入できたとしたら、それはチーム全体で勝ち取ったもので、相川一人のおかげ、というわけではないんだけどね。

とにかくあと4試合、全勝目指して応援しましょう。

ぜひとも佐川に勝って3位に

1999年に新JFLが始まってから、同年に設立されたJ2へ参入したのは5チーム。
そのうち、横浜FC、大塚製薬、愛媛FCは優勝して参入。
水戸ホーリーホックとザスパ草津は3位だった。
しかし、水戸は横浜FCと本田技研、ザスパは大塚とホンダという1位2位のチームから、それぞれ1勝づつ挙げている。

FC岐阜も財務面がクリアされて、4位以内ならば参入できるとなった場合、やはり上位のチームから勝ち星を挙げ、3位に入って加盟承認となれば、今の状況からすると最高であろう。

つまり、ロッソには勝っているので、あとは佐川急便に勝ち、すべてドローだった富山勢には順位で上まわり、現在下位のチームには追い越されず3位になること。
それはJFL1年目としても、J2参入するチームとしても、決して恥ずかしい成績ではないと思う。

もちろんギリギリ4位でも、J2へ上がらせていただければ全然OKなんですけどね。

とにかく、

残り4試合全勝! したがって佐川急便SCにも勝利、そして3位へ!

これを目指して行きましょう! 応援しましょう!

まず全勝しないとね

中位からの脱却

J1名古屋が、いよいよ取るようだ。
毎年、中位なのはエイトが付いているからだ、と言われたりしてたが果たしてどうなる。
名古屋市は、面白くないということはないのだろうか。

僕は最近ほとんどFC岐阜一筋で、去年フクアリで一回だけ、今年は一回も名古屋の試合を見に行っていない。
来年は、ピクシーが監督になるみたいだし、ピクシー見たさに行きたくなるかも。

岐阜と名古屋が対戦する日が、早く来ればいいんだよね。できれば、ピクシーが監督のうちにね

3連勝

JFL後期第13節 2007.11.03 大垣市浅中公園総合グラウンド陸上競技場
FC岐阜 3-2 ソニー仙台FC
FC岐阜の得点 深津 小島 ジョルジーニョ

FC岐阜のスタメン
GK 日野
DF 李 深津 菊池 松田
MF 北村 小島(78分ジョルジーニョ) 大友(75分和多田) 高木(86分岩田)
FW 相川 片桐

まずは守備から入って、気が付いたら1?0になって勝っている。
ひとつも負けられない状況では、そういう戦い方の方が確実である。

でも、いいんです!

はらはらドキドキ、心臓に良くないFC岐阜劇場。今年も見るんです!

「2失点は反省材料」(by 松永監督)

この反省とは、悪いことをして廊下に立たされ、自分のしたことを悔いるのとは違う。
勝利という成功を収めた前の試合を、反って省みることによって、さらに勝利を続けよう、成功していこうという発展的なものだ。

ジョルジイラネ とか言ってたやつは、廊下に立って反省しなさい。

ところで、合併する富山勢のYKK AP、アローズ北陸と(Honda FCなどもからんではいるが)、こんな熾烈な順位争いをするとは。
これは、FC岐阜が今年昇格するから、来年1年、富山vs岐阜の隣県対決(高山線ダービー)ができないので、今年のうちにしのぎを削っておけ、という思し召しに違いない。

それにしても、アルテ高崎。
アローズに0?7で負けるって、どうよ?

今年は、富山の合併と、ロッソ熊本のJ2昇格が確実なため、自動降格がない最下位のアルテではあるが、地域決勝リーグ3位のチームとの入れ替え戦の可能性がある。
それを無くし、JFL残留を決めるためには、FC岐阜がJ2昇格するしかないはず。
なのに、岐阜のライバル・アローズにそういう負け方するって・・・・・・
ひょっとして、解散する気なのか!?


さて、よそ様のことは置いといて、あと4試合。全て勝てばいいんです。このままの勢いで連勝して欲しいですね。応援しましょう。

明日は浅中でソニー仙台FC戦

明日は大垣市浅中公園総合グラウンド陸上競技場で、JFL後期第13節・ソニー仙台FC戦。

ソニー仙台FCは、前節3位だった強豪・富山のアローズ北陸を、3?0で一蹴している。
これは同時に、FC岐阜の4位返り咲きのアシストにもなった。

かなりの強敵と思われるが、そこは世界のソニー様

刈谷のように岐阜に勝っておきながら、3?7位争いをするジェフリザ、YKK APに負けるなどという、とんでもなく非道い仕打ちを、この財務状況の悪いチーム相手にするわけがあるまい。

まあとにかく、相手がどこであろうとFC岐阜は勝つのみ。内容は悪くても勝つしかない。

あと5試合。  応援しましょう。



僕は、地域の登山(ハイキング?)に参加しなくてはいけなくなり、浅中へは行けません。
弁当食べて終わりみたいなので、テレポーテーションでも使えればなあorz

行けない人もみんなで念を飛ばしましょう。

ローカル線の画像など

美作遠征で撮った、サッカー以外の画像などを。

10月27日(土)はぎりぎりまで仕事をして、夕方家を出ました。
鈍行列車で高山線から東海道線を乗り継ぎ、米原で新幹線に。
新大阪駅で晩御飯を食べようとしましたが、9時過ぎでは営業している店が無く、駅弁を買ってひかりレールスターに乗り、乗車時間が30分ほどだったのでビールでご飯を流し込むようにして、姫路まで行きます。
姫路駅前のカプセルホテルで風呂に入って就寝。2500円でした。

翌28日、姫路駅6時55分発の列車に乗って、JR姫新線で美作ラグサカの最寄り駅・林野に向かいます。

朝日に照らされた、姫路駅の姫新線のホームと列車。
姫路駅

播磨新宮駅で乗り換えます。
播磨新宮駅
姫新線は、岐阜で言えば養老鉄道のような絵になるローカル線でしたねw

次は佐用駅で津山行きに乗り換えます。
佐用駅

林野駅には8時58分に着きました。降りた岐阜サポは僕一人。
林野駅
徒歩で会場に向かいます。

途中で、なでしこリーグ岡山湯郷Belleの支援自動販売機を見かけました。たくさんあるそうです。
Belle自販機
FC岐阜も、支援自販機をもっと増やして欲しいですね。

林野駅から美作ラグビーサッカー場までは、山を登るので40分くらい。帰りは早足でちょっと近道をしたりして30分で駅に着きました。
帰りの駅では、大垣からお越しのサポの方に声をかけていただき、佐用駅までご一緒しました。
湯郷温泉に前泊されたというリッチなそのサポの方は、姫新線で姫路駅へ。
僕は、佐用駅で智頭急行に乗り換えて、相生駅へ向かいます。
智頭急行1

途中、上郡駅からは山陽本線に乗り換えます。
智頭急行2

智頭急行は、京都と鳥取、倉吉を結ぶ、特急「スーパーはくと」を運行する第三セクターの鉄道事業者。
もし鳥取へ遠征できたとしたら、僕はその特急で行ったでしょうねえ。

上郡駅。相生行き普通列車。
上郡駅
相生から新幹線で帰りました。
相生米原間の方が、姫路米原間より840円特急料金が高いのですが、帰りはちょっとでも楽しようかと思いまして。

岐阜駅で途中下車し、噂のびったれ家へ行こうかと思いましたが場所がわからず断念、いつも行く(と言っても3回目w)のアスティ岐阜の居酒屋で一人祝杯をあげました。

そして、高山行き最終で家へ帰りました。
美濃加茂駅
この列車は美濃太田で24分も停車するのですが、その分、岐阜駅発の時刻を遅くしてもらえると、ナイトゲームのときはとても助かるんですが。
FC岐阜がJリーグに参入し、高山方面からJRでメモリアルに観戦に訪れるファンが増えれば、JRも考えてくれるでしょうか。 まあ、観戦に来てもほとんど車でしょうねぇ。
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。