応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウェーで勝つ

J2第10節 2008.04.29 笠松運動公園陸上競技場
水戸ホーリーホック 1?3 FC岐阜
FC岐阜の得点 森山×1 片山×2

ゴリ様、Jリーグ7年ぶりゴール おめでとう!
FC岐阜が好きならば、森山起用に疑問を挟む余地は無いはず。

菊池完、30歳のJデビュー おめでとう!
岐阜へ来て夢が叶って、僕らもうれしいぞ!

梅田高志、有給休暇 しっかり休んで!
足がもつれて、トラップミスしてキーパーにぶつかってしまってのイエローだったが、右膝は相当悪そう。梅田がいないのは痛いが、足の治療ができると前向きに!


しかしこの試合、岐阜が横浜FC・都並サッカーをやってくるとは。
つまりベテランFWを先発させ、試合の流れを読みながら、後半の勝負どころでフレッシュな選手を投入し、試合を決める(え?ちと違う?まあ、全然違うわけではなかろう)
余裕を持ったボール回し、ボールキープを含め、こういうサッカーもできることを証明した。
やはり確実に、成長している。

この勝ちは、連休ホーム2連戦にいい感じで繋がるはず。  さあ、長良川へ行って応援しよう!!
スポンサーサイト

明日は笠松で水戸戦

明日は茨城県の笠松運動公園陸上競技場で、J2第10節・水戸ホーリーホック戦。

おそらく先発するだろう、深津康太。試合に出続けている選手と比べて、ずっと元気なはず。

勝手知ったる笠松で、2人分くらい走り回って疲れの見えるディフェンスラインを救ってくれ!

CBを組んだ時間からすると、深津は川島より菊池完とのほうが、コンビネーションは熟成されていると思われる。この際、深津・菊池の去年を思い出すCBコンビの先発ってのもいいなあ。
連休のホーム2連戦でいい試合を見せてもらうために、ここはターンオーバーも有りだと思う。去年とは違うからね。旅費の関係でかなわないことなら仕方ないが・・・

水戸は、岐阜が5本しかシュートを打てなかった仙台相手に、20本のシュートを打って3得点を挙げている。初のフルボッコ喰らう相手が、水戸チャンさんってのも歴史に残るなぁ

いつものようにチャレンジして行って、ボコリ合うのもまた、今の岐阜らしくていいか!
そういう楽しい試合はホームでやって欲しいけどね。

とにかく、怪我無くイエロー貯めずに帰ってきて欲しい。できれば勝ち点お土産に。
応援しよう!念を飛ばそう!

僕は明日、また地域の行事。出番は午後なので、スカパー録画して、なんちゃって生中継で観戦する予定です。

オフろの過ごし方。

BOKKAの湯

乳搾り 昨日は、温泉「牧華」に行って来ました。温泉の前には「牧歌の里」で、ピザ作り体験、乳搾り体験などをしました。
子供達は乳搾りが気に入ったらしく、3回ほど並びなおしてやってました。

僕としては、仕事もFC岐阜も無い日は、正月以降3回目くらいかな。

家へ帰って来てすぐ、子供と一緒に寝てしまいました。

さてと、疲れは取れたかな?。

 


連敗

J2第9節 2008.04.26 平塚競技場
湘南ベルマーレ 4?2 FC岐阜
FC岐阜の得点 川島 OG

小峯に有給休暇を強制的に取らせることができたわ!

こうでもしないと、ウチの選手は無理してでも頑張っちゃうからなー。

しかし試合は、相当ボールを支配されて、後半なんかほぼサンドバッグ状態だったにもかかわらず、ちゃんと見せ場も作って2得点も挙げた。 
FC岐阜はただでは終わらぬ。 応援のしがいがあるチームだ。

もしかして2005年以降、4点取られたの初めてか?
これからもいろんなことを経験するのだろう。 フルボッコってのも経験するんだろうなぁ
そういう経験も糧にして、クラブには成長していって欲しいね。

さあ、落ち込んでる暇は無い。
スパっと切り替えよおっ

今日は平塚で湘南戦

本日は平塚競技場で、J2第9節・湘南ベルマーレ戦。

ある意味今J2のなかで一番強いチームと思われる相手(岐阜)

勢いなどではない。岐阜の強さは本物

湘南・菅野将晃監督 談

ひょっとして、ほ、褒め殺しっすか!?

昇格候補の監督に、こんな作戦まで使わせるとはw
FC岐阜も、すっかり警戒されるようになったものだ。
ナメてこられたり、受けに回られたりしなくなるのは戦いにくいかもしれないが、チームが認められてきているということなので、喜んでおこう。

しかし、あくまでも岐阜はチャレンジャー。
格上チームに向かって行こう。応援しましょう。
本音は、湘南、水戸戦はなるべく消耗しないで帰ってきて、ホーム2連戦に臨んでほしいが。
とにかく、怪我無く、カード貰わず。

さてあとは、ジャーンに跳ね返されても、アジエル、リンコンに決められても、「お金の差」などと嘆くのは無し!


僕は今日も仕事ですが、試合の時間だけ何とか・・・(迷惑かけた方、ごめんなさい)
アウェーにこそ、愛。

ハードスケジュール

J1経験チームとの厳しい5連戦、「チャレンジファイブ」も26日のアウェー・湘南ベルマーレ戦で最後。
しかしその後、中2日でアウェー・水戸戦、中3日でホーム・愛媛戦、中2日でホーム・鳥栖戦、中4日でアウェー・熊本戦と、スケジュールはかなりハードになっている。

さすがにここを、すべて同じメンバーで戦うのは難しいだろう。
コンディションが良ければ、深津や大友、薮田、岩田といった選手を先発で見てみたいなと思う。

この5試合中、ホームの愛媛戦と鳥栖戦は、前節の横浜戦のように勝利を目指してアグレッシブないい試合をして欲しい。
アウェーでももちろん勝たなくていいわけは無いが、リトリートするとか引き分け狙いの戦い方をするとか、そういうのも全然OKかと。
とりあえず湘南戦と水戸戦は、怪我無く警告貰わず無事に帰ってきて欲しいね。
ところで、この2試合の遠征中は岐阜へ帰って来ないので、ベンチ入り選手は同じになるんだろうか。そうすると新しい選手はなかなか連れて行きにくいかな。どうなんでしょう。


さて、ホームの2試合は5月3日と6日なのだが、4月26日開幕の岐阜スポーツフェアの一部になっている。
この間、メモリアルセンターでは様々なイベントが行われる。伊達公子とか、中日2軍とか。
かなりの人出もあると思うので、公共交通機関で行きましょう。
他のイベント見に来た人にも、FC岐阜を見に長良川競技場に寄ってほしいなぁ。


岐阜に負けると

これまでFC岐阜に敗れた3チームの、その後の成績。

モンテディオ山形 2勝2分 負け無し

徳島ヴォルティス 3勝1分 負け無し

アビスパ福岡   好調・サガン鳥栖に2?0で勝利


これは単に、格下新参チームに敗れて目が覚めた、ということなのか。
いや、FC岐阜・松永監督の言う「我々はJ2の1年生ですので、すべてのチームが我々よりも格上のチームですから、その中で何をベースにしていくのかと言ったら、気持ちの部分であったりとか、フィジカル的な部分であったり、走れる力であったり、そういう部分」を目の当たりにして、さらに全員がひたむきにプレーする岐阜の選手にサッカーの原点を見て、目が覚めたということだろう。それって負けなかったチームだって同じじゃね?

いずれにせよ、何が言いたいのかというと、

その後の快進撃は約束されるんで、FC岐阜には負けておくといいよ、対戦チーム様

とまあ、そういうことです。

横浜FC戦

J2第8節 2008.04.19 岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場
FC岐阜 2?3 横浜FC
FC岐阜の得点 片山 吉村

この日は、メインスタンドに入ると、VIP席がいつもより多くキープされてあった。
カズが来るなら見たい、と初めてお越しいただいたVIPな方々がいたのであろう。
奈須のスローインを見て「すごく遠くまで投げるなあ」と、ざわめきが起きてたことからしても、少なくとも今年初めてなのは間違いない。
一般のお客様の中にも、そういう人は結構いたと思われる。

そのような人たちにまた来てもらう、支援をしてもらうために、FC岐阜は、いつものようなひたむきに走ってチャレンジしていくサッカーをした。
それでいいんです。それは間違いなく伝わったと信じてる。

ところで、これまでは岐阜がJ2で戦ってることがうれしくて、格上チームと堂々と渡り合う選手を見るだけで満足、負けても悔しくは無かった。しかしその奮闘ぶりを見てるうちに、世間の岐阜を見る目が変わってきてるのも感じ、徐々に考えも変わり、この試合からは、ピッチの上では格上も格下も無い、金持ちも貧乏も無い、古参も新参も無い、選手は同等、岐阜も立派なJチーム、そう思えるようになっていた。したがって、↓当日のエントリーで書いたように、J2へ上がって初めて負けて悔しかった。

しかし今年は降格は無い、昇格を考えるのはまだずっと先。欲しいのは勝ち点より、お金を払って見に来てくれるファン、支援いただけるスポンサー様である。
今のサッカーを続けてれば、それらは確実に増えるはず。
あまり勝ち負けにこだわると、特定の選手や采配を叩く、嘆く、試合後にキレるやつが現れるなど、芳しくない状況も生まれるだろう。
岐阜に、子供たちに夢を与えるJがある喜びを噛み締め、応援していこう。


横浜FCサポのみなさん。
浜サポ


池元とタッキーの横断幕。
横断幕


岐阜グランドホテルのカレー。
ホテルのカレー
噂ほどルーは少なくなかったね。

あと少し。

水谷がGKだったんだが、アツのミドルシュートを2本ほど止めた時は、涙でそうだった。
去年の12月には、土のグラウンドで8部の公式戦に出てたんだよね。5ヶ月後にはJ2デビューだもんな。おめでとう!

決勝点が決まった時、横浜ベンチ喜びすぎw
まるで優勝したかのよう。岐阜からすると、勝って当然という態度取られるよりいいか。

どうせなら決勝点は、池元に決めて欲しかった。
それならもう完全に、敵にしか見えなくなったろうに。
久しぶりに見る池元は、そのさわやかな笑顔、キレキレのプレー。岐阜での活躍が蘇ってきた。
まだ、未練が残りそう。

今年初めて悔しい

20080419171242
しかし、どんな時もゴール目指して攻め続けるサッカーは、きっと観客増につながるはず。
それにしても、すっかり強豪チームとも対等に戦えるようになったな。相手もそう見てきてるから、これからさらに頑張ろう!

明日はホームで横浜FC戦

明日は長良川競技場で、J2第8節・横浜FC戦。

カズ目当てで来て、FC岐阜を初めて、あるいは久しぶりに見るファンに、次も来てもらえるような内容の試合をして欲しい。
今年の、ひたむきに走るサッカー、楽しそうにプレーする姿を見れば、そういうファンにも必ずFC岐阜のすばらしさがわかるはず。

そしてできれば、勝って欲しい。
J1経験チームには、そんなに勝つチャンスはない。
しかし、今回はそのチャンスはあると思う。
スカパーで山形vs横浜を見たが、まだ横浜は調子が上がってないように見えた。
さらに、山形の二十歳の2トップ・長谷川悠(FC岐阜在籍暦有り)と坂井将吾(パッション水谷と四中工で同期)の活躍が、岐阜の片山、片桐にダブって見えた。
経験も自力もある横浜FCが、今後調子を上げていけば、勝てるチャンスは今回だけかもしれない。
(岐阜もどんどん成長して、強くなっていくと信じているが)

とにかくいい試合をして、勝って、観客動員数が伸びていくことを願って、応援しよう!


というわけで、見所、豆知識など。

カズさん、ゴリさんのカリスマFW対決なるか。
カズさんの今季これまでの平均プレー時間、56.75分。
ゴリさんは平均81.4分たったところで交代出場する。 むぅ・・・

ガチャのバースデーゴールなるか。
久しぶりにガチャゴールが見たい。

高木和正と池元友樹は仲がいい。

奈須伸也と長谷川太郎はホモかと思われるぐらい仲がいいらしい。(SHINYA-BLOGより)

相川進也はカズダンスをしたことがある。
さすがに、カズさんの前ではできないらしい。
でも、ゴールは決めて欲しいなあ。

toto投票率が、FC岐阜のほうが高い。
横浜の選手が、これ見て燃えなければいいが。

しかし最近、J2の中で、FC岐阜の存在感が徐々に高まっていってるのがわかる。
岐阜県のなかでも、存在感が高まっていくといいなあ。

2周年

2年前は、自分がブログを2年も続けているとか、FC岐阜がJリーグにいるとか想像もつかなかったですよ。
何の役にも立たないバカブログですが、今後ともよろしくお願いします。

フジヤ

次も強敵・横浜FC

FC岐阜が次節(19日)対戦する、J1経験チーム・横浜FCには多くの有名選手、岐阜サポ、元グラサポとして印象深い選手が在籍する。

三浦知良
キング・カズ。説明不要。長良川では、その体から発するオーラを拝みたい。
長良川で、カズを見られる時がやってくるとは。

三浦淳宏
元日本代表。Jリーグでの直接FKによる得点の記録を持つ。無回転のFK、強烈ミドルは脅威。
5節・水戸戦で試合を引き分けに持ち込んだブレ球ミドルは、物凄かった。
見たいような気もするが、やっぱり岐阜戦では見たくないような。

池元友樹
2006年、地域決勝大会でFC岐阜の一員として大活躍。
池元のおかげで、岐阜は勝ち抜けたと言っても言い過ぎではないと思うが、僕は池元がいなくても勝ち抜く力は当時の岐阜にはあったと信じている。池元がいなかったら今の岐阜は無い、というような言い方は岐阜の選手達に失礼である。
しかし、鋭いドリブルとスピードでピッチを駆け回り、その決定力の高さでゴールを量産した姿は、舞台が地域決勝という日本で一番過酷で、特異な雰囲気の大会であったこともあり、岐阜在籍が短い期間であったにもかかわらず(あったからこそ)、あまりにも強烈に岐阜サポの印象に残っている。
Jでの再会を楽しみにしていたサポは、僕を含め数多いはず。 一年で彼に追いつけたとは。

滝澤邦彦
名古屋サポには記憶に残る選手。
名古屋時代、監督のズデンコ・ベルデニックが「レアル・マドリードでも通用する」と言ったという、高い個人技を持つ左利きの選手だったが、球離れが悪く(去年までの誰かさんのようw)活躍したのかしてないのかわからぬまま、その後チームを転々とする。2005年のジェフ時代、名古屋との開幕戦で使えないと思っていた右足で巻の同点ゴールをアシストし、名古屋サポを驚かせると同時に悔しがらせた。
最近はシンプルなプレーをしているようで、去年、J1でチームアシスト王になるなど地味ながら活躍している。

吉本岳史
名古屋時代、ファン感で女装して「高知のママ」と呼ばれてたのは遠い昔のような気がする。
2005年、深津康太が水戸でCBとしてレギュラーだった時の相方。
得点能力も高く、強烈なFKも持つ。が、横浜では三浦淳がいるため蹴らせてもらえない。
岐阜がJへ上がった時、僕は密かに、来ないかなぁと思ってました。

御給匠
去年JFL・佐川急便SCで、現水戸の堀とともに岐阜の天敵だった男。
横浜は、御給、池元の2トップで来れば、岐阜に勝つ確立が上がる・・・ような気がする。


さて、個人的に見てみたい選手を挙げてみたが、やっぱりカズは別格。
サッカーにあまり興味が無い人でも知っている。

「カズ、岐阜へやって来るのは三浦カズ。」(岡ちゃん風に)

さあ、19日は長良川競技場へ行こう!

ブログ新オープン

FC岐阜STAFFBLOG内で、広報日記『アテ・アマニャン』に続いて、運営ブログ“新米ピッチマン”グリーンズブログ”緑の下の力持ち”が新しく始まりました。
公式で、裏話的な情報も知ることができるのはありがたいですね。
選手ブログの更新も楽しみに待ちましょう。


さて、僕は日曜日も仕事だったので、Secondの試合やTMを見に行きたかったのですが行けませんでした。僕の場合、岐阜へ行くのも遠征。毎週遠征しててはお金もなくなってきますので、まあ、よかったのかもしれません。公式は、Secondの試合結果はアップしてくれましたが、Secondのメンバーと日程くらいは載せて欲しいですね。

ところで、少し体調を崩してしまったのですが、この歳になると週に1日くらい、家でゴロゴロしてるだけの日というのを作らないと体が持たないのかもしれませんね。「最近、一晩寝ても疲れが残ってるんだよなあ」と同級生に話したら、「当たり前だ」と言われました。当たり前なんですねぇ。まだ若いつもりでいましたがorz

さあ、仕事は休んででも土曜日までに体調を戻さないと!

J1経験チームに初勝利!

J2第7節 2008.04.12 レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡 1?5 FC岐阜
FC岐阜の得点 片桐×2 高木×1 梅田×2

片桐淳至 Jリーグ戦、初ゴールオメデトウ!
笠工卒業してプロへ入って7年目。今年J2で7試合目。ちょっと遅かったけど、真面目にやってきて(真面目じゃない時もあったがw)よかったね これからも頼むよ!

チームもこの結果に自信を持って、J2に岐阜旋風を巻き起こそうっ!

こういうこともするんですねw確かに、試合毎に成長し強くなってる実感はある。
しかし、あくまでJリーグでは33番目の格下チーム。
驕ることなく、さらにチャレンジを続けて欲しいね。

調子に乗りすぎてはいけないということを、普段沈着冷静な某ベテラン選手が、イエローまでもらい身をもって示してくれたぞ(苦笑



さて、今回のスカパーの中継で印象に残ったのは、服部浩紀のぼやき解説
スカパーは、色んなマニアックな解説者の話が聞けるのも楽しいね。

本日はレベスタで福岡戦

今日はレベルファイブスタジアムで、J2第7節・アビスパ福岡戦。

J1経験チームと、これまで4戦2分2敗、得点2。
確かによくやってるが、実際厳しい数字でもある。

しかし、今西GM曰く「長くサッカーしてきたが、こんなに毎試合成長しているチームは初めて」というFC岐阜

J1経験チームから、勝ち点3を奪う日も遠くないはず。
それが福岡戦になることを願って応援しよう!

少なくとも得点1か勝ち点1は、お土産にしてくれるとうれしい。
いずれにしても、誰も怪我しないで無事帰ってきて欲しいね。


僕は、今日は午前地域活動、午後仕事です。今年初めて、リアルタイムでなくスカパーの録画で見ます。
できれば、スカパーの番組内で岐阜FCとか言いやがった森田みきリポーターに、FC岐阜の勝ち試合をリポートさせたいぜっ


続きを読む

新番組

G紙以前、「15分?30分くらいの応援番組作って欲しいなあ」と書いたが、ぎふチャンのゴォール!FC岐阜が拡大・レギュラー化されて、10日始まった。
選手の生の声など聞きたかったので、ありがたいです。

で、第一回の高木恵子アナ、カミカミだったな 目も泳いでたし

FC岐阜ともども応援したいっすね。これからもよろしく




広報日記『アテ・アマニャン』

2月、1年4ヶ月ぶりに更新されたプレーヤーズブログだったが、4日ほどで更新が終わってしまった。
それが今、広報日記『アテ・アマニャン』としてリニューアルされた。
広報だけではなく、選手ブログ、担当スタッフブログも今後、開設していくという。このSTAFF BLOGの中で全てを更新していくのか、新しくリンクを作るのかはわからないが、これは楽しみだ。練習の様子とか知りたいからね。
9日の練習は、僕が密かに専スタ建設候補地に推している(行ったこと無いけどw)、各務原スポーツ公園であった模様。で、どぶづけって何?

というわけで、「また、明日!」もブログ更新となるか、要注目!


ところで、☆お誕生日のお知らせ【4月】があったが、4月生まれ多いっすね。
Jリーガーに多いのかな? まー、僕も4月生まれなんで、なんかうれしいっす 

広島戦

J2第6節 2008.04.06 岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場
FC岐阜 1?1 サンフレッチェ広島
FC岐阜の得点 菅和範

岐阜の選手が、最強の相手にどんな戦いを見せてくれるか楽しみにして長良川へ行ったのだが、同時にその最強チームと、そのチームの有名な選手のプレーを見るのも楽しみだった。

で、素人目で見た広島の感想。
最近の広島は、京都との入れ替え第2戦と、9人で引き分けに持ち込んだ水戸戦をBGV感覚でチラチラ見ただけなので、いつもこういう戦い方なのかははっきり知らないが、急に変わった戦い方はしてないだろうとは思う。

前半、攻める時は両WBが上がって4トップ状態。トップ下の柏木も入れて5人が高い位置に。
ボランチの二人と3バックでボールを回し、誰かがロングボールを蹴って佐藤を裏に抜け出させ、後は個人技でなんとかゴールを決めてくれ、という感じ。岐阜が攻める時は5バックになる。
つまり、岐阜より一人多いはずの中盤でボールを繋いで攻め込んでくるとか、中盤でプレスをかけて岐阜のボールを奪いに来るということがない。そう見えた。
ボランチの森崎浩司は、バックパスするか前線に長いボールを入れるだけで、たまに打つミドルシュートくらいしか見せ場がなかった。
これでは、森崎、青山、柏木といった、せっかくの中盤の才能が生きないのではないか。もったいない。
後半、岐阜が前線からプレスをかけてボールを奪うようになると、後ろでボールを回せなくなり、ほぼ岐阜ペースのまま試合は終わる。

確かに、佐藤のスピード、個人技や、サイドの服部やリ・ハンジェにボールが渡ったときは怖かったし、プレースキックの精度は高いし、それでゴールを奪って勝つことができるチームなのだろう。
守備も個人の強さで、そうそう点は取られないと思う。

しかし、素人目、第三者的目で見ても、個々の選手のプレーは見応えがあるが、チームとしていいサッカーしてるなあ、とはちょっと思えなかった。

広島サポも、この試合は見ていてストレスがたまったのではないか。
幸い、今年のFC岐阜は、たとえ勝てなくても試合中イライラすることは無いし、内容的に次に繋がる希望も見える。

岐阜は選手もサポも、J2で戦えるのがうれしくてしょうがないという感じだが、広島はJ2で戦うのは不本意なはずだから、その違いもいろいろとあるのだろうけど。

試合は岐阜が勝っていい内容だったが、結局ドローで終わるところに、去年までのFC岐阜に感じてた「底力」を、相手に強く感じる。これもJリーグなんだなあ。


あと画像など。

試合前のキッズシュートチャレンジ。
キッズシュートチャレンジ
子供さんにたくさん来てほしいね。

広島サポのみなさん。
熊サポ


TV関係の女性が梅田ユニを着ていた。本物だろうか。
梅田ユニ
もしかして、ホーム開幕戦の時に知事が着ていたもの?

五平餅を食べてみた。
五平餅
僕にはタレが甘すぎだな。

試合の次の日のG新聞に、もう横浜FC戦の詳しい告知。G新聞GJ!
G紙
この調子で、カズ来岐をメインに煽り続けてくれれば、横浜戦はたくさんのお客様が来てくれるのはず。頼んます。
しかし、池元の名前まで出してくれるとはうれしいね。
池元を知ってるサポは、ほっといても来てくれるお客だから、まあ、集客のためというよりは豆知識で載せたってとこかな。

まだまだ


元J1相手に、初めて勝てた試合だったと思った。
そこを勝ちきれないところに、逆にまだ伸びてる途中のチームなんだと、今後がさらに楽しみになった。
しかし熊サポさんの歯ぎしりが聞こえるな、あのサッカーでは。

本日は長良川で広島戦

今日は長良川陸上競技場で、J2第6節・サンフレッチェ広島戦。

広島は、名古屋グランパスと並んでFC岐阜にとって縁のある相手。

今西GMを始め、伊藤コーチ、ゴリ様、和正、川島、吉村など数多くが広島に在籍していた。

古巣に恩返しがしたい選手は多いはず。
今西GMは「J1に上がって広島と戦うのが目標だったが、向こうから降りて来てくれた(苦笑)」という内容のことを言っていたらしい。

サポにとっても、いわゆるJリーグのオリジナル10と対戦できるのは、感慨深い。
創成期、盧廷潤、高木琢也、森保一などの代表で活躍した選手がいて、今も久保竜彦、佐藤寿人、柏木陽介ら、各年代の代表クラスの選手がいる。
そんな有名選手がいる(いた)、歴史もあるチームとリーグ戦で戦えるなんて、ほんと感慨深い。

なんだか、毎試合感慨に浸ってるような気がするなぁw
でも仕方が無い。
岐阜にJクラブができて、しかも先輩チーム相手に堂々とした戦いっぷりを見せている。
いまだに夢見心地。

僕としては、J2最強チームと果敢に渡り合う岐阜の選手が見られれば、実は満足だったりする。

しかし、選手はもちろん勝ちたいに決まってる。
広島相手に健闘すれば、世間、県民の目は多少なりともFC岐阜へ向いてくれるはず。
得点、勝ち点目指して、応援しよう!長良川へ行こう!

次は最強・サンフレッチェ

マスコットが欲しいよ?


瑞穂陸上競技場で行われたJ1第3節のイベントには、愛知県警のコノハけいぶも来てた模様。
こういうイベントは、ぜひFC岐阜と岐阜県警でもやって欲しいね。長良川には車で来る人多い訳だし。
そして、らぴぃにも駆けつけてもらって、そのままFC岐阜のマスコットにするべく拉致うわなにをするやめ

いろいろと

佐川急便SCで、FC岐阜の天敵だった堀健人は今、水戸ホーリーホックで1ゴール2アシストとレギュラーとして活躍している。
岐阜の嶋田正吾もこのくらいの活躍はできると思う。本人もそう思ってるはず。悔しさもあるだろう。
しかし、あせらずしっかり治して戻ってきて欲しい。
(堀にはまたやられそうな嫌な予感もするが、今年は吉村光示がいるから大丈夫だよね!)

他の選手の怪我の具合はどうなんだろうか。菅や小島宏美などは怪我なのかどうかもよくわからないが、早くコンディションが戻るといいね。
とにかくこれ以上、怪我をする選手が出ないことを願うのみ。


今年初めて、非公開練習をやる模様。
広島戦に何か秘策をもって臨むのか、策士・松永監督!


広島戦の観客動員のため、地元のマスコミにもこんな感じで煽ってほしいね。広島には有名な選手がたくさんいる。相手チームの力を借りたっていいよね。 少なくとも「カズ来岐」の際はやって欲しいよ。
今西GMが久保竜彦に頼んで、「ゴールしたらタコ踊りをやる」と言ってもらうのもいいな。言うわけ無いかw

プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。