応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガルタ戦

J2第28節 2008.07.26 ユアテックスタジアム
ベガルタ仙台 1?1 FC岐阜
FC岐阜の得点 片桐淳至

アウェーで強敵相手に、勝ち点とゴールをゲットできたので上出来。 
でも惜しかったー。


序盤、仙台は省エネサッカーを展開。
無理せず岐阜の攻撃をいなしておいて、そのうち点を取って逃げ切ろうという作戦か。
しかし、前半5分に小島、片桐のコンビであっさり先制点を奪われてしまう。
これで、省エネなどとは言っておれず、攻め込んで来るわけだが、この岐阜の先制点から後半18分の平瀬の同点ゴールまでの間は、ほぼ一方的に仙台が攻撃、第1クールの長良川での戦いを見てるようだった。
その後は、岐阜もアウェーだからといってドロー狙いに行かず勝ち越し点を狙い、見応えあるカウンターの応酬。力の差を感じた第1クールとは違い、強豪チームとも互角に渡り合えるんだなと、FC岐阜の成長を実感できて嬉しかった。

ところで早い時間帯に先制点を挙げたのが、結果として仙台の猛攻を受ける時間を長くしてしまい、耐え切れず同点ゴールを許してしまったようにも思える。
前半を、仙台の省エネサッカーにあわせながら0?0でしのぎ、仙台にプラン通りに行ってるなと思わせつつ、隙を突いて、後半先制点を奪えたのなら、うまく逃げ切れたかもしれない。
なんて、うまく行くはず無いわなw

さて、スカパーを見ていて印象に残ったのは、ミスの時に起こる仙台サポーターのため息。
岐阜がホームで勝てなかったのは、アウェーには無いため息の多さが原因のひとつではないかと思ってたが、長良川の2千や3千くらいでは無い、1万数千のため息がボディーブローとなって、仙台の選手の焦りを徐々に増幅させているような気がした。

ホーム長良川で岐阜の選手がミスしても、「ああ?」とか言わず、信じて応援しよう。
スポンサーサイト

用意された出口

J2リーグの将来像を決定 (Jリーグ

オーレ!(古いっすか?)

J2からJFLへ降格したクラブは、Jリーグ会員資格を失う。
って、嫌だあああぁぁぁっ!

将来、FC岐阜が貧乏クラブのままならもちろん、J2でそこそこの中堅クラブになってたとしても、柏や広島が何かの歯車の狂いでJ1からJ2へ降格したように、J2からJFLへ降格することもありうる

どれだけでも早く、J1の力をつけなければならないということか。
まあ僕としては、FC岐阜が永久に存在してくれれば、応援し続けられれば、どこのリーグでもいいんだけど。
しかし、JリーグでFC岐阜を見るのが一番楽しい、ということを知ってしまったからね。

応援しよう頑張ろう

秋春シーズン制!?

Jリーグ・秋開幕を検討 2010年めどに欧州と合わせる (Cスポ

って、無理でしょ?

選手は夏より冬のほうがプレーしやすいだろうし、見る側も、寒いのはなんとか我慢できないことも無いだろう。
しかし、問題は
欧州でも雪の多いロシアなどでは、春秋シーズン制だという。

何年か前に、名古屋グランパスが長良川競技場で天皇杯を戦ったが、その時は太平洋側の岐阜だったのに(岐阜は太平洋側では降雪量が多い方だと思うが)、雪が降り積もる中、オレンジ色のボールを使って試合が行われていた。あれでは、選手も、屋根の無いところで見るお客も大変だったろう。
そんな風に試合はどうにか開催できても、雪が降るところでは練習場の確保、交通機関の麻痺、除雪費用などなど、問題がたくさんある。

ちなみにCスポ紙上には、

Jリーグのシーズン移行を検討してきたJリーグ将来構想委員会の委員長を務める鬼武健二チェアマン(68)は「委員会が案として練っていたのは事実だが、J2の将来構想など他にまず取り組むべきことがたくさんあり、その話は現在は一時中断している。2010年からという話も出ていない」と、具体的な計画は進んでいない現状を明らかにした。Jリーグによると、積雪を伴う冬場の試合開催には積雪地域のクラブの試合会場や練習場、ファンのための交通機関の確保など諸問題が未解決という。

という記事も載っている。

日本代表を中心に考えれば、秋春制のほうがメリットは大きいのだろうけど、地域密着のJリーグのファンからすれば、雪国のクラブの切捨てにも見えてしまう制度は、百年構想からしてもどうなのかと思う。
犬飼会長は「問題はたくさんあるが、手はあると思う。解決していけばいい」と言ってるので、具体的な「手」を示してくれるのを待とう。まさか、人工芝とか言わないよねw
ウィンターブレイクなんかを上手く使えば、ほんとにいい「手」があるのかもしれない。

一回、選手の本音なども聞いてみたいね。

りくつは


天皇杯組み合わせ

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会の組み合わせが出たね。

順当に行けば(順当に行かないのが天皇杯だけど)、FC岐阜はカターレ富山と3回戦(10月12日・富山)で対決する。
以前、カターレには早くJリーグに上がってきてもらって、「高山線ダービー」を見たいと書いたが、もしかすると、JFLでつかなかった決着を今年の天皇杯でつけることになる。
まあ、この先ずっと両チームともJリーグにいて対戦し続ければ、決着も何もないんだけどね。
どうも富山には負ける気はしないが、勝てる気もしないw
なんだかPK戦にまで行きそうな気がする。

と こ ろ で ・・・

10月12日って・・・

ウチの地域の運動会じゃねーかっ  雨降りでも体育館でやりやがるしorz
せっかく飛騨サポにとって近場の富山で見られたってのに、ちくしょー。
だいたいなんで、3連休の真ん中に行事入れてんだよ! ってゆーか、僕は休みはその日だけなんだよ!

これはぜひ3回戦は勝って、4回戦・豊田スタジアムの名古屋グランパス戦へ駒を進めてほしいな。

湘南とドロー

J2第27節 2008.07.19 長良川陸上競技場
FC岐阜 0?0 湘南ベルマーレ
FC岐阜の得点  

小峯隆幸、自画自賛

「守備は完璧だった。」


確かに、今までCKFKのピンチにアレほどフリーでシュートを打たれてたのに、この試合は12本のCKも凌ぎ切って、アジエルがいないとはいえ、総得点2位のチームを0点に抑えたのはよかったね。

さて、去年の7月から今年の6月まで、長良川では1勝しかできなかった。
しかしこの7月から、ホームで負けないFC岐阜が・・・


           '.,   ヽ.                、- '''` ミソ,.
            ' , ヽ   ' ,,_          /,. 、"''ヾ、,,  ミ
  ┏┓  ┏━━┓  \    ゝ ヽ,       {〉'  ミ、} __ ヾ,.  !.      ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃    {彡'´   ノ \._    / /・_。`ミ、`〃 ./       ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━ \._,. '.    `⌒?{ '(,^ヾ)ノ   〉<彡━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃    ヽ、      |__ヽ、__二彡∠ '´       ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━ ト、       / / ⌒V:|. ━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃         i ',      /´     ヽ、          ┏━┓
  ┗┛     ┗┛                                 ┗━┛


と、まだ2試合だけだが、思いっきりポジっておこう。

今日はホームで湘南戦

今日はホーム長良川競技場で、J2第27節・湘南ベルマーレ戦。

相手は強い。一人で決定的場面を作ってしまう選手もいる。
しかし、この試合も勝ち点とゴールを挙げて、山形戦からはホームで強いFC岐阜に変貌しているということを証明して欲しい。

ものすごく見に行きたいが、僕は3時まで仕事、その後子供の行事、夜は地域の行事のスタッフで、夜中になんちゃって生中継で見る予定っす。試合以外でも、夏休み初日ということもあって、浴衣とか高山FCとか色んなイベントがあり後半戦ミニスケジュールも貰えるようで、行けなくてとても残念。

行ける人も行けない人も応援しよう暑さに負けず
選手も暑さに負けるなー

ゆるキャラマスコット!?

15日、N○Kのクローズアップ現代と言う番組で、“ゆるキャラ”が時代を制すというのをやってたので見てみた。

彦根市の「ひこにゃん」は、キャラを作るのに100万円だったのに対して、グッズの売り上げはなんと17億円にもなるという。
奈良県の「せんとくん」はその騒動で有名だが、試算すると宣伝効果は15億にもなったらしい。
夕張市の「夕張夫妻」は、"負債"と"夫妻"をかけた自虐的キャラで賛否両論だったが、夕張市にとっては大変安上がりなPRになってるという。自虐性や毒気があったほうがウケるらしい。

まあ、このへんは、ものすごく上手くいった例だろうけど、FC岐阜もブームに乗ってゆるキャラマスコットを作ればいいと思うが、どうか。 自虐ネタはいっぱいあるだろうしw
中の人が考えたり、公募すれば、デザイン費用はほとんどかからない。素人が考えた、つっこみどころ満載の完成度の低さもウケる要因だそうだ。
さっそくデザインと名前を公募して欲しいね。
そして候補の中からファン投票で選んで、着ぐるみ製作して・・・・・・なんてやってると今シーズン終わってしまうわなorz

とにかく何が言いたいかっていうと、早くマスコットが欲しい、ということです。

マスコットを!!!

広島戦

J2第26節 2008.07.12 広島ビッグアーチ
サンフレッチェ広島 4?0 FC岐阜
FC岐阜の得点 

さすがに強い! これでなくてはジャイアントキリングへのモチベーションは上がらぬ!

第1クール、長良川で引き分けた時は、広島のサッカーはロングボール主体でせっかくの中盤のタレントがもったいなく感じ、後半などは、ヘタすりゃウチのほうが強いんじゃないかと思えるほどだった。
しかし今回の広島は、中盤でパスは回るし、前線の佐藤寿人頼りではなく攻撃にも厚みがあった。岐阜に点の入る気がしない試合はこれまでも何回かあったが、途中から点が入るのを諦めたのは、この試合が初めて。完敗だね。

これで第3クールの対戦では、この最強の相手に一泡吹かせようと立ち向かっていく、岐阜の選手を見る楽しみが大きくなった。この試合のように、またクラブの運営費通りの内容と結果じゃ、つまらない。

それにしても、7月になってから、ホームでたくさん(でもないかorz)のファンと勝ちを喜び合い、アウェーでたくさんの相手ファンを喜ばせるという、リーグの観客増に貢献という意味において、実に健全なチームになってるなw

さて、とにかく切り替えて、次の湘南戦に向けていい準備をして欲しいね。ホームなので、ゴールと勝ち点を!



続きを読む

今日はアウェー広島戦

本日は広島ビッグアーチで、J2第26節・サンフレッチェ広島戦。

初心にかえって、広島のようなチームとリーグ戦で戦える喜びを噛みしめよう。
ジャイアントキリングなどと色気を出すと、勝ち点取るのはさらに難しくなるだろう。
広島は怪我人が多いようだが、底力が違う。
チャレンジあるのみ! 応援しよう!

僕は保育園の下っ端役員が当たってて、今日は、納涼夏祭り?夕涼み会?の準備から参加です。また、なんちゃって生観戦ですね。




ところで、またイエロー・エンジェル様からバスを頂いたようです。
これすごいっすね。カッコいいなあ。本当にありがとうございます。
バス

レプユニなど

本当は、松江店長のところでレプユニを買いたかったが、様子を見てる間になんだか色々あったみたいで、今回はもうひとつのプラチナスポンサー様のヒマラヤで購入することに。
電話で問い合わせると、「ユニホームも番号も取り寄せになるので、2週間かかる」ということだったが、注文してからちょうど1週間で連絡が来た。8月まで岐阜へ行く予定が無かったが、練習か練習試合を見に行って、レプユニを引き取って来ようかと思う。
楽しみだなぁ、Jリーグマークが入ったユニ

C新聞に、「FC岐阜サポート企業会」が発足と言う記事。
ありがたいですねえ。資金面以外でも色々サポートしてくれるみたい。
少しづつ、支援してくれる企業様が増えてるようでうれしい。
しかし、ユニスポのほうはどうなんでしょう。
一社が県内企業の中から突出してど?んと何千万も出すというのにためらいがあって、ユニスポに手を挙げられない、ということもあるという。 ユニスポになるのを考えてくれている企業様があるなら、もったいない話だねぇ。

先日の浅中に、監督と一緒に大友と川崎君が見に来てたが、大友ブログや奈須ブログにも、大友にくっついて来てる川崎君が載ってるし、仲いいんだろうね。
早く大友みたいなプレーヤーになってくれよ、川崎君! 応援してるよ!

続・全国切符はお預け

FC岐阜Secondは、全国社会人東海地区大会で惜しくも矢崎バレンテに敗れたが、その時の感想などを。

Secondのスタメン。

       9松江克樹  11遠藤雄一

           8櫻田真平

6松井義隆              10中村豪

           12片山朗

5岩田卓也 5横山雅哲 3森洋介 13松井直 

           1曽我部巧

4-4-2の中盤ダイアモンド型。
後半途中、片山の足が攣り、7小林史明が交代で入る。
小林が中盤の右、中村が左、松井義がボランチに。

対する矢崎は、4人のDFの前に守備的MFを3人並べ、2トップとトップ下で、4-3-1-2か。

矢崎バレンテは東海地区1部リーグ(J4)所属で、去年の全国社会人大会で全国2位になっている強豪。さらに去年は、全国地域リーグ決勝大会にも出場している。
経験、実績からして、実力はSecondチームより上で、良くて1?2くらいで負けるのではと思って見に行ったわけだが、蓋を開けたら矢崎は守備的な戦術を取っていた。
引いて守って、中盤省略、ひたすら前線の選手に裏を狙わせる作戦。
これは、暑さや連戦の疲労を考慮しての省エネサッカーか、または現実的に「走れないから、守ってカウンター」戦法を取らざるを得なかったのか、あるいはSecondを自分達より強いと見ての作戦なのかは、よくわからない。

試合を見るとSecondの方が、明らかに、テクニック、運動量、フィジカルの強さ、球際の強さなど、全て上回っていた。
なんと県2部(J7)所属ながら、Secondの実力はすでに、JFLの一歩手前ぐらいあるということか。
※早く東海1部でやらせたい。もったいない。でもどうしようもない。

しかしながらSecondは、より上手く、より強くなるのを目的に、自分らのサッカーをやり切ってきたチーム。公式戦でもTMでもそうだろう。
勝つのを目的としたサッカーならば、やはり百戦錬磨の矢崎の方が上を行くだろうか。
何度かカウンターで危ない場面を作られつつも、ひたすら自分らのサッカーをやり通したSecond。
この日、勝利するために一番確立の高いサッカーを徹底してきた矢崎。
内容ではSecondが圧倒的だったが、勝ったのは矢崎バレンテ。だてに上位カテでもまれていないね。ものすごく悔しかったが、やっぱり勝った方が強い、ということか。
※繰り返し


あと画像など。

続きを読む

山形戦

J2第24節 2008.07.06 長良川陸上競技場
FC岐阜 2?1 モンテディオ山形
FC岐阜の得点 片桐淳至×2

だめだ、思い出すとニヤついてしまう。   ←危ない人だなw

親父のニヤケ顔は別として、試合後の選手の笑顔、スタンドの笑顔は最高だったねっ
試合前、岐阜の選手と談笑する長谷川悠の笑顔もよかったよ。来年はFC岐阜へ来(ry

いやー、ホームゲームはやっぱりこうでないと。
次は、もっとたくさんのお客さんと一緒に喜べるといいね。


さて、やっと、ゴールがJ仕様に。
新ゴール
これを見ただけでも嬉しかった。

山形サポのみなさん。
モンテサポ
遠いところをありがとうございました。

南山大チアガール。
チア
岐阜大とくらべて人数が多い。こんなにいっぱいいるのなら、ゴール裏やバクスタ前でも踊ってくれれば親父たちの次回観戦へのモチベーションも上がったろうにw

ぎふ清流国体のマスコットキャラクター「ミナモ」。
ミナモ
国体終わる前に競演できるマスコット作って欲しいね。ていうかすぐ欲しいっす。

選手あいさつ。
岐阜サポ
喜び爆発。

ボランティアさんのポロシャツにもスポンサー様が。
スポ様
FC岐阜スペシャルうちわも配られたし、スポンサー様看板も増えてたし、支援の輪も広がりつつあるようで嬉しい。ユニスポ様はどうなんでしょうねぇ。

ホームで勝ったー!

20080706211232.jpg
今日は内容も結果も言うこと無し!
片桐のFKの時は初めて祈ったよ。
山形に対する相性か、小林監督の岐阜コンプレックスか、ゴールが新しくなったからかよくわからんが、これで一ヶ月生観戦無しでももちそうっす!

全国切符はお預け

20080706131453.jpg
FC岐阜Second0ー1矢崎バレンテ

これぞサッカーという展開。
矢崎の選手の喜び方が印象的。

Secondに、東海1部の力があることはよくわかったな。
今日は、比嘉君が見たかったよ。


追記
全国デビューは、去年国体でしてたので、題名を変えました。

明日はホームで山形戦

明日はホーム・長良川競技場で、J2第24節・モンテディオ山形戦。

成長っぷりを見せてもらおうじゃないか。長谷川悠!
あ、ゴールはカンベンな。来年岐阜へ戻ってきてくれるんなら、決めてもいいよ


さて、今月僕は山形戦しか観戦できません。
なので、どうしても岐阜のゴールと勝利が見たい。
でも、あんまり気合入れ過ぎてもアレなんで、ホームで弱いことは忘れて、J1に向けて勢いをつけてる絶好調・山形を相手に、ひたむきにボールを追いかけるFC岐阜の選手を堪能しようと思う。

とりあえず、スタンドでのため息は禁止の方向で、お願いします。 

さあ、長良川へ行って応援しましょう

その前に、浅中へ行ってSecondも応援しましょう

目指せJリーガー

bi4日のCスポに、Secondの記事が載ってた。
5日から始まる全国社会人サッカー選手権の東海地区大会を勝ち抜くと、選手権本戦、さらに本戦を勝ち抜くと全国地域リーグ決勝大会へ出場できる。つまり、最終的にはJFLまで繋がっているのであるが、さすがにそこまで勝ち抜くのは相当難しい。

ところで、僕がFC岐阜に対して持っている夢の一つに、全国リーグのチームを二つ持つ体力があるクラブになって欲しい、というのがある。ジェフ千葉のようにトップチームがJリーグ、SecondチームがJFLに、という具合に。ちなみに、去年の国体成年サッカーでは、ジェフリザーブズ(JFL)主体の千葉県が優勝している。
国体もSecondの目標の一つ。ジェフはとても理想的だ。

しかし現在、FC岐阜には全国リーグのチームを二つ抱える資金力は無いだろう。
JFLの運営費は選手が全員アマチュアでも、年間8000万ほどかかるという。
もし将来、体力がついてきても、8000万あればトップチームで結構いい選手雇えるから、Secondチームはいらないんじゃないかという意見もあるだろうが、自前の選手を育てる、鍛える場として、また国体に強いチームを出場させることができるし、僕はSecondチームを持ち続けて欲しいと思う。

いずれにしても今年の全社は、どこかで負け抜け指令が出るほどに、FC岐阜Secondが快進撃をしてくれるといいねぇ。


さてと・・・・・・
今年も公式にSecondの選手紹介が載ることは、無いのかなー。

FC岐阜一筋

マスコットが欲っっしー!!

何度も同じ事書きますが、僕はサッカーファンというよりFC岐阜ファンなので、海外サッカーは全然知らないし、日本代表にもあまり興味が無い。J1のことも最近はよくわからない。
興味があるのはFC岐阜(Second)とJ2。次に興味があるのはJFLだったりします。
だから何?と言われても困りますが。
えぇ、髭男爵も大好きです(^^)

さて、どうでもいいことを書きましたが、次のホーム・山形戦は勝利あるのみ!
少なくとも、FC岐阜の選手にゴールを決めて欲しい。これだけは譲れません。
長良川へ行って、応援しよう!

移籍

李成浩、MIOびわこへ完全移籍。

今まで、FC岐阜のユニホームを着てくれてありがとう。
J参入の大きな力になってくれてありがとう。
MIOでの活躍も祈ってます。


ところで、これからも出場機会を求めて(レンタル)移籍する選手がいるのかな。
逆に、岐阜へ来る選手とかも。

去年JFLにいたとき、ジェフリザがトップチームと頻繁に入れ替えしてたのを見たが、岐阜の場合は、Secondの公式戦が少ないからねぇ。試合に出場するためにSecondへ行く選手はいないかなぁ。
SecondからTopへ上がってくる選手は、今年はいるだろうか。去年の松江みたいに。そういう選手が出てくると嬉しいね。


折り返したJ2

FC岐阜は大健闘だね。
貧乏でもいいチームが作れるということを、充分証明してきてる。

しかし、あのザスパの連勝止めたり、あの山形から5点取ったりと、そのアウェー力を、なぜホームで発揮できないかなぁ。

次のホーム・山形戦は、なんとしてでも勝ちたいっす

マスコットォオ!

プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。