応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国体ベスト4

国体サッカー成年男子 準々決勝  中津総合運動場(サッカー場)
岐阜(FC岐阜Second) 1?0 秋田(TDK)
岐阜の得点 松江克樹

去年、秋田国体一回戦で敗れたリベンジを果たす!

松江店長、去年から国体3戦連発!

格上を堂々完封!

試合見たいよねー。

これで、目標のベスト4進出なったわけだが、勝っても負けてもあと2試合、4連戦だけどひとつでも上の順位を目指して、戦え岐阜イレブン!
スポンサーサイト

国体一回戦突破

国体サッカー成年男子 1回戦  禅海ふれあい広場(人工芝)
岐阜(FC岐阜Second) 2?1 沖縄(選抜)
(前半1?1、後半0?0、延長1?0)
岐阜の得点 オウンゴール 松江克樹

松江克樹、国体2年連続ゴール! さすが店長

これで岐阜県チームはベスト8進出。
明日はTDK(秋田)にリベンジだっ!そしてベスト4へ! 応援しよう 念を飛ばそう

kokutai
しかし、TDKのイケメンロングスロワー・富樫が4得点とは。
JFLの得点ランクでも6位につけてるし、すっかり危険なストライカーに変貌してる模様。要注意だね。

頼むぜ!横山!松江店長!

連敗ストップ

J2第38節 2008.09.27 長良川陸上競技場
FC岐阜 1?1 アビスパ福岡
FC岐阜の得点 相川進也 

生観戦じゃなかったけど、

ホームで決まったゴールがこんなに嬉しいとは!

去年の救世主、今シーズン初ゴールの相川の笑顔を見たら、泣きそうになったょ。
岐阜サポやってると、ホームのゴールのありがたみを、心の底から感じることができる!

この試合を見たら、今年中にあと一回くらいは勝てる! と思ったw
岐阜の選手の出足は良かったし、ゴール前の攻防もあったし、見てていつもよりずっっっと楽しかった。まだ、シュートまで持っていく形がなかなかできないけど、勝ち点3をとる希望は出てきたね。
あと6試合、悔いの残らぬよう戦おう。応援しよう!

あと、日野は毎試合、ご両親をスタジアムに呼びなさいw



というわけで、本日は相川の笑顔を見に行ってきます。


明日はホームで福岡戦

明日は長良川競技場で、J2第38節・アビスパ福岡戦。

気持ちを強く持って戦うには、もう「怒り」しかあるまい。

勝てない、ゴールできない、失点が多い、そして第2Cの福岡の酷い戦い方。
それらの悔しさを「怒り」に変えて、強く激しくぶつかっていって欲しい。

ホームで、強く戦う姿を見せてくれ!


僕は、ちびの運動会のため行けません。しかも役(器具係?)当たってます。
さらにそのあと仕事です。
秋は行事多くて、この後もなかなか行けないっす。
応援よろしく。

J2・1年目を戦ったこのチームも、あと少し。

国体選手

大分国体岐阜県選手名簿が、G新聞に掲載された。

FC岐阜Secondチームで構成される、成年男子サッカーチームは以下の通り。
ポジションは去年同様、僕のイメージです。

監督 辛島啓珠(岐阜フットボールクラブ)

GK  曽我部巧(本庄工業)
    今津久志(アイシンク)

DF   鈴木梓司(トヨタレンタリース茜部店)
     高木政人(南海道路)  
     横山雅哲(鈴木栄光堂)
     岩田卓也(アクトス各務原)
     松井 直(ドルフィン)  
      
MF   松井義隆(スポートピアドルフィン)
     酒井啓輔(アクトス)
     櫻田真平(同)
     中村 豪(岐阜フットボールクラブ)
     片山 朗(羽島市勤労青少年ホーム)

FW   松江克樹(アクトス本部)
     遠藤雄一(アクトス岐阜島店)
     比嘉祥也(羽島市民プールザ・スポーツクラブハートビート)


去年と比べて一番目に付いた変化は、比嘉君の職業だね。
今西GMが「Secondの選手にも然るべき仕事場を与えないと」と言ってたらしいから、バイトしながらという選手は今年はいない模様。
しかし、ぎふチャンの国体応援番組で櫻田が、よりサッカーに専念するため「アクトス辞めて、体作りしながらチームメイトのところでバイトしている」ようなことは言ってたな。
あと、遠藤が事務をしてると言ってたね。

国体の組み合わせ見ると、1回戦(9月28日)の相手は沖縄県。
1回戦の会場の禅海ふれあい広場は、人工芝らしい。Secondはいつも人工芝で練習してて慣れてるだろうから、ぜひ今年は突破して欲しいね。
勝てたら、次はまたTDKかな?
目標のベスト4まで勝ち進もう! 応援しよう!

6連敗

J2第37節 2008.09.23 小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 4?0 FC岐阜
FC岐阜の得点 

この時期、まだ可能性のあるチームとやるのはきついね。
実力上位のチームがモチベーション高く戦えば、全く付け入るスキは見つけられない。
何もさせてもらえなかったな。
終盤の池端選手のギャグくらいでは、どうしようもない。
岐阜の選手も勝利に向かって、よくやってくれてたけど。
いつもスカパーで見ている時は、嫁さんに「うるさい!」と言われるが、今回は2回ほど「打て!」と叫んだだけだったよ。

まあ、どん引きしてゴール前固めたりせず(裏取られまくったけどw)、チームに今の戦い方を浸み込ませようという姿勢は変わってないと思われる。なので、これから岐阜の戦い方の基礎が出来上がっていけば、たとえ選手が入れ替わっていく中でも、岐阜のスタイルがブレることはないだろう。
それまでは、うまく行くことも行かないことも、色々あるさ。
応援していこう!

来年も、思い出の地・小瀬へ遠征したいな。(よろしく

しかしゴールが見れないなー。
maruko
どうせ負けるならその方が男らしいか!(違

今日はアウェーで甲府戦

今日は小瀬スポーツ公園陸上競技場で、J2第37節・ヴァンフォーレ甲府戦。

甲府とは、第1、2クールとも1?1でドロー。去年までJ1にいたチームに善戦している。
しかし今回は、攻撃陣に2人の外国人補強してグレードアップした甲府の敵ではないだろう。
前2回の対戦時も、「相手に外人FWがいたら負けてるんだろうな」と思ってた。

甲府は最近13試合で負けは1回のみ、岐阜は11試合勝ちがなく5連敗中。
こんなことは書いてるが、今回も甲府側は勝てると思っているはずだ。
だから、ひょっとすると開幕戦のようなことになるかも知れないと、ほんっっっのちょっとだけ期待してみたり。

とにかく、毎回書いてるが、結果はどうあれゴールを決めて欲しい

それに小瀬は、FC岐阜が初めてJリーグの舞台に立った場所。
あの時はほんと嬉しくて、選手はイキイキと、サポは心躍らせ、Jリーグを、サッカーを楽しんでた。
それを思い出して、初心にかえって走り回って欲しい。
応援しようっ

カターレ負け抜ける

天皇杯2回戦でカターレ富山が敗れ、FC岐阜の3回戦の相手がツエーゲン金沢に決まった。
JFLで4位以内を目指すカターレは現在5位、激しい順位争いをしている。
実際、天皇杯どころではないだろう。
ここで勝ってしまうと、Jチームと2試合戦わないといけないからねぇ。(コラ
4回戦と重なる、11月2日のリーグ戦が平日に組み込まれるから、スケジュール的にきつくなるし。(だからコラ

やっぱり富山とは、Jリーグで雌雄を決せよ! ということだな。
来年上がって来いよ! 待ってるぜ!カターレ富山!

あ゛? 貧乏クラブは眼中にねぇだと コノヤロウ

って、誰もそんなこと言ってませんか、そうですか。ごめんなさい。


さて、天皇杯で対戦するのはツエーゲン金沢。
実は、8月にTMを行ったのだが、その結果を岐阜公式は隠蔽してしまった。
その報いが、広島戦とセレッソ戦の大敗に現れたのだと、僕はそう思っているw
だが、それで禊(ミソギ)は済んだのだ。
天皇杯3回戦では、隠したいような結果を公式に載せなくてもいいはず。
もし負けるようなことがあると、それこそ、その試合はトラウマになってしまう。
難しい試合になると思うが、できれば力の差を見せて勝って欲しい。応援しよう!

huwa

仙台戦

J2第36節 2008.09.20 ユアテックスタジアム
ベガルタ仙台 1?0 FC岐阜
FC岐阜の得点 

3試合連続を期待してた他サポの皆さん、ありふれた負け方で悪かったね

ノーゴールで5連敗だけど、この試合の内容なら絶望的ではない。
ここまでの、何をやってもうまく行かない流れ、前節の内容からして、チームはバラバラに空中分解してるように見えた。もう今年は天皇杯含めてひとつも勝てないんじゃないかとさえ思ってた。
しかし、この試合を見る限り、まだチームはバラバラではなかったようだ。
これで今年中には連敗は止められそーだな! (まだ弱気w

いや?、久しぶりに岐阜の攻撃見てて力が入ったよ。

さあ、前向きに! 次だ、次! 

明日はアウェーで仙台戦

明日はユアテックスタジアムで、J2第36節・ベガルタ仙台戦。

cspo 最近10試合勝ちが無く、チームの状態もよくない中、松永監督の来期続投が決定的になり、クラブのぶれない姿勢が明らかになったFC岐阜。
それとは対照的にベガルタ仙台は、社長が辞任を表明、来期監督も山本昌邦氏の就任が確実視されている。シーズンも佳境、昇格争いの真っ只中でこのような話が出ていては、「影響はたぶんある」と手倉森監督が不快感を示すように、岐阜に3試合連続の大量失点をお見舞いすることが、果たして可能だろうか、要注目。

FC岐阜は、とにかく1点は奪って欲しい。あきらめず応援しよう!


マスコットゥ

セレッソ戦

J2第35節 2008.09.15 長良川陸上競技場
FC岐阜 0?6 セレッソ大阪
FC岐阜の得点  

入場者数 4639人
 
前節大敗のあと、また雨の中、(長良川としては)多数お集まり頂いきまして嬉しい限りです。
これでまだ、負のスパイラルには嵌ってるとは言えませんね。

顔を上げよう

20080915171618.jpg
とうとうセレッソから1点も取れなかったなあ。

こういう試合が何試合もあると、特にどの試合がトラウマになるということがなくていいじゃないかな!


明日はホームでセレッソ戦

明日はホーム・長良川競技場で、J2第35節・セレッソ大阪戦。

相手はJ1昇格へ向けて、下位チーム相手に落とせないし、得失点差も考えると大量点を取りたいところ。目標は明確だ。
岐阜は、「チームが抱える種々の課題」(G新聞)を何とかしようともがいているチーム。

メンバーに関しては望むことは多い。
片桐、北村出場。これは譲れません。(怪我ならしゃーない)

しかし結果に関しては、多くを望まない。
広島戦みたいになってもいいので、とにかく1ゴールは、決めて欲しい。

長良川へ行って、応援しよう

Second散る

天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦 2008.09.14 長良川球技メドウ
FC岐阜Second 0?1 阪南大学

1点取れなかったか。残念。

試合を見たかったな。

次の目標は、国体。
切り替えて行こう!
応援しよう!

今日はメドウで天皇杯

FC岐阜Secondは14日、長良川球技メドウで、阪南大を迎えての天皇杯1回戦。
僕は仕事で行けませんが、ぜひ勝ってアピールして欲しいね!

トップチームの初戦の相手は、カターレ富山かツエーゲン金沢に絞られた。
この隣県対決にどちらが勝っても、岐阜とも隣県対決になる。さらにそれに岐阜が勝てば、待ち望んだ隣県対決がやってくる。
天皇杯も応援しよう!

なんとかなる

人は、どこか痛い時に、もっと痛いところがあるとその痛みを忘れるという。
が・・・
マスコッット
たしかに、ユニスポ様が入らないことと比べたら、大敗したり長い間勝てないことぐらい、たいしたことではないと思うのだが、これらのことは繋がってるので、長い間勝ってないとどうしても気が滅入ってしまう。

しかし、甲府が胸スポ2年無く、引分けをはさんで25連敗とか観客数平均1000人台とか存続の危機とか、そういうことを経験してJ1に昇格するクラブになったし、鳥栖も毎年のように存続の危機が表面化して、年間3勝しかできなかった時期もあったが、今はJ1昇格を狙えるところまできている。仙台もJ1昇格を決めた年の2年前には、12連敗を経験した。

どこでもショックの大きい試合や、ツラい時期はあるんだよ。
だから、いつか岐阜もなんとかなるんじゃないかと思う。
なとかなるように応援していきましょう。

なかなかポジティブに考えられなかったけど、あんな試合の後だけど、次の試合が近づいてくるとなんだかワクワク感が湧いてくるから不思議だ。岐阜の試合内容はワクワクしないのにね(苦笑

ゴリ様引退

cspo喜んだり、楽しんだり、怒ったり、哀しんだり、こんなに夢中になれるものが出来たのは、森山泰行のおかげだ。(夢中になってるヤツはまだ少ねーけどな)

なのに、今シーズン序盤、森山泰行が試合に出場したり、ベンチに入ってるだけで疑問に思う声が、各所から聞こえてたのは不思議でしょうがなかった。
だって、メモリアルに高橋尚子とともに銅像を立ててもいいよいうな人物だぜ?
岐阜にJクラブができて岐阜でJリーグが見られるようになったのも、最初に森山泰行が動いたからだ。森山泰行がいなかったら、自分達がプロクラブ・FC岐阜をスタジアムで夢中になって応援してること自体、無かったんだよ。いわば神のようなその存在に、疑問の目を向けるなんてあり得ないだろう。もちろん、森山泰行一人の力でここまで来たなんて思っていない。だが森山泰行は特別な存在だ。

4年前、名古屋で引退してた森山泰行がFC岐阜に入団して、「Jを目指したい」という報道があった時、ものすごく興奮したのを今でも覚えてる。
それから、びっくりするような早さでJリーグ参入。森山泰行自身も、Jリーグで再びプレーしてゴールも決めるなんて、回りの人間にも支えられて、すばらしいサッカー人生を歩いてるよ。
これからも、岐阜のサッカー界に大きく貢献してくれると信じてる。

とりあえず今は、「ありがとう」という言葉しか浮かばない。ほんとにありがとう。

今シーズン終わってから、「お疲れ様」ともう一回「ありがとう」と言おう。

夕刊ギフニチスポーツ Vol.2 No.1

J2第34節 2008.09.07 広島ビッグアーチ
サンフレッチェ広島 7?1 FC岐阜
FC岐阜の得点 片山真人 

さあ、セレッソ戦

 FC岐阜は第34節の広島戦で、片桐、北村、深津、日野の主力を温存。次節のセレッソ大阪戦に備えた。FC岐阜には、中断期間のない長丁場のJ2リーグ戦を、初めて、あるいは久しぶりに戦う選手も多く、コンディションを崩す選手も出ている。貧乏クラブであるため、広島へは片道7時間のバス移動。その疲労も考え、FW、MF、DF、GKのそれぞれ要となる選手一人づつをベンチにも入れず、心身ともにリフレッシュさせた。
 セレッソは、FC岐阜がJ2リーグで唯一勝ち点も得点も挙げられていないチーム。次節ホーム・長良川での対戦では、なんとしても勝ち点を奪いたいところ。最低でも1回は、そのゴールをこじ開けなければならない。

広島戦の勝敗は眼中に無かった

 翻って広島戦。広島には第1クール、ホームで勝ち点1と1ゴールを奪っている。、今シーズン断トツの1位でJ1に復帰するであろうチームに、新参チームが勝ち点2を取りこぼさせた。これは上出来である。加えて、今回はアウェーであり、さらに広島遠征バスツアーにたったの30人が集まらなかったように、サポーターの広島戦の勝利に対する期待感も薄かった。したがって、広島戦の勝敗にはこだわりを持つ必要は無く、もうセレッソ戦への準備が始まっていたのである。

ただでは負けない 
 
ところでJリーグファンの中では、FC岐阜の存在は同期の熊本サポ以外、それこそ眼中に無いだろう。リーグ序盤は、4分で4点取るなどその攻撃力でインパクトを与えたが、中盤、0?0や0?1といった凡庸な試合を繰り返し、また存在感が薄れていた。そこで豪快に1試合で7点を失ってみせ、またしてもファンの目を引くことに成功した。

収穫は多かった

 勝敗にこだわらないといっても、FC岐阜にとって、捨て試合、消化試合といった類のものはもちろん存在しない。選手は勝利を目指し、果敢に首位・広島にチャレンジしていった。
 そんな中でも、試す部分、成果を得る部分も作り出す。復帰2試合目の嶋田が豊富な運動量を75分間絶やさなかった。この試合が復帰戦となった吉村が30分間だけだったがいい動きを見せ、次節のセレッソ・香川封じに期待を抱かせた。片山がDFの前に飛び込んでヘッドでゴールに流し込むという、岐阜の象徴・森山ばりのプレーでプロの壁を破りつつある姿を見せた。そして一番の収穫は、岐阜の将来を背負って立つ選手の一人になる可能性を秘めた、生え抜きGK・水谷が、公式戦の中でJ1クラスのシュート29本(+味方からも2本)を浴びて貴重なトレーニングを積んだ事だろう。 

 さらにこの敗戦は選手の危機感も煽る。
第33節ホーム・愛媛戦の悔しい敗戦直後にも、ブログで脳天気な日記を書いていた菅、菊池が、この試合を反省し次へ向かうという内容の日記を書いた。出場した選手はこの大敗で、次の勝利、次の出場へ向けて練習にも力が入るだろうし、外れた選手も同じく、モチベーションが上がっているはずである。
 
FC岐阜の次の戦いが、楽しみで仕方がない。
次もフルボッコ、さらにノーゴールなんていうオチがつくかもしれない。しかしそれはそれで笑うことができるだろう。頭を抱えて。
2008年09月10日 | FC岐阜 | トラックバック(0)件 |

今日はビッグアーチで広島戦

今日はアウェー・広島ビッグアーチで、J2第34節・サンフレッチェ広島戦。

相手はいろんな意味で桁が違う。
しかし、ピッチに立てば何も関係ない。
可能性を信じて、食い下がって欲しい。

有給明けの梅田に期待!
応援しよう!

昭和の匂いがまたひとつ消える

広島市民球場が、2009年3月31日で閉場される。
ナゴヤ球場のように、練習やウェスタンリーグで使われることは無い。

僕が、一生懸命野球を見てた子供の?若い?頃はカープが強くて、TVで(市民球場だけではないが)日本シリーズの名勝負をよく見た記憶がある。
あとは、中日の川又とか岩本好広が乱闘してるシーンや、クモ男がバックネットによじ登ったシーンなんかが思い出される。
行ったことはないけど、TVで見ただけだけど、市民球場にはなんだか懐かしさがあるなあ。

残り少ない、昭和の匂いが漂う球場。
この球場で、野球を見るチャンスは今年しかないんだよね。

cspo

サンフレッチェvsFC岐阜がビッグアーチである7日って、広島市民球場で広島ー阪神戦が、15時からあるんだなー。雨だと中止になるんだなー。

C新聞鳥栖GM・松本育夫の「天命」という本に、こういう文がある。

様々な困難に直面したとき、「ここで仕事をしなくたって、別な仕事が俺にはあるよ」と言う者と、「現状から逃げずに、とにかく、自分が今できること、やるべきことをやっておこう」と言う者。最終的に仕事を辞めることになったとき、この2人のその後が同じわけはない。現実から逃げてしまえば何も手に入れることはできない。けれど、「あいつは前のところでこれだけのことをやっているよ」ということになれば、次の仕事というものは必ずやってくるものだと思う。

チームをいくつか渡り歩いているサッカー選手なら、実感として、あるいは指導者や先輩の話から、↑こういうことはよくわかっているはず。

したがって、「岐阜の待遇、環境は悪いから、他チームへ行きたい」と考えてる選手でも、「勝ったってどうせ勝利給少ねーし」などとは考えず、できるだけのことをやるだろうし、もちろん「待遇悪くても、岐阜でのんびりサッカーできれば、それでいいや」なんて考えてる選手もいないだろう。監督やコーチもしかり。

ただ、ゴリ様コラムにあるように、試合に出てない選手は心が揺れてるようだが、未来を切り開くために、今できることをやってるはず。

だから、今は勝ちという結果がなかなか出ないけど、岐阜のユニを着て一生懸命サッカーしてる選手らを見に行きたい。岐阜のJ一年目を戦った選手をしっかり見たい。練習も見たいけどなぁ。
残り試合も少なくなってきたよ。

天皇杯

cspoFC岐阜Secondが、天皇杯初出場を決めた。 おめでとう! 全国大会で活躍して存在を示して欲しいね。 岐阜県からも2チーム出られる時代になったんだな。
この記事は、G新聞にもCスポにも結構大きく載っている。さらに驚いたのは、FC岐阜公式に詳細なレポが! (角選手って誰?? こんなに詳しくレポしてくれるなら名鑑も載せて下さいよ?)
僕は、生観戦もTV観戦もできなくて、録画も忘れてしまったorzので、様子がよくわかって助かった。1日のNHKのニュースでVTRも見れたし。
さあ、松江の言うように「アピールするチャンス」なんだから、1回戦は強豪大学(阪南大)が相手だけど、攻撃的サッカーでぶつかっていって欲しいね!


特別指定選手の佐藤、野垣内両選手の所属する四日市大も、三重県代表に決まった。 
佐藤選手も2得点の活躍だった模様。初戦は13日にHonda FCと! 
さてと、彼らのFC岐阜デビューはいつになるんだろうね?

というように、天皇杯全日本サッカー選手権大会の出場チームが出揃った。
トーナメント表を見ると、J2・FC岐阜の初戦の相手は、バンディオンセ加古川、カターレ富山、ツエーゲン金沢、SAGAWA SHIGA FCのいずれかのチーム。どこも因縁浅からぬところ。

バンディオンセは、名前がバンディオンセ神戸時代、岐阜と地域決勝で当たりそうで当たらなかった。その年の天皇杯では、地域リーグ所属ながらJ2・横浜FCを倒してたし、去年岐阜にもいた和多田がいて、当たったら怖いなあ、とビビってた記憶がある。

カターレは対戦する本命なのだが、JFLで4位ギリギリを争っていて、天皇杯よりリーグ戦に集中したいのかも知れない。僕としては、Jチームの岐阜と当たるまで頑張って、岐阜戦はリーグ戦を見据えた無理をしない戦いをする、な?んてのが理想だったりw

ツエーゲンは、岐阜も何度かTMをやらせてもらってるが、去年の天皇杯では地域リーグ所属にもかかわらず、JFLの2チームを破り、J2・水戸には0?1で惜敗している。
先頃も、TMながらどこかのJチームとの対戦で、相手を7?0とフルボッコにしてしまったらしい(苦笑

SAGAWA SHIGA FCは、言わずと知れた佐川急便。今年のJFLでは順位は芳しくないが、その分、天皇杯での活躍を狙ってるかもしれない。
去年まで岐阜は佐川勢にはめっぽう弱かった。Jに上がって変わったか。いや、変わってるはず!

というわけで、天皇杯も応援しよう!

愛媛戦

J2第33節 2008.08.30 長良川陸上競技場
FC岐阜 0?1 愛媛FC
FC岐阜の得点 

嶋田の復帰は久しぶりすぎて、新加入選手のようだな。
大友と同じく期待が持てる選手。応援しよう。


それにしても、

0?1の試合を、何度見るのだろう。
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。