応援ありがとうございました

TM

20090131123719
北西部グラウンド。初めて来ました。

FC岐阜を見るのも今年初。
若い選手が元気に走り回る姿は、やっぱりいいなあ。

またJのピッチで

北村隆二、松本山雅へ入団。  (松本公式

Jリーグから地域リーグへ。

本人も岐阜サポも、満足できる移籍ではないだろう。

しかし、本人は納得して行っているはず。
J目指す松本山雅なら、2年後には必ずJのピッチへ戻って来れるぞ、と。

正直、地域リーグにはもったいない選手。
それに、地域リーグ、地域決勝大会、JFL、そこを勝ち抜いてきた経験。
さらに、すでに緑色に染まってる血でチームにもフィット。
松本山雅をJへ押し上げる力に、隆二はなれるはず。

必ず2年後には、Jのピッチで隆二を見られると信じてる。

山雅のみなさん。隆二をよろしく。

毎年激戦の、北信越リーグ。山雅が一押しになった。
もちろん、隆二は、これからもずっと応援するよ。
今年は、アルウィンへも行きたいっすね。

藤田、熊本へ

名古屋グランパスエイト所属の藤田俊哉選手が、ロアッソ熊本へ完全移籍  (熊本公式

藤田には、体のある部分で親近感を持ってるわけだがw、って、どうでもいいっすね。

藤田取るお金で、高橋泰残したほうがよかったんでは、って、大きなお世話っすね。

ウチとしては、熊本の高橋には、結局ゴール決められなかったけど、藤田には、去年の横浜FC・山卓のようなゴールを決められそうな気がするなー。

藤田の他に、甲府の宇留野純や京都の石井俊也らも加入してるんだね。

経験豊富なベテラン選手は、やっぱりいたほうがいいんだろうなー。

結局何が言いたいかっつーと、今年、熊本にはそろっそろ負けそうな気もするけど、順位では絶対負けたくない!  ってことです。


というわけで、吟じます!
吟じます!

イベント

24日、「Jリーグ加入記念イベント」が北西部運動公園で開かれた。(G新聞

僕は仕事だったので行けなかったけど、寒い中、400人くらいのファンが集まったようだね。

岐阜市に「FC岐阜」Jリーグ加入記念事業実行委員会というのがあるが、Jリーグへ加入してから1年後に「Jリーグ加入記念イベント」をやるっていうのはお役所っぽいといえばお役所っぽい、Jへ加入した喜びが1年たって薄らいでるかもしれないファンに、今一度その喜びを思い起こしてもらおうという作戦に違いあるまいて。

それにしても、選手とファンが触れ合う機会を作ってもらい、ありがたいことです。今後ともよろしくお願いします。



ところで高山では、「二十四日市」が開かれたが、G新聞の写真にFC岐阜マフラーをしてるお客さんが写ってるね。
高山ではそういう人を見かけることがないので、ちょっとうれしかったすよ。高山の人かどうかはわかりませんけどね。

またいつか岐阜へ!

梅田高志選手 大分トリニータ復帰のお知らせ  (大分公式

梅田の「レンタル移籍のお知らせ」は、去年の岐阜の新加入選手発表の中で、一番興奮したのを覚えてる。
岐阜へ来るとしても、戦力外になってからだろうと思ってた。
J1チームを戦力外になってない、しかも岐阜出身の梅田が来るなんて、まさしく、
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!  って感じだったな。

とはいえ、実際、それまで梅田のプレーはほとんど見たこと無かったっす

で、FC岐阜のユニを着てプレーする梅田を見た。さすがだったね。
強い、上手い、ボールは取られない。
まさに、J2の選手の中に、J1の選手がいる。そう思った。

岐阜出身のJリーガーといえば、ゴリ様、元ガンバ・松波正信、片桐。あるいは、元ジェフ・下川健一、甲府・荻晃太というように、ほとんどFWかGK。(最近は、中村豪、加藤韻、益山司などMFも出てきたね)

そんな、スペシャリストが多い中で、屈強な身体を持ち、過去にはFWもSBもやったことがあり、中盤ならどこでもこなす万能型のMF・梅田。
その存在は(岐阜出身にもこういう選手がいるんだと)うれしかったし、ものすごくカッコよく見えた。
もちろん、スペシャリストもカッコいいけどね。

それに、梅田が来てくれたおかげで、岐阜を応援してくれる人も増えたし。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

ところで、去年の梅田は、39試合出場で5得点
これは、キャリアの中でどちらも最高の数字だったんだね。

「岐阜への移籍で感じた、自分を表現できる場所がある幸せ」語っているように、岐阜での一年は充実してたと思う。

あのまま大分にいても、選手生活も先細って行って終わってたかもしれない。
岐阜で一年プレーして、その力を再び示すことができたし、請われてJ1へ復帰することができたのだと。

「FC岐阜で一年プレーしてよかった」と、梅田は思ってることを信じてる。

J1・大分で、今年も活躍することを願ってます。応援しますよ。


あ??しかしな??、梅田が故郷へ帰ってきた、家族も呼び寄せたって時には、絶対そのまま岐阜で引退するまでプレーして、岐阜で指導者になると信じて疑わなかったんだけどなー。
今年も岐阜にいて欲しかったなー。  貧乏はつらいよなー


FC岐阜のJリーグ一年目に、中心選手として大活躍して、すばらしいプレーをいっぱい見せてくれた、

梅田高志!

ありがとう!

またいつか、岐阜へ帰って来てくれよ?。


2009背番号

22日のゴール!FC岐阜で、新加入の選手がコメントしてる映像を、全員の分、流してくれたから、これを何度も見て、顔と名前を一致させようと考えとります。
背番号も覚えないとね。

新加入じゃない選手で背番号が変わったのは、菅(27→7)、パッション(31→21)、竜真(32→25)の3人。

菅はブログで、7番の前任者・リュージに対して敬意を表してるね。さすが、キャプテン
しかし、もう岐阜の7番は菅和範。
全ての面でリュージを上回る選手になってくれよ。応援するよ。


1  野田 恭平 GK☆
2  野本 泰崇 DF☆
3  菊池 完   DF
4  田中 秀人 DF☆
5  川島 眞也 DF
6  秋田 英義 DF☆
7  菅 和範   MF
8  徐 冠秀   MF☆
9  朴 俊慶   FW☆
10 片桐 淳至 FW
11 高木 和正 MF
13 大友 慧   FW
14 嶋田 正吾 MF
15 永芳 卓磨 MF☆
16 西川 優大 FW☆
17 野垣内 俊 DF☆
18 佐藤 洸一 FW☆
19 冨成 慎司 DF☆
20 染矢 一樹 MF☆
21 水谷 允俊 GK
22 重成 俊弥 GK☆
23 橋本 卓   MF☆
24 片山 真人 FW
25 橋内 竜真 DF
26 車 東訓   FW☆


吉田康弘&森洋介は?
このまま、なんの発表もなかったら悲しいぞ、おい。

Challenge to . . . !

2009年新体制・新加入選手記者発表レポートが、ようやく公式にupされましたね。

FC岐阜に対して、「勢いがある」という印象を持ってる新加入選手が多い。
僕なんかは、Jに上がって勢いも減退落ち着いてきてる印象なんで、若い君たちの「勢い」で、クラブを押し上げていって欲しいぞ

「一緒に成長できるチーム」(by 野本泰崇)
そう、「共に育つ」(CLUB POLICY)だね!

「このままJ1へ行ける」(by 佐藤洸一)
なんだかこのままイケそうな気がする???

さあ、応援していこう!


さて、ウチのブログ名も、

In The Green . . . !

に変えよっかなー

若手が刈谷へ

小島弘已、川崎陽介、姜曉一の若手3人が、FC刈谷へ期限付きで移籍。

川崎陽介は、先輩のブログの中で大活躍w、小島弘已と姜曉一はJ2のピッチでプレーを見たし、3人とも2年目の飛躍を楽しみにしてたが、今年はJFLの実戦で鍛えることになったね。

もちろん、下部リーグへレンタルで行くといっても、ポジションが与えられてるわけではないだろう。
しっかりポジションを掴んで、活躍して、大きくなってFC岐阜へ戻ってきて欲しいね。
そうなるよう、応援してるよ。

機会があれば、刈谷の試合も見てみたいなぁ。

大安吉日

19日、2009年のFC岐阜が始動。

僕の予想通り、菅和範新キャプテンだね。
苦手の片桐先輩をどう締める!?

心配事は多いけど、ピッチの上の若い新チームに期待して、応援していこう。

ベテラン新加入

秋田英義選手、橋本卓選手、新加入内定のお知らせ  (FC岐阜公式


秋田はもちろん橋本も、Jリーグに挑みかかるには、決して若くはない。

だからこそ、強い気持ちを持っているに違いない。



岐阜のユニホームを着ることを望んだ選手は、大歓迎。 期待して応援する。

それだけっす。



スケジュール

公式のスケジュールが、19日の新体制発表以降、いまだに真っ白。

J’s GOALのほうでは、とっくに出てるんだが。

大リストラを敢行して、今年は変わるんだろうなと思ってたが、変わってねぇな。

果たして、有料入場者数を1試合300人増やす気は、ほんとにあるんだろうかなー


さて、去年、僕の初FC岐阜見は、1月下旬の杭瀬川のTMだった。
今年も、31日のTM行ければいいな。

PSM

2/22(日)名古屋グランパスvsFC岐阜プレシーズンマッチ開催!  (FC岐阜公式) 


岐阜が勝ったら、一宮市は貰うぜ

そして、メドウのように住宅街になく、7000人以上収容でき、岐阜駅からのアクセスも、多治見や中津川はもちろん、浅中よりもいい、光明寺公園球技場を、来年長良川が使えないFC岐阜の本拠地として使うんだ。

岐阜県の金で、照明塔建てたりゴール裏に仮設スタンド作ったりして貰えば、完璧さ。

ウフフフ、ワクワクしてきたなー。

えー、ちなみに、名古屋が勝った場合、J1チームが勝つのは当たり前なので、特に何も無いじゃないかな。



ところでこのPSMって、これからも、毎年持ち回りで開催するっていう事なのかな?
岐阜としては、ホームでやった場合、公式戦より人が入るのでorz、赤字を出すことなく開催できるだろうから、ありがいたい話だ。

日野優、徳島へ

日野優選手、徳島ヴォルティスへ完全移籍のお知らせ  (FC岐阜公式)(徳島公式

日野といえば、試合後に憚らず悔し泣きをしてたりとか、とにかく熱い男だった。

すぐキレる怒りの沸点が低かった。
顔も怖くて、近寄りがたいイメージも強かった。

しかし、最終戦後のセレモニーの時は、ものすごく柔和な笑顔をしてた。
初めて見る表情だった。
挨拶で、「面白いことはしゃべれません」と言おうとして噛んでしまい、結果的に一番ウケてたな。

あの時の顔を見て、日野が岐阜を去ることを残念に思う気持ちが、なんだかさらに大きくなった。

今年は、敵として見なければいけないが、FC岐阜のゴールマウスの前に立ちはだかった姿、DFラインの裏に出てきたボールを鋭い飛び出しでクリアしてた姿は、忘れない。

ありがとう。日野優!

日野自身も、岐阜をJFLへ、さらにJ2へ昇格させた達成感はあると思うし、レギュラーとして試合に出続け、自分の成長も実感してるはず。
最後はあんな形の退団だったけど、岐阜のユニホームを着てよかったと、そう思ってることを願うよ。

徳島でもレギュラーで、長良川へやって来て欲しいぞ。

田村レンタル延長

田村祐基の、ガイナーレ鳥取への期限付き移籍期間が延長された。

去年の田村の、ガイナーレでの活躍はどんなもんだったのかははっきり知らないけど、レンタル延長ということは期待されてることには間違いないね。

僕が、田村のプレーをじっくり見たのは、古川でのTMだけだった。
少し空回りしてるようにも見えたけど、一生懸命ボールを追っかけて走り回ってたなぁ。

走って走って、ボールを追っかけてれば、必ずビッグチャンスはやってくるじゃないかな。
その時、思い切り狙って、決めて欲しいね。

今年はゴールを量産して、来年、どこのチームに所属するか悩むぐらいになるといいね

応援しよう。


この悔しさは岐阜で

全日本大学サッカー選手権大会・決勝で敗れ、筑波大学は惜しくも準優勝。

FC岐阜に内定している4人は、悔しいだろうけど顔を上げて、今度はプロの世界で活躍して欲しいね。

応援するよ!

Get Sportsという番組で、試合のダイジェストを流してくれたのを見たが、FC岐阜という言葉が何回か聞かれてうれしかったね。
田中君

ファン交流会

「2009 FC岐阜ファン交流会」開催のお知らせ  (FC岐阜公式

若い選手の顔を早く覚えたいし、参加したいっすね。

オサーンなんで、大運動会に申し込むのはやめとこー

梅田大分復帰濃厚

大分MF梅田がJ2岐阜から復帰へ  (ニッカソ

なんとなく、今年も長良川で梅田が見られると思ってたんだが、やっぱりJ1の選手だもんね。
去年、梅田いなくても大躍進した大分だけど、復帰要請されて戻るみたいだから、出番はあるじゃないかな。
J1でも、その存在感を見せて欲しいね。

どこへ行っても、応援するよ。

正式に発表あったら、またちょっと書こうかな。

明日はインカレ決勝

第57回全日本大学サッカー選手権大会・決勝【筑波大学vs中央大学】が、11日、国立競技場で行われる。

今年度の筑波大学といえば、風間八宏監督が推し進める超攻撃的サッカーで、一部では大人気。 しかし、「守備・戦術練習は全くやってない」ってww

関東大学サッカーリーグ1部では3位だったが、優勝した流通経済大学と並ぶ51得点。
同リーグ得点ランクの1位、2位は筑波大学の選手がぶっちぎり。
筑波大学vs流通経済大学は、同リーグで6?4、4?4、インカレ準決勝では3?3と、壮絶にボコり合った。(PK戦に勝った筑波が決勝進出)

そんな、守備無視の常にゴールを狙っていく、筑波大学サッカー部が戦うインカレ決勝戦、要注目だ。
近くの人は見に行くべし!



さてさて、

その筑波大学から、関東大学サッカーリーグ1部・得点ランク2位の西川優大を始め、キャプテンの野本泰崇に、田中秀人永芳卓磨と、同時に4人もの選手が入団する、

今年のJ2・FC岐阜には、大注目だよ! そこの君!

GK移籍加入

野田恭平選手、完全移籍加入のお知らせ  (FC岐阜公式

これでGKは3人に。
これ以上取らないのならば、パッション水谷と正GKを争うことになるのだろう。

岐阜のユニを着てくれる選手。歓迎します。
応援していこう。

救世主引退

相川進也選手 現役引退のお知らせ  (札幌公式

FC岐阜がJFLを戦ってた時、J2参入ラインの4位以内(3位)に滑り込めたのは、相川進也が救世主として岐阜に舞い降りてくれたことが、ものすごく大きな力になった。

当時、札幌で出番がなく、ゴール前で足を振るために岐阜へやってきた。
今後、どこのチームでも足を振ることは無いのか。

選手として最後のチームが、FC岐阜であったことを後悔してないのを願ってます。

岐阜サポは、活躍と笑顔を忘れることはありません。
本当にありがとう。

相川進也!



最後に、高山までイベントに来てくれてありがとう。

お節もいいけど

20090104192624
ラーメンもね♪

高山・しなとら。

まあ、すでに2日には、CoCo壱様でカレーは食べてますが(^^ゞ

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。
お正月
FC岐阜も、試練のJ2・2年目を迎えます。
もう僕ら、でっきるかぎりサポートしてくしかないっすよね
世の中、厳しい状況ですが、今年も思いっきり応援しましょう
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索