応援ありがとうございました

飛騨古川キャンプ

FC岐阜飛騨古川キャンプが7月3日から8日まで行われます。

同じ場所で、名古屋グランパスもキャンプをするのだけど、期間が重なるので、メインのピッチの隣で練習するのかな?
たぶん、3年前、まだガチャがいた松本山雅とFC岐阜B(当時)中心のチームがTMをした、少し下のほうに離れたところのピッチでやるんじゃないかな。どうでしょう。

近くの宿泊施設、ホテル季古里にまさか同宿??
収容人員が60名だから、両チームとも選手スタッフ全員で30名超えると思うし、まあ、違うでしょう。

岐阜だけテント張って、本当の意味でのキャンプだったり
近くの公民館や、古民家を借り切って自炊とか

で、キャンプ中の7月4日に、アルビレックス新潟とTMが組まれてる模様です。
場所が、新潟県十日町のベルナティオ。
ルート検索してみたら、古川から244kmもあるですよ。
キャンプ中に、バス遠征のトレーニングも行うんですね

カターレ富山や山雅が古川まで来て、TMやってくれたらよかったなあ。
まだわかりませんけどね。

せっかくだから、名古屋ともやって欲しいっす。

1回や2回は、見学に行きたいですね。
平日、サボろっかなー

2chもたまに(^^;)

全員は、新潟遠征しないのかな??

代表、予選突破!!

「勇敢な者には、幸運が訪れる」 (by オシム)

大会前は、死んだふりしてたに違いない。

再開後のJリーグも、盛り上がって行けたらいいね!

FC岐阜も、勇敢に戦って行こう!

中断前10敗(うち9試合ノーゴール)もしたのは、やはり死んだふりだったに違いあるまい(^O^)

Secondのメンバー

ここ2年ほどは、TOPチームの応援で目いっぱいで、なかなかFC岐阜Secondの試合まで足を延ばせなかったのですが、20日に久しぶりに見てきました。たまにはいいですね。
今年のTOPチームの攻撃がアレなんで、攻めまくるSecondの試合は面白く感じますよ。

知らない選手や、2年ぶりくらいにプレーを見る選手もいました。


   松江 遠藤

    パウロ

14番       松井
  
     片山

角  横山 3番  金
 
    今津

交代

松井→酒井 パウロ→23番 遠藤→小島宏美

得点

中川パウロ 松江克樹


3番 14番 松江 ヒーローミー

3番の選手は、「まさや」と呼ばれてましたが、どうもこの選手っぽい。ここにも。
森洋介が地元へ帰ってしまいましたが、タッパのあるCBが入ってくれました。

14番の選手は、伊藤監督のブログに名前が出てくる、瀬古選手でしょうか。
ここに、カターレ富山で活躍中の舩津徹也といっしょに写ってる瀬古朋広選手がそうでしょう。
この選手は、スピードもテクニックもあって、左サイドから何度もチャンスを作ってましたね。
1点目の時、左サイド深い位置でボールを持つと、相手選手をかわして中に切れ込み、ファーサイドにいた中川パウロの頭にドンピシャのクロスを上げました。
監督ブログによると、2点目にも絡んだようです。僕は見損ねましたがOrz

松江がキャプテンやってましたね。
もう岐阜へ来て5年目ですか。

さて、ピグリ様の小島宏美執行役員が、去年、ダイエットのためにSecondの練習に参加してたのは知ってましたが、今年?は選手登録してるなんてことは知らなかったので、交代で出場してきた時はビックリしました。
存在感はもちろん、体もお顔も、周りの選手より大きかったですね。
相手選手にぶつかられても、ビクともしません。
動かざること山の如し、ですよ。
そんなわけで僕には、小島宏美執行役員がヤマリンに見えました。 いやほんと、いい意味で(^^)



今年は、主力が大分抜けましたが、ぜひ今年も、国体に出場して活躍して欲しいです。


ブグル全国ネットに登場!!




フラッグとユニホームで、しっかりFC岐阜もアピールしてますね?(^^)v

ギャグがないのは、残念^ロ^;

Second


FC岐阜Second 2ー0 KMEW伊賀FC 各務原勤労青少年運動場

雨が結構降って、人工芝でよかった。

惜しいシュートは、たくさんあったんだけど。

しかし、小島宏美さんが出て来たときは、驚きましたよ(*^□^*)

岡山戦(今っっっ頃)

J2第16節 2010.06.12 長良川球技メドウ
FC岐阜 1?0 ファジアーノ岡山
FC岐阜の得点 野垣内俊 

去年のチームは、ひたむきに走ることが特徴でした。
勝っても負けても、次もまた応援したいと、強く思えましたね。

しかし今年は、自慢の走力もひたむきさも、あまり見られない試合が多かったです。


ところで、今西社長のお話を聞く機会があったんですが、社長は、だいたいこんな内容のことを話されました。

「去年の新人は、他のJクラブからオファーは全く無かった。
唯一、岐阜から誘いがあった。
彼らは、チャンスを掴もうと、認めてもらおうと必死にプレーした。
しかし今年はどうか・・・・・・

日本代表の試合(W杯前の)を見ていると、FC岐阜の試合に似てませんか?
この間の試合(日韓戦?)も、戦ってたのは〇〇と〇〇だけ。

(岐阜の)〇〇なんかは、去年は、倒されてもすぐ起き上がって、ボールを追っかけてた。
しかし今年はどうだ。
自分のファールで倒れたのに、両手を広げて審判に文句を言ってる。

去年のひたむきさを、思い出さないといけない」

あー、そうゆうのってあるだろうなーと、ある意味、目からウロコでした。

去年、Jリーグで充分できることを見せられたし、A契約になって給料も上がった。
複数年契約をした選手もいるでしょう。

そんな2年目は、1年目の必死さやひたむきさを忘れても、仕方が無いかもしれません。


で、なぜ目からウロコかというと、あさはかな一ファンとして、ずっと違うことを考えてましたから。

去年、みんなで、前から激しい守備でボールを奪い、素早く攻撃してたのが、今年は、ブロックを作って待ち構え、味方との距離や自分の持ち場を気にしてか、ボールを持った相手選手に激しく向かって行かない。あるいは、行っていいのか戸惑っているようにも見える。
だから、走ってるように見えない。
さらに、サイド攻撃も少ないので(そもそも2列目ワイドの位置にサイドアタッカーを置いていない)、やはり走ってるように見えない。
そう見えるので、ひたむきさも感じにくい。

なので、去年カバーできていたはずの、ミスや、技術が高くないところが、今年はやたら目についている。

はたして、今年の選手のポジションは適材適所なのか。
今年の戦術が、走力という岐阜の選手の最大の武器を消して、逆に短所を目立たせてしまっているのではないか。

そんなふうに見てましたよ。


しかし実際は、それ以前の事だったんだなぁと。

どんな戦術だろうと、ポジションだろうと、技術が有ろうと無かろうと、まずは、ひたむきに走ることが前提になければ、話にならない。ということでしょう。

よく「去年は走るだけだった」とか「ひたむきさだけでは勝てない」などと、そのことをバカにしたような言い方をする人がありますが、「ひたむきに走ること」は、一番大切な事。
何より、そのことは確実に観客に伝わります。

今西社長は「去年4月の鳥栖戦、大雨の中をドリブルしていっても進むわけがない。何もできないで負けた。しかし、同じ雨のセレッソ戦、今度は長いパスを使って、セレッソに勝てた」というような事も話されてました。
つまり、練習や経験でチームは成長するのだと。
日々ひたむきに走ることを続けていれば、戦術や試合の流れを読む目などは、後からしっかり身についてくるんじゃないかと、思います。



今西社長は、岡山戦後、「去年のようにひたむきにプレーしてくれた」と仰った。
監督は、「これからだ としか言えないし、そしてこの試合がその最初のゲームになった」とコメントしました。

去年に近い形(西川FW、2列目にサイドアタッカー、橋本真ん中、秋田左SB、シュートCB)でスタートし、いい攻撃の形を作り、10人になってからも、これまで去年と違うポジションを経験したことによって、臨機応変に対応できることもわかりました。

そして、選手がひたむきさを思い出しました。


飛騨古川キャンプなどを経て、やってくる中断後のリーグ戦。

ものすごく楽しみではありませんか!!

代表!

1勝

す、すみませんでしたーーm(_ _)m


シュート少ない
前半はよかった
終盤、押されっぱなし

まるで、どこかのチームが勝つときのパターンのよう

さあ、

予選突破して
サッカー人気上昇
JリーグもFC岐阜も盛り上がる方向へ
ぜひ

長い長い88分+4分




形はなんでもいい。

ゴールを決めて勝つという、ホームチームの義務を「去年のようにひたむきに」(by 今西社長)プレーして達成してくれた選手たちを見て、ほんとに嬉しかった。


野垣内、プロ初ゴールオメ!

インタビューも受けたのに、エイデン賞が恭平に決まった時の冷やかされっぷりは、楽しかったね(^O^)

メドウで初のナイトゲーム

今日は長良川球技メドウで、ファジアーノ岡山戦。

ホームです。
いろんな意味で負けられない試合。

そして中断前の最終戦で負けると、他チームより一週長い期間、悶々とした日々を過ごさないといけない。

勝利あるのみ!

メドウへ行って、応援しよう!

週末が過ぎたらマスコットは?

覚えてますか?あのゆるキャラ (MY TOWN 岐阜)   ←もう記事は消えてますので

?関、岐阜両市で開かれる「全国豊かな海づくり大会」のイメージキャラクター「ヤマリン」は、大会の6月が正念場だ。県の担当者は「大会後のことは未定」としつつ?


「大会後のことは未定」

「大会後のことは未定」

「大会後のことは未定」


(*´д`*)ハァハァ



ようやくレンゲをつけました

ビアホール

G紙JR岐阜駅のアクティブG内に、6月4日(金)から8月10日(火)まで、アクティブGとFC岐阜がタイアップしてたビアホールがオープンしてます。

一回行ってみたいなぁ、と思いますが、日曜のG新聞にオープン初日の記事が出てました。
運営している飲食店経営会社の社長さんは、「サッカー人気を上昇させて、FC岐阜も盛り上げいきたい」と話してくれてます。

代表人気は、Jリーグ人気に繋がるはずですから、W杯で日本代表に活躍してもらって、日本中が盛り上がるといいなあ。

ガンバレ! ニッポン!

代表も応援しましょう。


監督でかすぎ

横浜戦

J2第15節 2010.06.05 ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC 2?0 FC岐阜

前半は、今年何度も見た試合展開

しかし後半は、激しい守備からボールをよく奪ってたね。
迷いも無かったように見えた。
この後半のような戦いを、続けていこう。

キャプテンは「後半のようなサッカーができることがわかっただけでも、この試合は収穫だった」とコメント。

僕的には「倉田サッカーにも、サイドアタッカーという概念がある」ということがわかったのが、収穫だったかな


それにしても、柳沢将之のいるチーム(08セレッソ、09鳥栖、そしてこの横浜FC)に、これで1分6敗。

「だめだ、どこへ行っても、岐阜に勝ってしまう by 柳沢将之 (想像)

しかも、この試合も2アシストとか、いつも活躍してるイメージ。

次の対戦はホームだから、勝ちたいぞ! ちきしょー!

徳島の島田の時も、同じこと書いたなー

明日アウェー横浜戦

明日はニッパツ三ツ沢球技場で、横浜FC戦。

中断期間前の最後の試合、ホーム・メドウでの岡山戦は何が何でも勝たなければいけない。

そのホーム戦に繋がるように、守備も攻撃も自信がつくような試合をして、チームを前進させて欲しいですね。

無事帰って来てくれることを願って、明日は色んなところから、応援しよう!

ジャイキリ不破監督

不破ジャイアントキリングを、最初単行本で読んだとき、名古屋グランパレスの不破監督は、その風貌、キャラクターからして、もしアニメになったら、塩沢兼人さんが声をあててくれたらピッタリだろうなぁと、思った。
(実際アニメでは、普通のじいさんのような声だった)

塩沢さんは、クールな敵役(少し変態も入ってるような)をやらせたら最高だったね。 

ガンダムのマ・クベ役が有名だけど、不破監督が時間を守らないブラジルトリオにイライラするところなんかは、マ・クベが「無駄な時間を潰しておる」ガイア、オルテガにイライラするところにダブって見えてしまったなぁ。

まくべーあと、南斗水鳥拳のレイやぶりぶりざえもんwの声も塩沢さんだったかな。

最近のアニメって、昔からの声優さんはあんまり使われてないんですよね?
まあいずれにしても、、10年前に若くして亡くなられているので・・・・・・

そんなわけで、僕が単行本を読む時は、不破監督のセリフは塩沢さんの声になってます(^^)


新加入

池上礼一選手、新加入のお知らせ (FC岐阜公式

ググってみますと、

・端正な顔立ちで女性ファンの間でも人気赤丸急上昇
・左右両足を操りGK以外のどのポジションをもこなす「ユーティリティー」プレイヤー


らしいです。

秋田や橋本、野田のように、色んな経験を生かして、活躍して欲しいですね。

体が硬くて怪我が多かった選手のようですが、闘志旺盛ならば、充分力を発揮してくれるはず。

期待して応援していきましょう。


栃木戦

J2第15節 2010.05.30 栃木グリーンスタジアム
栃木SC 2?0 FC岐阜

ホームなら勝てる! はず

いや、勝とうぜ!


次の対戦相手、横浜FCが今節引き分けたため、J2で引き分けが無いのは岐阜だけになった。

ん??、潔し!

プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索