応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低限


J2第37節 2011.11.27 長良川競技場
FC岐阜 1ー1 カターレ富山
FC岐阜の得点 西川優大

守備が粘ってただけに、もう一点決めて欲しかったなー。

来年は、長良川を今年の分も沸かせよう

スポンサーサイト

明日ホーム最終戦

明日はホーム・長良川競技場で、カターレ富山戦。

去年まで、Jの開幕戦で負けたことが無い、徳島にホームで負けたことが無い、岡山、鳥取に負けたことが無いなどの、岐阜サポの心のよりどころがことごとく消え去ってしまうほど、今年は弱かった。

だから、まだ残っている「ホーム最終戦に負けが無いこと」を継続するため、JFL時代から去年まで対戦成績が5分の富山勢に勝ち越されないためにも、明日は勝ちたい。

今年最後の観戦になる人も多いと思うので、せめて一回でもゴールネットを揺らしてくれ。

これが実力

J2第36節 2011.11.20 大分銀行ドーム
大分トリニータ 2ー1 FC岐阜
FC岐阜の得点 地主園秀美

今季のJ2・最下位が確定しました。
目標は、確か6位でしたね。 恥ずかしいですOrz

この順位が、まぎれもなく今年のFC岐阜というクラブ、チームの実力。
何かの間違いではない。

この試合も、前節・草津戦も、順位通りの力の差が出た内容と結果。
川島が入ってDFが安定したのと、相手に明確な目標が無かったことで、今年何度も見てきた酷い試合にはならず、まともな内容に見えただけでしょう。


それにしても、

ま   た      西      か    (×_×;)  




さて、そんな中でも、地主園秀美の初ゴールはよかったね。おめでとう。 
できればホームで見たかったけど
ヌシの目標
目標が達成できて、よかったね。
今年あと2試合と、来年も頼むよ!

明日アウェー大分戦

明日は大分銀行ドームで、大分トリニータ戦。

このチームでやれるのも、あと3試合。
相手には、永芳もいる。
選手それぞれ、試合に対する思いは色々あるだろう。
悔いなく、戦ってほしい。

ひとつでもゴール、勝ちがみられるよう応援しよう。
田中秀人がイエロー貰わないことを祈って

ホームでノーゴール負けっ!!



J2第35節 2011.11.13  長良川競技場
FC岐阜 0ー1 ザスパ草津

センターバック川島の先発って、30試合遅いよ

と思ったが、守備の選手を二人も途中交代させないといけないようでは、厳しいね。

それにしても、押谷佑樹。
前節、アウェーでスーパーなゴールを2発も決め、さらに、

「やっぱりホームで勝つことが大事」 (マッチデイプログラム) と言いながら、そのホームで、アレとかアレを枠にすら飛ばせないようでは、来年もJ2下位チームで修行決定だな


明日ホームで草津戦

明日は長良川競技場で、三名泉ダービー・ザスパ草津戦。

ホームゲームも、あと2試合。

ゴールと勝利を!!

地主園新加入

地主園秀美選手(東海学園大学)、来季新加入のお知らせ (FC岐阜公式)

ほぼ毎試合後、スタンドのファンから浴びせられる、辛らつな野次、罵声。
劣悪な練習環境。
同郷であり、アミーゴス鹿児島U-18、東海学園大学の先輩であり、同じ特別強化指定選手だった山内智裕のわずか1年と少しでの戦力外。
プレースタイルの良く似た、ライバルの多さ。
これらの他に、他チームから岐阜より良い条件でのオファーがあるのでは、という不安から、ひょっとして、岐阜に入ってくれないのじゃないかと、少し考えてました。

しかし、卒業後もFC岐阜のユニホームを着ることを選んでくれた、地主園秀美選手に感謝。
もしかして、レギュラー選手がひとり帰っ

すでに今季も12試合、主力クラスで活躍してるジヌッシ。
まだまだ、球際の弱さが見られるので、来年から心技体ともにプロ選手として、もっと活躍してくれることを願って、応援していきましょう。

逆転勝ち

J2第34節 2011.11.06 kankoスタジアム
ファジアーノ岡山 1ー2 FC岐阜
FC岐阜の得点 押谷祐樹×2

ホームで負けて、アウェーで勝つ。
対栃木SCでもそうだったけど、お互い勝つ場所が逆だ。
同じ1勝1敗なら、の話だけどね

長良川の岡山戦は、台風で天候が悪い中(僕はビビって行かなかったが)、応援に行った岐阜サポは悔しかったし、岡山の6000超のお客さんも、最下位・岐阜相手に勝ちを期待して来てるのに、気の毒だったな。


さて、ようやく本領を発揮してきた押谷のスーパーゴール二つで、J2チーム総得点ランクが14位タイに。
そして本領発揮といえば、GK川浪吾朗も1対1で強さを見せてくれるようになったね。

あと4試合。
これまで、たくさん味わった悔しい思いをぶつけて、どれだけでもゴールと勝ちを!

明日アウェー岡山戦

明日はkankoスタジアムで、ファジアーノ岡山戦。

岐阜新聞によりますと、

「セットプレーにおける攻守両面での確認をしたほか、バイタルエリア付近からのワンツーなど主に攻撃面での連係を確認」

いまさら、守備をどうにかしようという気は無いようですが・・・


それで良し 


打ち合って、ホームの借りを返そうぜ

道の駅 ひだ朝日村

よもぎうどん
今日も仕事なんですが、昼休みが長~くなったので、子供を連れて昼御飯

蓬庵の煮込みよもぎうどんのセット

鳥栖から4点!

J2第33節 2011.10.30  長良川競技場
FC岐阜 4ー4 サガン鳥栖
FC岐阜の得点 嶋田正吾(PK) 西川優大×2 押谷祐樹

FC東京、ジェフ千葉を、連続で完封している鳥栖から怒涛の4ゴール!
これで、総得点ランクが愛媛FCと並んで15位タイに!

まさか昇格争いをしている鳥栖が、あんなゲームの入り方をするとは。
疲れがあったのか、取りこぼしは出来ないと慎重になりすぎたのか、ナメてたのか。

去年、終盤で対戦したアビスパ福岡が、一縷の隙も無かったのと比べると、びっくりするくらいユルかった。
まさに鳥栖にとって、「負けておかしくないことをやってしまった。引き分けてラッキーだった」(by 鳥栖・藤田直之)試合。

完全な負け試合を引き分けに持ち込んだのは、今年昇格する実力を完璧に備えたチームの、当然の底力なのか。
それとも、相手が岐阜だったからか(orz)。
今季、終了したときにわかるね。

しかし豊田陽平。

「とにかく勝てる試合だった。悪いところはあるけど、今日は自分たち以外のところでゲームのリズムが崩れた」

誰が見ても、藤田のコメントが真実なのに、試合の流れを読めないにもほどがある。
しかも、何のことを言ってるのか不明だが、リズムが崩れたのを「自分たち以外のところ」のせいにしているとは。

3年前、モンテディオ山形にいたころと全く変わってないね。
J2では規格外の身体能力と、得点力を備えているのに、これでは、J1で通用しないはずだ。
実は、名古屋時代から、J1でエースストライカーになって欲しいなと思ってた選手なので、とても残念だ。

続きを読む
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。