応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和正、栃木へ

高木和正選手、栃木SCへ完全移籍加入のお知らせ (FC岐阜公式

今年の岐阜の攻撃陣。

2桁得点を挙げたツインタワー、ゲームを作った橋本、縦横無尽に駆け回った嶋田、菅。

活躍した選手はたくさんいるけど、片桐が移籍前、スタメンで出なくなってから以降、その攻撃の中心は間違いなく高木和正だったと思う。

コメント通り、「4年間、岐阜の成長とともに自分も成長」してきた和正。

和正は、岐阜が育てた。

和正も、岐阜を育てた。


そういう選手だから、どこでプレーしようと、活躍してもらわなければ困るんです。

これからも、岐阜と対戦するとき以外は、和正を応援するよ。

4年間、本当にありがとう。

あの時のプレー、あの時の笑顔。思い出すなあ。



正直、和正のブログにあるように、「来シーズンが終わった時に岐阜より上の順位で終えれる」のを目標にして移籍するのではなく、J1昇格を目標にするチームへ移籍して欲しかったというのはある。
しかし、必要とされて、来て欲しいと言われて行くわけだし、岐阜で「引き抜かれる」選手が育ったんだと、(和正もサポも納得できない部分はあるのだろうけど)ここは前向きに考えよう。
まあ、納得のいかない移籍や戦力外なんてのは、プロチームを応援してれば必ずあるものだし・・・

毎年低予算で運営しているクラブは、活躍して年俸を上げないといけなくなった選手にも、我慢してもらって据え置いているか、あるいは放出して、年俸総額を増やさないようにしているのだと思う。

岐阜も、ある程度の額までくると、それ以上は上げられないのだろう。
今年の平均年俸315万円と比べれば高いはずの和正の年俸を、活躍に見合っただけアップしてやることはできないのだと思う。

ただ、平均315万円とベースが低いなかで、今年活躍した選手たちの年俸は、ある程度アップしなくても済むのだろうか?
田中秀人のように、契約を2年延長した選手もいるから、全員据え置きということはないと思う。
総アップ額が、今年退団する選手と、新加入選手の年俸の差額で埋められて、年俸総額が増えてなければいいが・・・

今年、Jへ借金を返済しなくても、2?3千万円の赤字だったから、運営費を増やすということになると、今年よりもかなり収入を増やさないといけない。
毎年、収入の見込み違いをしてるクラブなので、心配だな・・・

あああ、なんにしても貧乏はつらいねぇ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。