応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥栖戦

J2第13節 2010.05.15 ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖 3?0 FC岐阜

鳥栖戦の前まで、DFの先発4人は固定されていた。
アンカーも、開幕戦こそ山内だったが、2戦目からずっと田中秀人だった。

ゾーンディフェンスでは、特に連携が大事なので、DFをころころ代えるのは良くないのいだろう。
この5人を中心に堅固な守備を作り上げていこうという信念が感じられた。

しかしこの試合では、秋田を外して田中を1列下げ、アンカーに山内を起用。
初めて、後ろ4枚のところをいじってきた。

ただし、序盤、山内が鳥栖の攻撃の基点として機能してたので(苦笑)、わずか18分で元通りになったんだけど・・・

まあ、田中秀人は1人しかいない、ということか。

で、その他でも、橋本卓を久しぶりに使ったり、高卒新人の阪本一仁をデビューさせたり、変化が見られた。

これは、「J1へ昇格できるチームを作る」という理想から、「このチームで勝つためには」という現実路線へ切り替えたのか、あるいは、柏戦での秋田と永芳の出来が、相当良くなかったと見たからか、コンディションを考慮したためか、よくわからない。

いずれにしても、GWの連戦でさえもスタメンを(押谷⇔嶋田以外)固定していたのを、また試行錯誤を始めた色んな選手にチャンスを与えるようにしたとも思える。

もしかすると、DF以外で、開幕から(FWの佐藤、押谷を除いて)ポジションを固定されているあの選手、そう、西川優大のスタメンFWもあるかもしれない。 って、これは、一回見てみたいという希望で言ってるだけですけどね

とにかく、次はホームなので、最低でもゴールを決めて欲しいね。

勝てなくても、粘り強く応援していこう。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。