応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洸一は戦力外なのか!?

悔しいさ
J2第4節 2011.09.03 長良川競技場
FC岐阜 1ー3 ファジアーノ岡山
FC岐阜の得点 ブルーノ

押谷やブグルが不在で、「こないだの千葉、鳥取の前半のようなリズムがほぼなくて、苦しかった」(by西川)なら、なぜ、洸一のヘディングの強さを生かしたサッカーをしない?
ストヤノフがいるからか?
だったら、洸一をおとりにして、西川を使うとか? 速い選手に裏を狙わせることか?
なんのためのツインタワーなんだ?

なぜ、相手は3バックなのに、サイドを使って中へボールを入れない?
実際、ブルーノのゴールは、サイドを突破した嶋田からのクロスだったし。
相手が引き気味といっても、サイドを使うチャンスや、クロスを送るチャンスは何回もあったぞ?
菅前主将はやろうとしてたけど、精度がちょっと

地主様も、中へ切れ込んでいくプレーが持ち味のようだけど、この試合の場合はサイドを縦に勝負するように指示するべきではなかったか?
真ん中でファールをうけてFKのチャンスがあったけど、サイドでファールをうけてのFKのほうが得点の可能性があるんじゃないか?

だいたいなぜ、洸一はサイドに流れてる?
常に、最前列ど真ん中に張ってるべきではないのか?
流れるなら、去年サイドでもそこそこイケた西川では?
どうしてもパスをつないだサッカーをしたいとしたら、洸一は前線でDFを背負って楔役に徹するのもいいのでは?

FWに当てても、収まらないかもしれないし、押上げが無いからあまり意味が無いかもしれない。
それに、個人で打開できるFWがいないなら、なおさら「決めてくれ!」というラストパスを、送り続けるしかないのではないか。
そしてサイドで誰かがボールを持ったら、2トップは、ゴール前に常に2人、ニアとファーに詰めてるべきじゃないか?

洸一は、前節までのようにスタメン出場ではないときも、いつも、すでに味方の足が止まっていて良いボールが来るわけでもなく、パワープレーをやるわけでもない中での交代出場で、攻撃の切り札にはなりえていない。

得点力の無い岐阜の中で、トップスコアラーであるにもかかわらず、こういう使い方をされ続けて来年も監督が同じならば、移籍したほうが洸一のためではないか。



と、まあサッカー知ってる人からすれば的外れだし、狭い見方のサッカー観を書いてるだけだなんだけど、あまりに洸一が不憫に感じてしまったもので、つい・・・




さて、僕は、台風の心配から家でスカパー観戦でした。
(ちなみに先週は、帰りに、局地的な雨で高山本線が止まってたらしいけど、レッズファンの友人の車に便乗していたので助かりました)
岡山戦も、近ければ、長良川へ行ったと思う。
遠くても、一人者なら行ってたと思う。
岡山から来てる人たちもいるんですが?と言われればアレですが・・・

でも、こんな試合だったので、行かなくて正解だった

とは、全然思わない。
ブルーノのJ初ゴールを、生で見損ねてものすごく残念だった。
西川の悔し涙も、生で見たかったな。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。