応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜にいても成長できない

それが、菅和範が出した答え。
というわけで、今頃、和範の栃木移籍についてだけど・・・

今西社長は、常々、J1在籍で、リーダーシップがあって、審判のその日の基準や、攻めるところ、引くところなど試合の流れが読める経験豊富な選手を獲得したい、というようなことを仰ってた。

しかし和範の移籍で、(J1経験は別として)自分のチームからそんな選手が育つかもしれない最初の機会を失い、将来、名実ともに、初めてMr.FC岐阜と呼べる選手になる可能性のある人材を失った、と思う。

残念・・・だけど、この後、もっといい選手がFC岐阜の中から育つことを願うしかない。


和範は、岐阜に入って2年間、チームの中心選手として、ひたむきにがむしゃらにポジティブにプレーしてた。

しかし3年目、監督が倉田氏に代わり、守備の仕方が変わって、最初、ポジションも本職のボランチではなくサイドハーフで使われたりしているうちに徐々に出番が減り、出場しててもピッチ上に居場所がないようにさえ見える時もあった。

4年目の去年は、キャプテンを外され、インフルエンザで出遅れて集合写真にも写れず、復帰してからも、木村前監督にはセンターバックを練習させられ、途中からはずっと左サイドバックのレギュラーとして出場するも、大量失点チームの一翼を担ってしまう。

ここ2年は、本来の力をなかなか発揮できずにいたので、環境を変えたくなるのも仕方ないかもしれない。

で、僕としては、(去年の戦術は特に無い監督は置いといて)一昨年の倉田元監督の戦術と和範のプレースタイルは合わない、と思ってた。
にもかかわらず、今回、倉田元監督と師弟関係にある松田監督率いる栃木に移籍なので、ビックリした。
それに本人も以前、栃木のサッカーを否定してたこともある。
これで、栃木でレギュラーとして活躍するようなら、よほど倉田元監督に指導力が無かった、ということだろうと思う。


ハードワークできる球際の強い選手として好きだし、将来のMr.FC岐阜、幹部候補生としても期待をこめて応援していた。
しかし西川同様、自分の意思で岐阜を出て行く。
本人も岐阜への想いは断ち切ってるようだし、もう応援はしないよ。
でも、岐阜でプロキャリアをスタートさせた選手として、活躍はして欲しいね。
4年間、楽しませてもらいました。ありがとう。

菅和範取扱説明書

・本製品の最大の特徴は、ハードワークとなっております。
・90分間プレスをかけ続けられるスタミナと強いハート、球際の強さが装備されています。
・豊富な運動量で、攻守両面に絡んでいきます。
・左右両足に、高性能中距離弾が装備されています。(最近2年、ほとんど発射されてませんので、錆び付いている可能性があります)
・夏場や連戦の時も、バッテリーの消耗は最小限に抑えられています。
・その鬼プレスで、相手の攻撃の芽を摘み、ボールを奪い、素早い攻守の切り替えを促します。
・気の利いたパスで、ゲームメイクする機能は備わっておりません。
・バランスをとって、スペースを埋めるのも得意ではありません。
・パスミスが多いのは、仕様です。
・ボランチかトップ下のポジションで、ご使用ください。
・ボランチの相方には、バランサーか中盤の底でゲームメイクのできる選手がいいでしょう。
・サイドバックでも使用可能ですが、能力が30%ダウンします。
・ブロックを作って待ち構え、入ってくる相手選手を捕まえる、という守備を基本とするチームでは機能しません。
・2人、3人で囲んでボールを奪い取る、というボールを中心にした守備で能力が最大限発揮されます。


そんなわけで、まじめでポジティブ思考、TOKIO・長瀬智也似のワイルド系イケメン、キャプテンシーを持った、どんな時もハードワークを続けられる男・菅和範。
子供にも大人にも、女性にも男性にも人気がある選手。栃木の皆さんにも、愛されるといいなー。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。