応援ありがとうございました

アラタソメお疲れ

J2第11節 2013.04.28 長良川競技場
FC岐阜 1-1 モンテディオ山形
FC岐阜の得点 杉本裕之

(NHK生観戦)

やはり、走ることができればなんとかなるね。

この試合から強豪との3連戦で、中1週間で試合ができるのは今日だけ。
ここで連敗止めとかないと、かなりまずいことになる可能性もあったので、怪我人の多い中、得点も勝ち点も取れて、まあよかったかな。


これまで、結果が出てないのに「やりたいことをやろうとしすぎ」(by 愛媛戦の解説者)ていたと思う。
ボールを上手く回すことが目的になってて、果たしてこのチームは、点を取る気があるのか、勝つ気があるのか疑問を感じる試合も多かった。
それ以前に失点がやたら多い、怪我人も多い状況で、いよいよなりふりかまわず、負けないため、勝つためのやり方に変えてきたんだと思う。
3バック(実質5バック)にして、スペースを埋め、ゴール前の人数増やし、攻撃では、小さい選手に裏を狙わせ、大きい選手の頭を狙って蹴る。

まだまだ繋ごうとして、取られてピンチの場面もあったので、少なくとも自陣ではボールを繋がず、セーフティファーストにやるべきでしょう。
3バックを続けるようなので、次のガンバ戦は特に、人数かけて守って繋がないで蹴っていって欲しい。

カテゴリーが下のチームが、天皇杯とかでやるサッカーじゃないかとか、ダサいサッカーだとか言われようが関係ないです。

FC岐阜は、今年一番下から始まってる。
一番ヘタ(by 服部主将)なチーム。

チャレンジャーなんです。

ボールを繋ぐ、ポゼッションを高めるサッカーは、チャレンジャーのサッカーじゃないと思う。できないし。

2009年の、ボールにチャレンジして、みんなで奪って、みんなで素早く攻めるのが理想だけど、今のチーム状況からして、まず、できるサッカーをして欲しい。
上手くやろうとしない、チャレンジャーのサッカーをやって欲しい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索