応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替え戦 第2戦

JFL入れ替え戦 第2戦
2006.12.23 長良川球技メドウ 入場者数3040人

FC岐阜4?1Honda Lock SC

FC岐阜の得点 片桐×2 小島×1 伊藤×1(PK)

12.23先発


1年間、選手、スタッフの皆さんのやってきた事が報われて、晴れてJFL昇格
おめでとう。

FC岐阜に直接的、間接的にかかわった皆さん、ありがとう。
それから、立派な競技場、球技場、お世話になりました。ほんとにすべてに感謝。またよろしく。

12月3日に昇格決定せず、出費がかさんだクラブ、オフが3週間短くなった選手達。大変だったと思う。
しかし、レンタル移籍組など、来年はFC岐阜にいないかもしれない選手らは、3週間余分に皆と一緒に戦えて嬉しかったかもしれない。少なくともファンはそうだった。2試合余分にドドキわくわくさせてもらった。
しかも、地元、満員のメドウで、昇格決定の瞬間を見ることができた。

去年の口論義の最終戦の試合前までは、「また来年も東海2部か?」と思ってた。
そしたら、あの奇跡
ゴリ様はTV等で、「JFLへは2?3年で上がると言ってたら、もっとかかるかもしれないので、1年で昇格目指す」と言ってた。
それでも本当に、一気に選手を入れ替えて1年で昇格目指すとは思わなかった。
寂しさを覚えつつも、新しい選手に色めき立ちもした。

順調に白星を重ねた東海リーグ1部。
久しぶりの高校サッカー部以外の天皇杯県代表。
Jのクラブとの対戦まで見させてもらった。
どんどん強くなっていくのがわかった。
補強してさらに強くなったが、地域決勝大会・決勝ラウンド初戦を落としてしまう。ショックだった。
しかし、その後2連勝で入れ替え戦へまわり、見事に勝利する。

とにかく、FC岐阜を見るようになってから、ドラマチックなことばかり。
とくにこの1ヶ月の濃密度、劇的な展開は、ファン冥利に尽きるものだった。
本当にありがとう。来年からもできる限り応援していきたい。

西濃運輸以来、県勢としては9年ぶりの全国リーグ・JFLだが、西濃運輸がいたのは実質J2である。当時とはクラブ数など状況は違うが、僕的には、J2に昇格して初めて、追いついたと思うことにしよう。

来年以降も戦いは続いて行く。

これからも、FC岐阜劇場を見たい。まだまだ見たい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。