応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山線ダービーはドロー

JFL前期第6節 2007.04.15 富山県総合運動公園陸上競技場
アローズ北陸 0?0 FC岐阜

昇格後初のドローで順位は2位になったが、今はまだ、

順位や得失点差に一喜一憂してる時期じゃないよね?

そういうお楽しみは、もっと終盤戦にとっておきましょう。

さて、試合の方は前半、中盤が潰し合い一進一退の攻防を見せる。
DFラインが低くなく、前節のように中盤を好きなようにされてなかったし、CBも安定してたので点を取られる気はあまりしなかった。後半、ポストに当たったシュートがあったが、それが枠内だったとしても日野の守備範囲だったろう。

しかし、点が入る気配も少なかった。
元岐阜のアローズ・橋元選手が、片桐、和多田相手にどんなプレーをするのか、その成長っぷりを見られるかと思ったが、あれれ?あまり目立ってないではないか。岐阜のCBとはえらい違いだw
ハイボールの対処と、カバーリングを地味にこなしている。
何しろ、岐阜の選手が中盤やサイドでアローズ守備網に引っかかり、橋元と競り合うところまでボールを運ぶ場面が少な過ぎだった。橋元の裏を狙う動きも無かったなあ。

後半、深津が2枚目のイエローで退場になり(和多田→齋藤)、片桐の1トップになると、さすがにもう厳しかった。ジョルジーニョに交代しても同じく。
しかしあきらめず攻めてたし、惜しい場面もあったんだけどね。
これまでは、苦しい試合展開でも底力で点をもぎ取ってきたんだが、さすが全国リーグの強豪、そうはいかなかった。

次節、監督はメンバー交代を示唆しているが、誰が出ても守りの方は大丈夫でしょう。
これから試合を重ねるごとに、チームも出来上がって強くなっていくと思う。去年のように。
切り替えて、粘り強く上位をキープしていって欲しいね。

・「修正点が分からない」(キャプテン隆二)
・監督やコーチ抜きで初めて選手同士のミーティングを開いた
このへんはちょっと不安だな。


大型ビジョン。
ビジョン
リプレーも流してくれる。

競技場内外の芝生がきれいだ。
競技場
公園には家族連れがいっぱいいた。

橋元選手。
橋元


片桐と競り合う。
片桐橋元


退場する深津。
深津退場


片桐→ジョルジーニョ。
片桐ジョルジ
2トップでやれたらなあ。

サポの皆さんに挨拶。
あいさつ


菊池完が今季初出場。
菊池完
試合前の様子。
次節スタメンで出て欲しいが、齋藤かな。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。