応援ありがとうございました

佐川急便SC戦の画像など

JFL後期第16節 2007.11.25 岐阜メモリアルセンター長良川陸上競技場
FC岐阜 1-3 佐川急便SC
FC岐阜の得点 相川

FC岐阜のスタメン
GK 日野
DF 深津 齋藤 菊池
MF 李(60分大友) 吉田 小島(65分ジョルジーニョ) 平岡
   高木(78分和多田) 片桐  
FW 相川

スタメン。
スタメン

円陣。
円陣

相川。先制ゴール後。
相川

競り合う相川。
相川ボール

御給をマークする菊池。
菊池

御給と競り合う深津。
深津

この日、リベロの位置に入った齋藤。
齋藤、菊池

菊池のシュート。
菊池シュート
片桐のCKに、ニアに飛び込んでフリーで頭に合わせたが、キーパー正面に。惜しかった。

スタメンを外れた大友が入る。
大友

和多田イン。
和多田

場内一周する、GM、監督ら。
一周

同じくキャプテン隆二ら。
一周2

おまけ。飛騨牛入り焼きそば。
飛騨牛入り焼きそば


さて、G新聞のS記者の記事。

シーズン序盤は勝ち点で大きく下位を突き放し、上位グループにいたFC岐阜。
最後に待つ結末は、歓喜か後悔か―。


後悔?

何を後悔するんだ!? 

「決定機で決め、守るべきところで守る」ことができなかったからか?

そんなこといちいち後悔してたら、サッカーなぞできないだろう。

前期、佐川印刷戦にターンオーバーを敷いたことか?

そんなこと結果論で愚痴るのか。

監督を交代したことか?

それじゃ全く、某掲示板の住人がスケープゴートを必死に探してるのと、同レベルだろう。


どんな結果が出ようと、今年みんながJ2目指してやってきたことに、後悔することなどひとつも無いんだよ!!



もちろん、どんな結果でも反省は必要だが。

今西GM曰く、

「昇格できなかったとしても今までやってきたことは無駄にならない。どうせ通らなければいけない道」(同新聞)

現場以外の面でも、今年やってきたことは来年以降へ繋がっていく。たとえ、どんな結果になろうとも。

後悔など、誰もする必要は無い。

あと一試合。選手も悔いの残る戦いなどしないはず。 いい結果が出るように願いましょう。応援しましょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索