応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のJFLは!?

サッカー批評37のFC岐阜の記事に、今西GMの、大企業が潤沢な資金で運営するトップのチームには勝てるはずがないから加入条件が4位以内になった、という内容の話が載ってた。

運営資金を鑑みると来年のJFLでは、やはり佐川急便SC、Honda FCは4位以内の2つを占めるだろうと思われる。
カターレ富山も、さすがにアローズやYKK APの単独チームより予算を減らすとは思えないので、ここも4位以内に入ってくるだろう。
栃木SCも現在で3?4億円と、佐川急便並みに予算があるわけだから、4位以内に入る力はあるはず。

しかしながら今年は、FC岐阜が3位に入ったわけだから、チームの強さが運営資金の多さに比例するとはいっても、それがそのまま順位に反映されるわけではないのだが。

上記の4チーム以外にも、一世一代の補強をするというガイナーレ鳥取、やはり運営資金が多いという横河武蔵野FCなども、もちろん上位に入ってくる可能性がある。
そしてFC琉球はトルシェだし。
その他にも不気味なチームはいっぱいあるし。
来年のJFLの4位以内入りをめぐる攻防は、今年以上に激しいかもしれない。

あぁ、今年J2参入できてよかった。本当によかった。

ところでJFLに昇格した準加盟クラブ・ファジアーノ岡山は、1年目となる来年は、現在の状況だとさすがに厳しいかもしれない。
1年でJFLを通過するのは、条件が原則2位以内から4位以内に下がったとはいえ、大変なことだと思う。

FC岐阜はゴリ様の人脈でいい選手や今西GMという切り札を獲得できた。
理解のある首長さんがいた。J2に上げようと一生懸命な人々がたくさんいた。
本当によくやったと思う。
FC岐阜が後に続くチームの希望でいられるためにも、これからどんどんいいクラブに成長して欲しいね。応援しましょう。
コメント
ほんとそうですね!
今年上がっておいてほんとよかった。
チャンスはいつもあるわけじゃないですからね。
でもここからがほんとの勝負だと思います。
急成長したものには、必ず後に歪みが来る。
FC岐阜にもこの歪みがくるでしょう。
そこも乗り越えていかないと。
そうすればおのずと『もっと上』へ行けると思いますね。
2007/12/22(土) 08:12 | URL | BAGGIO10 #-[ 編集]
>BAGGIO10さん
ビッグチャンスは逃がしたらいけませんよね。

はい、これからが大事です。
歪みがなるべく出ないよう、このクラブをこの地域で支えていかないといけませんね。
応援していきましょう。
2007/12/23(日) 01:41 | URL | Obhey #iTYZnAH.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。