応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・全国切符はお預け

FC岐阜Secondは、全国社会人東海地区大会で惜しくも矢崎バレンテに敗れたが、その時の感想などを。

Secondのスタメン。

       9松江克樹  11遠藤雄一

           8櫻田真平

6松井義隆              10中村豪

           12片山朗

5岩田卓也 5横山雅哲 3森洋介 13松井直 

           1曽我部巧

4-4-2の中盤ダイアモンド型。
後半途中、片山の足が攣り、7小林史明が交代で入る。
小林が中盤の右、中村が左、松井義がボランチに。

対する矢崎は、4人のDFの前に守備的MFを3人並べ、2トップとトップ下で、4-3-1-2か。

矢崎バレンテは東海地区1部リーグ(J4)所属で、去年の全国社会人大会で全国2位になっている強豪。さらに去年は、全国地域リーグ決勝大会にも出場している。
経験、実績からして、実力はSecondチームより上で、良くて1?2くらいで負けるのではと思って見に行ったわけだが、蓋を開けたら矢崎は守備的な戦術を取っていた。
引いて守って、中盤省略、ひたすら前線の選手に裏を狙わせる作戦。
これは、暑さや連戦の疲労を考慮しての省エネサッカーか、または現実的に「走れないから、守ってカウンター」戦法を取らざるを得なかったのか、あるいはSecondを自分達より強いと見ての作戦なのかは、よくわからない。

試合を見るとSecondの方が、明らかに、テクニック、運動量、フィジカルの強さ、球際の強さなど、全て上回っていた。
なんと県2部(J7)所属ながら、Secondの実力はすでに、JFLの一歩手前ぐらいあるということか。
※早く東海1部でやらせたい。もったいない。でもどうしようもない。

しかしながらSecondは、より上手く、より強くなるのを目的に、自分らのサッカーをやり切ってきたチーム。公式戦でもTMでもそうだろう。
勝つのを目的としたサッカーならば、やはり百戦錬磨の矢崎の方が上を行くだろうか。
何度かカウンターで危ない場面を作られつつも、ひたすら自分らのサッカーをやり通したSecond。
この日、勝利するために一番確立の高いサッカーを徹底してきた矢崎。
内容ではSecondが圧倒的だったが、勝ったのは矢崎バレンテ。だてに上位カテでもまれていないね。ものすごく悔しかったが、やっぱり勝った方が強い、ということか。
※繰り返し


あと画像など。

浅中公園陸上競技場の芝生は荒れてたね。
浅中


松江。
松江
今年はトップ昇格はあるのか。

櫻田。
櫻田


遠藤。
遠藤


中村豪。
中村 豪
うまさ、強さ、ボール奪取能力など、群を抜いてたね。

片山朗。
片山朗


13番が松井直。右サイドからいい攻めしてたね。
岩田卓也など
5番岩田卓の後ろが、森洋介。

ほんと負けて残念。
残念
悔しそうだったな。

さて、全社は逃がしたが、国体、天皇杯で全国切符を手にするチャンスはある。
全国大会へ行って、もっと強い相手と戦って力を磨き、トップへ昇格する選手が何人も出るといいね。応援しましょう!
コメント
あの日はうだるような暑さの中、Secondの選手は最後まで本当に良く走ったと思います。
でも決めるべき時に決めないと勝てない。
そんなことを痛感させられる試合でしたね。
矢崎の選手の試合終了時あの弾けるような喜びが、まさにあの日の試合の厳しさを物語っていたように感じます。
2008/07/09(水) 23:57 | URL | 岳パパ #NUPN.0j6[ 編集]
あの日はありがとうございました
>岳パパさん
Secondのほうがいいサッカーしてたのに残念でしたね。
>決めるべき時に決めないと勝てない
そこで決めれる選手がトップへ行けるんでしょう。

矢崎も苦しい中、粘り強く戦って結果が出てうれしかったでしょうね。

2008/07/10(木) 01:41 | URL | Obhey #iTYZnAH.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。