応援ありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯2回戦

第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 09.10.11 長良川競技場
FC岐阜 1?0 栃木SC
FC岐阜の得点 佐藤洸一

栃木の監督は、「延長になれば勝ってた」とコメントしてたが、それは違うな。

岐阜は1点取った後、さらに相手が10人になった後、無理にプレスに行かず運動量を落として、若林が入ったというのもあるだろうけど、最終ラインで跳ね返せばいい、というサッカーをしてきた。

つまり、2点目を積極的に取りに行く、あるいは「攻撃は最大の防御なり」という考えを捨てたに違いない。
そして延長を考えた省エネサッカーをして、選手交代もギリギリまで引っ張った。

積極的に行って、同点にされて延長に入るより、省エネで行って、追いつかれて延長に入ったほうが、体力的に相手より勝ると考えたに違いあるまい。
いずれにしても、追いつかれることを覚悟想定しておかないとな。

だから、延長に入っていれば、岐阜はぐっと運動量を増やしたはずだ。
10人になってから、さらに走り回っていた栃木が、延長戦で、一人少ない中、運動量を増やした岐阜に勝つことはできなかっただろう。
ああ、間違いないさ。



さて、3回戦の松本山雅に、もし勝つことができたら、4回戦の相手は、てっきりHonda FCだと思ってた。
大分も千葉も、残留争いのほうが大事だろうから、天皇杯にはあまり力を入れないと思ってたが、ジェフ千葉が意地を見せたね。

で、次の松本だが、浦和に勝ったということは、かなりの難敵なのは疑う余地が無い。

しかし、今年もJ1チームと戦いたいぞ。

目指せ!勝ち取れ!賞金 4回戦切符!!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Obhey

Author:Obhey

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。